Try TT Now

Autospreader JA

レッグ ビューを使用したスプレッドの変更

Autospreader マネージャ ダイアログボックスには、スプレッド ビューレッグ ビュー というタブが含まれています。

Autospreader Manager スプレッド ビュー

Autospreader マネージャ レッグ ビュー

[スプレッド ビュー] タブには、作成済みのスプレッドがリスト表示されます。レッグ ビュー タブには、スプレッドに含まれる、すべてのレッグが表示されます。

レッグ ビュー はグリッド ウィンドウです。レッグはスプレッド名別に色コード列の見出しは以下のとおりです。

既定表示の列非表示の列

スプレッド名 (編集不可)

クーポン(%)

レッグ (空白で編集不能)

受渡日 (Settlement Date)

理論

満期日 (Maturity Date)

限月 (Contract)

スプレッド比率

スプレッド倍数設定

コンテキスト メニューの [列の表示と非表示] オプションを使用して、非表示の列を表示できます。さらにこのオプションを使って、編集可能な列を再整列できます。

[Autospreader マネージャ] ダイアログ ボックスの自動調整や、標準の X_TRADERフィルターの適用、さらに列ヘッダーをダブル クリックしてソートできます。

さらに、白の背景色の列はすべて編集できます。

列の中には、ドロップ ダウンを使用して編集可能なものもあります。その他の列は入力可能です。[レッグ ビュー] タブはまた、Excel 形式の複数編集の機能をサポートしています。ここではセルの右下隅をクリックして、下向きにドラッグできます。この操作は、最初のセルの値をドラッグ選択範囲にコピーできます。

セルを一度編集すると、強調表示されます。次のボタンにより、変更の処理方法を決定します。

  • 適用 (Apply):強調表示された変更を適用します。
  • 復元 (Restore):強調表示された変更を元の値に復元します。
  • エラー ログを表示 (Show Error Log):適用しようとした変更を含む問題内容を表示します。

スプレッド設定に追加する変更内容が無効の場合は、変更は適用されず、エラーはエラー ログに一覧表示されます。エラーの表示 を参照してください。

以下の手順を実行してください。

また X_TRADER ヘルプ システムの「フィルターの概要」を参照してください。

スプレッドの変更

スプレッドを変更するには

  1. [Autospreader マネージャ] ダイアログから、画面下部の [レッグ ビュー] タブをクリックします。
  2. 次の欄を変更できます。
  • 基準 (Based on) 欄

  • 銘柄 (Contract) 欄

  • 非表示の列: スプレッド比率、スプレッド乗数、利払い率、決済日、満期日

追加した変更は、適用されるまで緑に強調表示されます。

  1. [適用] (Apply) をクリックして、変更を追加します。

または

[復元] (Restore) をクリックして変更を保存します。

これでスプレッドを変更できました。

クリック アンド ドラッグを使用した値の変更

クリック アンド ドラッグを使用して値を変更するには

  1. [Autospreader マネージャ] ダイアログから、画面下部の [レッグ ビュー] タブをクリックします。
  2. その他のセルに適用させる値のセルをクリックします。
  3. セルの右下隅にカーソルを移動させます。

カーソルがクロスヘアに変化します。

  1. マウス ボタンをクリックして保持します。
  2. セルを下向きにドラッグして、値を適用させるセルをすべて強調表示します。
  3. マウスを解放します。

これでクリック アンド ドラッグを使用して値を変更できました。

列の再整列

列を再整列するには

  1. [レッグ ビュー] タブを右クリックすると、コンテキスト メニューが表示されます。
  2. [列の表示と非表示] (Show/Hide columns) をクリックします。

[列の設定] ダイアログ ボックスが表示されます。

  1. 移動させる列名をクリックします。
  2. 上矢印と下矢印列をクリックして、再整列させます。

:[ソート] チェックボックスを使って、列をアルファベット順に整列します。

  1. [OK] をクリックします。

これで列を復元できました。

スプレッド レッグのソート

スプレッド レッグをソートするには

  1. 並べ替えの基準とする列の見出しをダブルクリックします。

クリックした列に基づいて、注文は昇順に並べ替えられます。

  1. 降順に並べ替えるには、列見出しを再度ダブルクリックします。

これでスプレッド レッグをソートできました。