Try TT Now

Autotrader™ JA

Excel シートからのリンクの作成 (OLE リンク)

以下の手順を実行できます。

ヒント

  • Autotrader コンテキスト メニューの使用にある [フォーマット] (Formatting) オプションを使用して特定の色をセルに割り当てます。
  • 保存済みのワークスペースで自動的に Excel を開くには、Autotrader から Excel へのリンクを作成します。[銘柄情報] (Market Grid) から Excel へのリンクのみの場合は、リンクは保存されますが、ワークスペースを使って Excel は自動的に開かれません。

Autotrader への Excel シートのリンク

に Excel シートを Autotrader にリンクさせるには

  1. Autotrader へリンクさせる Excel シートを開き、セルを指定します。

    ヒント:新規 Excel シートを開いた場合は、セルへのリンク付を始める前に保存して下さい。 X_TRADER はシート名をリンクに使用します。

  2. シート内でセルを指定します。
  3. Autotrader を開きます。
  4. ウィンドウに取引を希望する銘柄の情報を 生成します。
  5. Excel シートで Autotrader にコピーするセルを右クリックします。
  6. [コピー] (Copy) をクリックします。
  7. X_TRADER ウィンドウで、Excel リンク付するセルを右クリックし、[リンク] を指定して [貼り付け] を選択します。

    このセルが Excel への OLE リンク ホストとなりました。

  8. 今後もこのリンクを使用する際は、[コントロールパネル] の [ファイル] をクリックして、[保存] を選択します。

    「... X_Trader にて外部ファイルを保存しますか?」とメッセージが表示されます。

  9. [はい] をクリックします。

これで Excel シートを Autotrader にリンクできました。

Excel スプレッドシートを使用したダイレクト発注

Excel シートをダイレクト注文に使用するには

  1. プロファイルを作成します。
  2. 作成したプロファイルに [ダイレクト発注] の [プロファイルベース値] を割り当て、その他に必要な 取引パラメータ を設定します。
  3. 取引する銘柄を備えた Autotrader を生成します。
  4. 銘柄にダイレクト発注プロファイルを割り当てます。
  5. OLE 基準を使用したプログラム (Excel シート等) を スクラッチ セクションのセルにリンクさせます。

ヒント:新規 Excel シートを開いた場合は、セルへのリンク付を始める前に保存して下さい。 X_TRADER はシート名をリンクに使用します。

  1. [スクラッチ] セクションの全セル (例: sBidQtysBidPrcsAskPrcsAskQty) に、値を生成するリンクや公式が割り当てられているかを必ず確認します。
  2. これらのリンクを今後も使用する場合は、ワークスペースを保存して下さい。
  3. 取引を開始できます。

これで Excel シートを使用してダイレクト発注できました。

Excel スプレッドシートを使用したダイレクト発注

Autotrader から OLE リンクを削除するには

  1. Autotrader で、削除するリンクを含むセルを右クリックします。
  2. リンクを指定して [Delete] (削除) を選択します。

これで Autotrader から OLE リンクを削除できました。

ICE 取引所でのフローと銘柄の切り替え

Autotrader を使用して、ICE 取引所でエネルギー銘柄を取引できます。または Autotrader や Excel リンクを使用した場合、フロー と限月の切り替えを行う際に、誤った等式をひきおこす可能性があります。Autotrader が有効の間に 」フロー と限月の切り替えを行うと、次の内容のダイアログが表示されます。

警告! このプロパティを変更すると Excel と の公式に影響が与えられる恐れがあります!

[Yes] をクリックすると、X_TRADER は Autotrader を無効にして、Autotrader 注文をマーケットから取り下げます。