Try TT Now

ハードウェアとオペレーティング システム – Windows 10

視覚効果とデザインのオプション

ワークステーション間でウィンドウを移動させる場合、マウスボタンを解除するまでは、ウィンドウは既定で黒色ボックスとして表示されます。

  • [Windows キー] + [X] を押して、コンテキスト メニューを呼び起こし、[システム] を選択します。
  • [システム] ウィンドウの左画面にて、[システムの詳細設定] (Advance system settings) をクリックします。
  • [システム プロパティ] (System Properties) ウィンドウにて、パフォーマンスに [設定] (Settings) を選択します。
  • [パフォーマンス オプション] (Performance Options) ウィンドウにて、[カスタム] (Custom) ラジオ ボタンをクリックして、[ドラッグ中にウィンドウの内容を表示する] (Show window contents while dragging) の設定を有効にします。
 

レジストリ

タスクバーにウィンドウを近づけすぎると、ワークステーション全体が縮小化されます (フォーカス ウィンドウの場合は例外です)。この機能は、レジストリ キーに変更を加えることで無効化できます。
  • 次のレジストリ キーに移動します: HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\Advanced
  • 右画面を右クリックし、[New] -> [DWORD] を選択します。
  • DisallowShaking と入力して [Enter] を押します。
  • DisallowShaking をダブルクリックして [Value data] 欄に 1 を入力します。[OK] をクリックします。