Try TT Now

クライアント クラス システムの追加の最良実例

全般

  • ハードウェア ドライバを最新に維持してください。Microsoft® ドライバと別会社のドライバとで選択できる場合は、常に別会社のものを使用してください。
  • システム メンテナンスを確認します。
    • ワークステーションを定期的に再起動 して (毎日)、キャッシュ データの消去、リソースの解放、ページ ファイルを元のサイズに戻します。
    • ディスク領域を確認します。
    • X_Trader の不使用時に、ディスク クリーンアップとディスク デフラグのシステム ツールを月に一度実行します。
    • 必要でないサービスを停止します。これらのサービスを手動で起動するように、[Service] ダイアログ ボックスで設定します。
  • 検索インデックスをオフにします。
    • [コンピューター] をダブルクリックし、[[ローカルディスク C:] を右クリックします。
    • [コンテキスト] メニューから [プロパティ] を選択します。
    • [このディスクにインデックスを付け、ファイル検索を速くする] (Allow Indexing Service to index this disk for fast file searching) の隣のチェックボックスを解除します。
    • [適用] (Apply) をクリックします。確認するには、[ドライブ C:、サブフォルダー、およびファイルに適用する] (Apply changes to C:, subfolders and files) の横のラジアル ボタンを選択して、[OK] をクリックします。アクセス拒否のエラーが表示される場合がありますが、 [無視] (Ignore) をクリックして承認し、続行します。

    : ファイルの検索スピードを高めるために、ローカル ドライブとネットワーク ドライブのコンテンツとプロパティのインデックスを作成する、インデックス サービスを利用することができます。これは、Microsoft Office に内蔵の「Find Fast」 機能と類似しています。 このオプションを使用する上のマイナス点としては、このサービスが継続して作動するので、ファイル インデックスが絶えず行われ、マシンのパフォーマンスが全般的に低下する可能性があることです。最良実例として、より高速のファイル検索がどうしても必要でない限りは、この機能をオフにしていても結構です。 すべての NTFS パーティションに、インデックス サービスは既定で有効になっていることに注意してください。

  • パフォーマンスはビデオ カードの品質と設定されている画面の解像度によって異なります。使用していないクライアント ウィンドウは、最小限にとどめておくことが望ましいです。表示されるデータの量を少なくすることで、常にパフォーマンスの向上を図ることができます。さらに、デスクトップとクライアント端末で、画面の解像度と色の深度を出来るだけ低く設定します。
  • USB マウスとキーボードを使用する場合は、USB 2.0 ポートとデバイスを使用する必要があります。TT ではワイヤレスのマウスやキーボードを使用することを推奨していません。
  • TT ソフトウェアは時間変更に非常に敏感です。時間設定の変更は、TT Gateway がダウンしている間にのみ行ってください。ワークステーションは時計設定を同期化させてから再起動します。

サードパーティ ソフトウェア

全般

  • クライアント GUI を使用している際は、同じマシンで MP3 または ストリーミング ビデオを実行しないでください。
  • サード パーティ アプリケーションに関しては、キーボード ホットキー ソフトウェアを無効にします。
  • Uインスタント メッセンジャー ソフトウェアをすべてアンインストールします。
  • 他の通信ソフトウェア (Skype など) をすべてアンインストールします。
  • インターネットに接続してアップデートを受信するアプリケーション (Google タスクバー、Quicktime 、Realplayer など) をすべてアンインストールします。

ウィルス保護ソフトウェア

  • TT では、TT ディレクトリとサブディレクトリにある、リアルタイム ウィルス スキャンを有効に設定しないことをお勧めします。
  • TT ディレクトリでのウィルス スキャンは、取引時間外に実行してください。