Try TT Now

Autospreader JA

ヘッジルール ビルダー ウィンドウ

[ヘッジ ルール ビルダー] (Hedge Rule Builder) ウィンドウにて、ルールの作成と管理を行います。次の解説と表は、[ヘッジ ルール ビルダー] ウィンドウのセクションについて説明しています。

  • 1. 数式の構成要素

[ヘッジ ルール ビルダー] ウィンドウの上部セクションには、ルールの数式を作成するために使用できる構成要素が含まれています。

要素

詳細

式値により、条件的にステートメントを実行します。これを使用して、より複雑なネストされたルールを作成できます。

:IF Time>5000[ms] THEN Payup [Tick 1, Payup 0] ELSE CrossInside

括弧を使って複数の演算子を含むルールを作成します。

:(Ticks Away > 5)

:括弧内のすべての値は最初に評価されます。

これを使用して、条件を満たしていないステートメントを実行します。以下の例では、ステートメントは、売値 (AskPrc) が 5 またはそれ以下の場合に有効です。

:NOT (AskPrc > 5)

これを使用して、2つの式の論理的連結を作成します。

:(Ticks Away > 5) AND (Time>5000[ms])

これを使用して、2つの式の論理的分離を作成します。

:(Ticks Away > 5) OR (Time>5000[ms])

小なり演算子。

:Ticks Away < 5

小なり演算子、または等号演算子。

:Ticks Away <= 5

大なり演算子。

:Ticks Away > 5

大なり演算子、または等号演算子。

:Ticks Away >= 5

等号演算子。

:Ticks Away == 5

不等号演算子。

:Ticks Away <> 5

追加演算子。

:Ticks Away + 2

減算演算子

:Ticks Away - 2

乗算演算子。

:Ticks Away * 2

除算演算子。

:Ticks Away / 2

これを使用して、売りまたは買いのベース ヘッジ注文の加算または減算を区別します。

詳細は、数式の構成要素 を参照してください。

これを使用して、売りまたは買いのベース ヘッジ注文の大なり演算子または小なり演算子を区別します。

詳細は、数式の構成要素 を参照してください。

ヘッジ レッグからのマーケットの値と枚数を含みます。数式ルールに取り込み可能です。

詳細は、ヘッジ レッグ欄 を参照してください。

これを使用して、ミリ秒で時間を入力します。数式ルールに取り込み可能です。

:Time>5000[ms]

これを使用して値を入力します。数式ルールに取り込み可能です。

このボタンを使用して、条件が True の場合に実行する操作を指定します。

詳細は、実行可能な操作 を参照してください。

:[ヘッジ ルール ビルダー] は、複数の操作でルールを評価する際、次の手順を使用します。

  1. 出来高値、括弧、否定演算子 (-)、時間操作
  2. 乗算演算子と除算演算子 (*/)
  3. 加算演算子と減算演算子 (+-+/-)
  4. 論理比較演算子 (<><=>=>/<)
  5. 不等号比較 (==<>)
  • 2. 数式キャンバス

数式キャンバスは、数式の作成エリアを提供しています。キャンバスの異なるエリアに数式要素をドラッグして整理し、数式を適切に作成できます。最初のキャンバスには次のセクションが含まれています。

  • If セクション。ここではルールをトリガーする条件を定義します。
  • Then セクション。ここでは If 条件が TRUE に評価した際に、実行する操作を定義します。
  • Else セクション。ここでは If 条件が FALSE に評価した際に、実行する操作をオプションで定義します。

ヒント:キャンバスにて項目を編集または削除する必要がある場合は、項目を右クリックして、コンテキスト メニューから [修正] (Modify) または [削除] (Delete) を選択します。

次のキャンバスは、If セクションと Then セクションのみ使用する数式を表示しています。

ヘッジ ルール ビルダー キャンバス

キャンバスは背景色を使用して、現在の規則が有効な数式であるかどうかを示します。ルールの一部に構文または論理エラーが含まれている場合、無効なルールとコンポーネントのキャンバスの背景色は、赤に変化します。例えば次のキャンバスの、赤い背景色は、Then セクションに問題があることを示しています。これはまたルール全体が無効であることを示しています。

ヘッジ ルール ビルダー キャンバス

  • 3. 数式ステータス

キャンバスの [ステータス] エリアでは、数式の作成を進めるに従って、数式のステータスが更新されます。ルールの現在のステータスが完了で、構文的に正しければ、[ステータス] エリアに [有効な数式] (Valid Formula) と表示されます。それ以外は数式が有効でない理由を説明した情報が表示されます。

:Then >> Then には、1つの操作、または If/Then/Else ステートメントが含まれている必要があります。

  • 4. コントロール ボタン

ウィンドウの下部では、約定待ちの数式を管理して、ルール ライブラリのルールにアクセスするためのボタンを提供しています。

ボタン詳細

キャンバスからすべての要素を削除します。

ルール ライブラリに現在の数式を保存します。

ルール ライブラリからキャンバスにルールを読み込みます。

ルールを受付または取消します。