Try TT Now

Autotrader™ JA

Autotrader での Autospreader 注文の取引

[Autospreader マネージャ] ウィンドウのスプレッドは、Autotrader ウィンドウにドラッグ ドロップして起動できます。

Autospreader 合成銘柄が一度 に表示されると、プロファイルを作成して、すべての Autotrader 機能を使用して、 スプレッド注文を管理できます。

: スプレッドの買値/売値、枚数を に直接リンクさせて、合計 10 スプレッドのロング、またはショートのスプレッドのオープン ポジションを、生成する場合を想定します。

Profile Setup Page (プロファイル設定ページ) から、

  • [Profile Base Price] (プロファイル ベース価格) を [Direct Order Entry] (ダイレクト発注) に設定します。

  • [最大ポジション] を 10 に設定します。

  • [Don't Cross Market] (マーケットのクロス回避) 設定をオフにします。以下の「マーケットのクロス回避」 セクションを参照してください。

ダイレクト発注プロファイルを一度作成すると、Autotrader ウィンドウから選択して、スクラッチ買値/売値欄と枚数欄にリンクを作成します。 Autotrader はオープン ポジションが10 スプレッドのロングまたはショートになるまで、Autospreader スプレッド注文を発注します。

Autospreader 注文により、以下のように Autotrader に影響が及ぼされます。

  • マーケットのクロス回避設定

マーケットのクロス回避設定

既定により、 プロファイル設定 [マーケットのクロス回避] (Don't Cross Market) がオンの場合、Autotrader はインサイド マーケットにクロスする注文を却下します。 Autotrader にて約定待ちの Autospreader 合成注文は、スプレッド約定の一部として合成スプレッド マーケットをクロスできるので、 注文に作成されたプロファイルの Autospreader プロファイル設定の [マーケットのクロス回避] (Don't Cross Market) をオフに設定します。

銘柄欄

Autotrader グリッドにて、[銘柄] (Contract) 欄に Autospreader スプレッド名が表示されます。

口座欄とオープン ポジション欄

スプレッドは [口座] 欄の <AS Config> を既定とします。これは顧客口座が [Autospreader 設定] ウィンドウにて、各レッグのセットアップが有効であることを示します。

: <AS Config> 以外の口座を選択した場合、Autospreader 設定の各レッグの顧客口座セットを上書きします。 これは、Autospreader MD Trader の [顧客口座] 欄の動作と同じ動作内容になります。

[オープン ポジション] 欄は、Autotrader を通じてすべての Autospreader 合成スプレッド約定を追跡します。これには、1つ以上のレッグにてクォートの結果である、集計スプレッド約定が含まれます (つまり 2倍約定や3倍約定)。顧客が変更されると、[オープン ポジション] (Open Position) 欄には、現在の顧客のオープン ポジションが表示されます。

複数の約定

1レッグ以上でクォートすると、2倍約定や 3倍約定が発生する可能性があります。これにより、最大ポジション設定を超過する可能性があります。

:

  • 1x1 スプレッドの両サイドをクォートすると、3 ロットのスプレッド注文を、最大 6 のポジションで発注します。
  • 3 ロット スプレッド注文が約定して、オープン ポジションは 3 となります。
  • 3 ロット スプレッド約定が最大 6 ポジションを超過しないので、新規の 3 ロット スプレッド注文が発注されます。
  • 3 ロット スプレッドが2倍約定され、最大 6 ポジションで合計9 スプレッドを超過する結果となります。

更新方法

すべての注文更新は [変更] 注文として送信されます。更新方法から [取消/差替]、または部分約定の [取消/差替] に切り替えると、スプレッド注文は [変更] として送信されます。

部分数量とレッグ数量

合成注文の部分約定とレッグ枚数の、Autotrader 口座を示します。つまり、以前に発注したスプレッドからのすべてのコンポーネントで、約定待ち注文、待機注文、レッグ スプレッド注文を含め、完全になくなる (約定または取消) まで、Autotrader では新規のスプレッド注文は発注されません。

レッグ状態

部分レッグ状態にあるスプレッドにより、スクラッチ価格が変わる前に、変更注文を発注できます。

:

  • 3 ロット 1x1 のスプレッドは 4.2 の価格で約定待ちしています。
  • クォート注文にて1ロットが約定すると、1ロットのヘッジ注文がレッグします。
  • スプレッド注文の現在の状態は、約定 2 とレッグ 1 (W:2 L:1) です。
  • スクラッチ価格は 4.3 に変更され、約定待ちスプレッッド注文 (2) の残高が 4.3 に再設定されます。
  • レッグ ヘッジ注文は以前に発注済のヘッジ価格で引き続き約定待ちとなります。

保留状態

保留状態にあるスプレッドは、スクラッチ価格が変更された際に、変更注文を発注できます。

:

  • 2 ロットの 5x2 スプレッド注文は、4.2 の価格で約定待ちします。
  • 5 ロットクォートにて1ロットが約定しても、ヘッジ注文は発生せず、スプレッド注文の現在の状態は、約定待ち 1 と待機 1 (W:1 P:1) となります。
  • スクラッチ価格は 4.3 に変更され、約定待ち 1 と待機 1 は 4.3 に再設定されます。

完全レッグ状態

完全レッグ状態のスプレッド (約定待ちクォート注文や待機クォート注文が存在しない場合)は、スクラッチ価格が変更されると、変更注文を発注しません。 Autotrader はスクラッチ価格変更を無視して、スプレッド注文の変更を追加しようとしません。

無効欄

[ネット] (Net Position) 欄と [Net Change] (前日比) 欄は、スプレッドで無効化されています。さらにスプレッドがまったく取引可能でない場合、スプレッド注文を含む行全体が、えび茶色の背景色で表示されます。