Try TT Now

X_STUDY® JA

カスタム セッション エディター ダイアログ ボックス

時間軸コンテキスト メニューの [Custom Session] (カスタム セッション) をクリックすると、X_STUDY を使用して銘柄を分析する際の表示時間を制御できます。既定では、時間軸は [Exchange Sessions] (取引所セッション) に設定されています。これは取引所が指定している既定時間であり、銘柄が取引可能である時間中のすべてがカバーされています。または [Primary Sessions] (第一セッション) を選択できますが、これは銘柄が最も有効で流動している時間を示します。

いずれのオプションも適切でない場合は、[Custom Session Editor] (カスタム セッション エディター) を使用して、カスタム セッションを作成できます。

 

  1. 使用可能なカスタム セッション

     

    詳細

    X_STUDY で使用可能なカスタム セッションのリスト。

    Add (追加)

    新規カスタム セッションの追加。

    Delete (削除)

    選択したカスタム セッションを削除します。

  2. Adjust Session (セッションの調整)

     

    詳細

    Adjust as Group (グループで調整)

    有効に設定すると、限月が一致して調整されます。

    Predefined Sessions (既定のセッション)

    クリックして既定の取引セッションを選択します。テンプレートとして使用して、カスタム セッションを作成します。

    スライド タブを使ってセッション タイムを設定します。紫色のバーは [Exchange] (取引所) セッション タイムを示します。赤色のバーは [Primary] (第一) セッション タイムを示します。

    - [Session Start Time] (セッション開始時間) を設定します。

    - [Session End Time] (セッション終了時間) を設定します。

    スピン ボタンを使ってセッションタイムを設定するか、欄に直接入力します。上のチャートにて時間はそれに応じて調整されます。

  3. Save Settings (設定の保存)

     

    詳細

    Apply (適用)

    カスタム セッションを保存して、[Custom Session Editor] (カスタム セッション エディター) ダイアログを閉じ、チャートにセッションを適用させます。

    Close (閉じる)

    カスタム セッションを保存して [Custom Session Editor] (カスタム セッション エディター) ダイアログを閉じます。