Try TT Now

Autospreader JA

7.17 の新機能 (What’s Newin 7.17)

新規の [Autospreader Configuration] (Autospreader 取引銘柄設定) ダイアログが効率化されました。またパラメータ設定が一部削除され、X_TRADER  で保存場所が変更されました。詳細は、X_TRADER ; 7.17 の Autospreader 機能とパラメータの変更 を参照してください。

X_TRADER 7.17 の一部として Autospreader に、以下の機能強化と変更が追加されました。

  • X_TRADER ; 7.17 では、Autospreader ; 設定ダイアログ ボックスが新しくなりました。スプレッド数式のカスタム設定ができるようになり、MD Trader ; スプレッドプレビュー板画面にてスプレッドを表示できるようになりました。Autospreader Configurationパラメータもまた、設定ダイアログ ボックスにて再分類化されました。設定ダイアログ ボックス欄の説明 を参照してください。
  • TTNET の新しい X_TRADER ASP ASP (マルチブローカーASP) 環境とともに、X_TRADER 7.17 ユーザーは、同じ X_TRADER および Autospreader MD Trader のインスタンスから、複数のブローカーに注文をルーティングできるようになりました。注文ゲートウェイまたはブローカーの選択 を参照してください。
  • Autospreader MD Trader から、スプレッドの各レッグに、異なったブローカーと顧客口座を選択できるようになりました。またペイアップ ティックをレッグに適用させて、優先順位ホルダー注文を設定したり、オフセットをリロードできるようになりました。Autospreader スプレッド画面サイドバーの使用 を参照してください。
  • スナイパー注文タイプが取引スプレッド用に追加されました。スナイパー注文の使用 を参照してください。
  • [ヘッジ無し] (Do Not Hedge) と [注文の発注] (Send Market Order) 操作が、以前に設定された機能の代用として、[ヘッジ ルール ビルダー] (Hedge Rule Builder) と [ルール画面] (Rules Pane) に追加されました。数式の構成要素 を参照してください。