Try TT Now

X_STUDY® JA

つなぎ足チャート

X_STUDY は、つなぎ足を作成する機能を備えています。つなぎ足チャートには、シームレスなチャートを形成するため、いくつかの満期が接合されています。満期が接合される方法と時期を定義したつなぎ足定義を作成して、銘柄に定義を適用できます。

つなぎ足チャートを作成するには、X_TRADER コントロール パネルから、[Window] (ウィンドウ) -> X_STUDY -> [Continuous Contracts] (つなぎ足) を作成します。これにより [Continuous Contracts] (つなぎ足) ダイアログ ボックスが表示されます。

つなぎ足定義の作成

つなぎ足を作成するには

  1. X_TRADER ウィンドウ メニューから、X_STUDY を強調表示して [Continuous Contracts] (つなぎ足) をクリックします。
  2. [Add] (追加) ボタンをクリックして、新規の定義名を入力します。
  3. つなぎ足チャートに含む限月を選択します。
  4. 次の場合につなぎ足で表示する各番限月を選択します。
    • [1st Front Month] (当限つなぎ) では、当限が表示されます。
    • [2nd Front Month] (2番限つなぎ) では、2番限が表示されます。
    • [3rd Front Month] (3番限つなぎ) では、3番限が表示されます。
  5. 限月交替の乗り換え日を暦日数で設定します。
    • [Calendar days before expiration] (満期日から暦日数前) は、満期日前に次の銘柄に乗り換えます。
    • [Calendar days before start of exp. month] (満期月開始前の暦日数) は、満期となる月が始まる前に次の銘柄に乗り換えます。
    • [Calendar days after start of exp. month] (満期月開始後の暦日数) は、満期となる月になった後で次の銘柄に乗り換えます。
  6. [Adjust the back months by the closing price difference] (終値差分でバックアジャスト) のオプションを、選択または解除します。
  7. [Save] (保存) ボタンをクリックします。

これでつなぎ足定義を作成できました。

つなぎ足の適用

チャートにつなぎ足定義を適用させるには

  1. つなぎ足を適用させるチャートをクリックします。
  2. 感嘆符 (!) を入力します。コマンドラインに使用可能な銘柄の基本コードが表示されます。
  3. 銘柄の基本コードを入力します。

    例: CME Gateway にログインしている場合、!ES と入力すると、銘柄の1つとして ES がリストに表示されます。

  4. コマンドラインから定義を選択して、[Enter] (入力) を押します。つなぎ足チャートが表示されます。

    注: 既定のテンプレートを適用する場合は、必要な銘柄を選択して [入力] を押します。

これでつなぎ足定義を適用できました。