Try TT Now

サーバークラス マシン要件

サーバークラス端末の推奨要件は以下の製品に適用されます。

  • TT Gateway
  • Autospreader® SE
  • Algo SE
  • Synthetic SE
  • FIX Adapter
  • FMDS
  • Price Proxy
  • Historical Fill Server (HFS)TT WAN Router
  • X_TRADER® Remote Host
  • SQL データベース

ハードウェア

推奨要件

オペレーティング システム (OS)

Windows Server 2008 R2

:TT Gateways 7.15 及びそれ以前のバージョンは Windows Server 2003 が必須です。

プロセッサーとメモリー

最小 4GB RAM で 4コア (8コア以上が望ましい)

ネットワーク カード

  • 2ユニット以上の NIC (1つは社内ネットワーク向け、もう1つは取引所向け)
  • NIC とスイッチポートのスピードとデュープレックス設定を統一して、スピードを最大化し、デュープレックスの不一致が発生しないようにします。

: 一部のドライバとファームウェアには性能や設定に限度があるので、TT では、実働環境で問題が生じる可能性のある特定のイーサネット カードについては、使用することを推奨していません。特定のチップセットとバージョンの推奨に関しては、サーバークラス マシンの最適化 を参照してください。

ハード ドライブ

30 GB 以上の空き領域(弊社ソフトウェア使用/ログ ファイル蓄積用)。

サーバーまたは製品 推奨または例外

Algo SE

Algo SE には Windows Server 2003 R2、64-ビットと、最小 8 コアが必須です (例: 2-Quad プロセッサー)。

Autospreader SE

Autospreader SE 7.17 およびそれ以降のバージョンには、Windows Server 2008 R2、64-ビッドが必須です。旧バージョンには、Windows Server 2003 R2、32 または 64 ビットが必須です。

すべてのバージョンに最小 8 コア (例: 2-Quad コア プロセッサー) が必須です。

Synthetic SE

Autospreader SE 7.17 およびそれ以降のバージョンは、Windows Server 2008 R2、64-ビッドが必須です。Synthetic SE 7.3.X 64-ビットはまた、Windows Server 2008 R2、64-ビットが必須です。

すべての Synthetic SE 32ビット バージョンには、Windows Server 2003 R2、32 または 64 ビットが必須です。

すべてのバージョンに最小 8 コア (例: 2-Quad コア プロセッサー) が必須です。

FIX Adapter

FIX Adapter 7.8.x 64-ビットとそれ以降のバージョンには、Windows Server 2003 R2、64-ビット、Windows Server 2008 R2、64-ビットが必須です。

FIX Adapter 7.8.x 32-ビットとそれ以降のバージョンには、Windows Server 2003 R2、32-ビットまたは64-ビット、Windows Server 2008 R2、32-ビットまたは64-ビットが必須です。

7.8.x 以前の FIX Adapters には、Windows Server 2003 R2、32-ビットまたは 64-ビットが必須です。

FIX Adapter 1インスタンスにつき、60GB 及びそれ以上の空き領域、.Net Framework 2.0 及びそれ以上が必須です。

FMDS

300 GB 以上のハード ドライブの容量

TT User Setup Server

1取引環境につき最小 2つの TT User Setup サーバーが必須です。

TTM

TTM をリモート ホストとして展開する場合、TTでは、パフォーマンスとスケーラビリティを最適化するため Windows Server 2008 R2、SP1 64-bit を推奨しています。