Try TT Now

X TRADER® JA

Aggregator の概要 (Introduction to Aggregator)

本ドキュメントは X_TRADER 7.17 とそれ以降のバージョン用ヘルプです。以前のバージョンのヘルプを表示するには、ここをクリックしてください。

Aggregator を開くには

[コントロールパネル] (Control Panel) の [ウィンドウ] (Window) メニューをクリックして [Aggregator] を選択します。

または

[コントロール パネル] の [Aggregator] アイコンをクリックします。

X_TRADER® の Aggregation (アグリゲーション、集約) により、1つの MD Trader 取引インターフェースで複数の市場の類似銘柄を表示して取引できます。そして最良値を達成できます。X_TRADER®7.17.50 とそれ以降のバージョンで、[Aggregator] ウィンドウでの同ティックサイズの現物債券銘柄や先物銘柄の集約表示をサポートしています。

[Aggregator] では、複数の MD Trader ウィンドウを起動でき、異なった取引所の複数の銘柄を、集約価格で取引できるように設計されています。集合限月のレッグや注文ルーティング関係、各レッグのパラメータを定義することができます。[Aggregator] には、アウトライト レッグに基づいて、集約限月のインプライド マーケットも表示されます。 設定に基づいて、集合限月の注文を入力し、注文を発注して最良値を達成できます。

MD Trader ウィンドウは起動済みの集約限月で成り立っているので、各Aggregator 画面で MD Trader の殆どの機能を利用できます。

:デモ取引モードで集約限月を取引する際は、特定の制限事項が適用されます。

Aggregator コンポーネント

Autospreader は以下の部分で構成されています。

[Manager] ダイアログ ボックスとは、作成したすべての集約限月のインターフェースです。 [Configuration] (設定) ダイアログ ボックスに移動します。ここで新規の集約限月の作成や、既存の集約限月の編集、特定のAggregator パラメータの設定ができます。

:MD Trader を使ったスプレッド取引に加え、[Aggregator Manager] ウィンドウから [銘柄情報] (Market Grid) に、集約限月のドラッグ アンド ドロップができます。

Aggregator の顧客の作成

[顧客設定] (Customer Default) ウィンドウにて以下の操作を行います。

  • [Market ] (マーケット) 欄にて [AlgoSE ] を選択します。
  • 有効な口座番号を入力します。
  • [SEL ] (選択) 欄をクリックして選択します。
  • オプションで [発注ゲートウェイ] (Order GW) 欄で [Algo Strategy Engine] を選択します。

顧客名と口座を作成した後、Aggregator MD Trader または [銘柄情報] (Market Grid) のいずれかのドロップダウンリストから、集約限月の顧客名を選択します。

注文を発注する際に、[Aggregator] は、レッグと集約限月に適切な顧客口座情報を自動的に適用します。[Aggregator] 注文は [注文一覧] (Order Book ) と [約定状況] (Fill Window) の口座ごとにフィルタできます。