Try TT Now

Autospreader JA

ダイナミック ペイアップ ティックの使用

[ダイナミック設定] (Dynamic Settings) タブを使って、ペイアップティックを入力して約定待ちの注文に適用し、現在のペイアップ ティック設定を指定変更できます。ペイアップ ティック値は -99 ~ 99 の値を設定できます。

ダイナミック ペイアップティックの特性の概要

  • [ダイアナミック設定] タブを使用時には、このタブにより [Autospreader 設定] ウィンドウの [ペイアップ ティック] 設定、あるいは Autospreader MD Trader スプレッド画面のサイドバーが指定変更されます。
  • 任意のレッグはホットキー全体に割り当てることもできますが、1つのスプレッドにつき割り当て可能なレッグは 2 つのみです。
  • ダイナミック ペイアップのホットキーは、F2 と F11 です。これらのキーを押すとオンとオフの切り替えができます。
  • ダイナミック ペイアップティックを使用の際は、[ペイアップティック ] (Payup Ticks) 欄の背景色は黄色になります。
  • ダイナミック ペイアップティックが有効になっている際に他のウィンドウを選択すると、これらのホットキーの機能は無効になります。

ダイナミック ペイアップティックの設定

ダイナミック ペイアップティックを設定するには

  1. Autospreader MD Trader スプレッド画面を右クリックしてコンテキスト メニューを表示し、[ダイナミック設定] (Dynamic Settings) をクリックします。
  2. [ダイナミック設定] タブにて、[ダイナミック ペイアップ ティックを有効にする] (Enable Dynamic Payup Ticks) チェックボックスをクリックして選択します。
  3. 各機能キーを使って実行するペイアップ ティック数を設定します。

    : 代わりにこの値は Excel からリンクさせることも可能です (ペイアップティック欄へのリンク 参照)

ダイナミック ペイアップ ティックの適用

ダイナミック ペイアップティックを適用させるには

  1. ペイアップ ティックを適用するスプレッド レッグを選択します。
  2. 使用するペイアップティック数に対応するファンクション キー([F2] または [F11]) を押します。

    ペイアップティック欄が黄色に変化して、ダイナミック ペイアップティックがアクティブであることを示します。

  3. ダイナミック ペイアップティックを非アクティブ化するには、ファンクション キー ([F2] または F11) を再度押します。

    [ペイアップティック] 欄が黄色表示されなくなると、Autospreader がダイナミック ペイアップティックの使用を中断したこと示します。

ペイアップティック欄へのリンク

ペイアップティック欄にリンクさせるには

  1. Excel からセルをコピーします。
  2. スプレッド画面にて右クリックし、[ダイナミック設定] (Dynamic Settings) をクリックします。

    [ダイナミック設定] (Dynamic Settings) タブが表示されます。

  3. セルを貼り付けるファンクション キーの下にある [ペイアップティック] (Payup Ticks) 欄を右クリックします。
  4. [リンクの貼り付け] (Past Link) をクリックします。