Try TT Now

X TRADER® JA

Aggregator Manager

本ドキュメントは X_TRADER 7.17 とそれ以降のバージョン用ヘルプです。以前のバージョンのヘルプを表示するには、ここをクリックしてください。

[Aggregator Manager] ダイアログ ボックスとは、集約限月の作成と管理のためのインターフェースです。

Aggregator Manager

  • ダイアログの ボタン には次の内容が表示されます。
ボタン説明

New (新規)

集約限月の作成に使用する、[Aggregator Configuration] ダイアログ ボックスの新規インスタンスを開きます。

Edit (編集)

選択銘柄の情報で生成される、[Aggregator Configuration] ダイアログ ボックスを開きます。 一度に1つの銘柄を編集してください。

Clone (複製)

選択した銘柄を複製し、リストに追加します。スプレッド タイトルの最後に「copy」という文字が追加されます。

一度に1つの銘柄を編集してください。

Delete (削除)

ワークスペースから選択した銘柄を削除します。

  • Aggregator 起動オプション には次の内容が含まれます。
オプション説明

最初のドロップダウン ボックスで、集約限月を起動するウィンドウを選択できます。また対応レッグを起動するかどうかを指定できます。

次のウィンドウからスプレッドを起動できます。

  • MD Trader
  • 銘柄情報 (Market Grid)
  • Autotrader

2番目のドロップダウン ボックスで、[Algo Strategy Engine] (Algo SE) を選択して、集約限月を実行できます。[Aggregator] では、Algo SE が集約限月の注文を執行することが必須です。

[Launch] (起動) ボタンで、指定した起動オプションと一緒に、選択した集約限月が起動されます。

:[Shift] または [Ctrl] キーを押して、複数スプレッドを選択します。