Try TT Now

X TRADER® JA

アルゴ ダイアログ ボックス

本ドキュメントは X_TRADER 7.17 とそれ以降のバージョン用ヘルプです。以前のバージョンのヘルプを表示するには、ここをクリックしてください。

[アルゴ] ダイアログボックスは、[アルゴ検索] (Algo Explorer) 画面からアルゴを展開または更新する際に表示されます。ダイアログでは、[アルゴ検索] 画面のアルゴの管理や移動ができます。

アルゴ ダイアログ ボックス

項目詳細

[アルゴ] 列にアルゴを追加、または列から削除します。

ADL™ (Algo Design Lab) にて選択したアルゴを起動します。

アルゴが存在するサーバーを示します。

サーバーの再起動時に、アルゴをサーバーに存続させるかを定義します。[保持] (Persist) オプションを有効にすると、コンパイルされたアルゴとソース コードの両方がディスクに保存されます。Algo SE サーバーを再起動させると、保持アルゴはメモリーに読み込まれます。これにより再展開しなくてもアルゴを実行できます。

:[保持] (Persist) と [共有] (Share) が有効になっている場合、注文一覧内のトレーダーはアルゴ ファイルを表示できます。他のトレーダーがこのファイルにアクセスできないようにするには、パスワード保護を設定できます。

会社 (X_TRADER ASP) やユーザー グループ、共有注文一覧で、他のトレーダーにアルゴを表示するかどうかを定義します。ユーザーとアルゴを共有する方法については、アルゴ検索画面でのアルゴの共有 を参照してください。

次のオプションがあります。

  • 共有しない/選択して共有/すべて共有 (Don't Share/Share with Selected/Share with All):TT User Setup で定義する他のトレーダーに、展開アルゴを表示するかどうかを定義します。

    :アルゴを共有するための資格情報が TT User Setup にない場合は、このオプションが無効にされます。

  • 共有設定 (Modify Sharing):共有ユーザーのリストを変更します。

:アルゴ所有者が専用アルゴを一度開始すると、共有パラメータが有効に設定されていなくても、注文一覧を共有するユーザーは、専用アルゴの停止と実行を管理できます。

Algo SE サーバーで保持するアルゴファイルが、パスワードで保護されているかどうかを定義します。このオプションを選択すると、以下のテキスト ボックスにパスワードを入力する必要があります。 最大 12 文字 (ASCII) まで入力できます。

クリックして選択したアルゴ ファイルを展開または更新します。