Try TT Now

X TRADER® JA

合成注文の記録

本ドキュメントは X_TRADER 7.17 とそれ以降のバージョン用ヘルプです。以前のバージョンのヘルプを表示するには、ここをクリックしてください。

システム履歴 (Audit Trail) では、合成注文の執行時に設定したとおりに記録を行います。これには、様々なパラメータから成る2つのメッセージが含まれています。

  • 最初のメッセージは 「OK」 または 「REJECT」 (受付拒否) のいずれかであり、その他の情報が含まれています。
  • 2番目のメッセージは、MSG 列に注文内容の文字列を含んでいます。最初のメッセージが 「REJECT」の場合、注文内容は拒否理由で始まります。

注文パラメータの識別に使用される構文と、いくつかの例を以下に示します。

注文内容構文

注文内容の構文は以下のとおりです。

<Buy/Sell Total Quantity>、<Trigger section>、<Slicer section>、<Order Type and Price>、<Time In Force>、<Optional Start/End Time>

各セクションはカンマ区切りになります。セクション内はスペース区切りになります。

価格表示形式(I)

絶対価格には常に小数点で表示されます。

: 12345、97.25

相対価格は、価格タイプとオフセットと一緒に括弧で囲まれて表示され、プラス (+) またはマイナス (-) 記号が含まれます。

: [LTP +1]、[Bid -3]、[Ask +0]、[Trigger +1]

略称

略称用語

LTP

直近値

買値

買値

売値

売値

MKT

マーケット (Market)

LIM

指値

STOP

ストップ

IT

イフ タッチ

T_STOP

トレイリング ストップ

T_IT

トレイリング イフ タッチ

T_LIM

トレイリング リミット

アイスバーグ

アイスバーグ

時間切り

時間切り

枚数切り

枚数切り

d

公開 (Disclosed)

v

分散 (Variance)

i

間隔 (Interval)

リーブ (LEAVE)

そのまま残す

成行

(MARKET)

成行に変更

統合 (MERGE)

新注文と統合

CXL

取消

なし (nothing)

本日

トリガー セクション

注文内容のトリガー セクションの構文は以下のとおりです。

<Modifier> <Trigger Price> <TPrice Type> Q<Qualifier (<=,>=)><TPrice Qty>

: 次の例の価格セクションにて、成行注文と指値注文を説明しています。

  • ストップ成行注文 (Stop Market): STOP 97400 LTP Q>=1, MKT
  • ストップ指値注文 (Stop Limit): STOP 97400 Ask Q<=100, LIM 97500,
  • ストップ指値注文 (オフセット): STOP 97400 Ask Q<=100, LIM 97500,
  • マーケット イフタッチ (Market If Touched): IT 97400 LTP Q>=1, MKT,
  • リミット イフタッチ (Market If Touched): IT 97400 LTP Q>=1, MKT,
  • トレイリング ストップ マーケット: T_STOP [10] LTP, MKT,
  • トレイリング ストップ リミット: T_STOP [10] Ask, LIM [Bid +1],
  • トレイリング マーケット イフタッチ: T_IT [10] LTP, MKT,
  • トレイリング リミット イフタッチ: T_IT [10] Ask, LIM [Bid +1],
  • トレイリング リミット: T_LIM [10] Ask,

スライス セクション

スライス セクションの構文は以下のとおりです。

<Slicer Type> d<Disclosed Qty> v<Variance %> i<Interval> <Leftover Action>,

:

  • アイスバーグ: Iceberg d10、(0 変数を表示する必要はありません)
  • 時間切り: TimeSlice d1000 v25% i5000sec LEAVE,
  • 出来高切り: VolSlice d10 v23% i150 MARKET,

注文タイプと価格セクション

注文内容にある注文タイプと価格セクションの構文は、以下のとおりです。

<Order Type> <Price>,

:

  • MKT,
  • LIM 97500,
  • LIM [Bid +2],

開始/終了 時間セクション

注文内容の開始/終了 時間セクションの構文は、以下のとおりです。

  • 開始: <Start Time> <Start Date (optional)>
  • 終了: <End Time> <End Date (optional)> <End Behavior>

HH:MM:SS の形式で時間が表示されます (AM、PM 無しの 24 時間形式)。DDMonYY の形式で日付が表示されます (例、05Dec09)。日付は現在日以外の場合のみ表示されます。

:

  • Start 10:30:00
  • End 14:45:00 CXL
  • Start 10:30:00 End 14:45:00 CXL
  • Start 10:30:00 05Dec09 End 14:45:00 05Dec09 MARKET

全注文内容の例

注文内容の例は通常、以下のように表示されます。

  • Sell 10000, STOP 97400 LTP Q>=1, MKT, GTD
  • Sell 10000, STOP 97400 LTP Q>=1, MKT, GTD
  • Sell 10000, STOP 97400 Bid Q<=100, LIM [Ask -1], GTC
  • Sell 10000, STOP 97400 Ask Q<=100, LIM [Bid +2], GTD
  • Sell 1000, T_STOP [10] Ask, VolSlice d100 v23% i1500 MARKET, LIM [Ask -1], GTD
  • Sell 10000, T_LIM [10] LTP, TimeSlice d1000 v25% i5000 LEAVE, LIM [Bid +10], GTD
  • Sell 10000, STOP 97400 Ask Q<=100, TimeSlice d1000 v25% i5000 LEAVE, LIM [Bid +10], GTD, Start 10:30:00 05Dec09 End 14:45:00 05Dec09 MARKET

マシンガン注文内容の例

マシンガン注文内容の例は通常、以下のように表示されます。

100 ミリ秒の間隔で 25回再試行する場合:Sell 1000, MachineGun r25 i100ms, LIM 97500, GTD, Start 07:59:59.