Try TT Now

X TRADER® JA

アルゴの展開

本ドキュメントは X_TRADER 7.17 とそれ以降のバージョン用ヘルプです。以前のバージョンのヘルプを表示するには、ここをクリックしてください。

Algo Design Lab でアルゴを作成すると、[アルゴ ダッシュボード] を使って展開できます。これで X_TRADER でアルゴを使用できるようになります。[アルゴ ダッシュボード] は、X_TRADER コントロール パネルから insert image (アルゴ ダッシュボード アイコン) を選択してアクセスできます。

警告: アルゴを展開する機能は、TT User Setup で定義されている、Algo SE サーバーのログイン属性によって制御されています。

[アルゴ検索] (Algo Explorer) 画面では、容易に使用できるツリー構造にて、アルゴを展開、表示、管理できます。プラス (+) 記号をクリックするとツリーが展開され、マイナス (-) 記号をクリックすると、ツリーのノードが縮小されます。

アルゴ検索画面

ツリーの最上部レベルは、[マイ アルゴ] (My Algo) と [公開アルゴ] (Public Algo) に分けられています。

セクション

詳細

マイアルゴ (My Algos)

自分で展開および所有するアルゴ、または同じメンバーグループ トレーダー ID にマップされている他のユーザーが展開および所有するアルゴが表示されます。これらのアルゴは、アルゴの [共有] (Share) パラメータを有効にしない限りは専用として機能します。

注: 今後に共有ステータスを変更する必要が生じた場合は、アルゴ検索画面コンテキスト メニュー からステータスを変更できます。

公開アルゴ (Public Algos)

Algo SE にて [注文一覧] を共有する他のユーザーが展開した共有アルゴが表示されます (例: TT User Setup にて同じメンバーID とグループID にマップされている場合)。これはアルゴの所有者がアルゴの共有パラメータを有効にした場合です。

警告: アルゴの所有者が専用アルゴを開始すると、アルゴが使用する Algo SEとすべてのTT Gateway にて、アルゴの実行者と[注文一覧] (order book) を共有するユーザーは、共有 パラメータが有効になっていなくても、その専用アルゴを管理 (停止・実行) できます。

ツリー構造を使って、専用アルゴと共有アルゴのいずれかを展開できます。

アルゴ検索画面から専用アルゴを展開するには

  1. [マイ アルゴ] (My Algos) セクションにて、アルゴを展開する Algo SE サーバーを選択します。
  2. [展開] (Deploy) ボタンをクリックします。これによりアルゴ ダイアログ ボックス にアルゴのソース ファイルの一覧が表示されます。アルゴには .algo のファイル拡張子があります。

    ヒント: 該当する Algo SE サーバーを右クリックして、コンテキスト メニューから [展開] (Deploy...) を選択できます。

  3. アルゴ ファイルに移動して (転送ボタン) をクリックします。これによりアルゴファイルが [アルゴ] 欄に移動されます。

  4. Algo サーバー リストにて、該当する Algo SE サーバーを選択します。

    既定では、これは手順 2 で選択した Algo SE に設定されます。

  5. サーバーの再起動時にアルゴをサーバーに残しておく場合は、[保持] (Persist) チェックボックスをクリックします。(オプション)
  6. 共有パラメータに注意してください。専用アルゴを展開している際は、パラメータを使用できません。必要に応じて、後に 共有 パラメータを有効にできます。
  7. アルゴにパスワード保護を設定する場合は、[パスワード] チェックボックスをクリックします。すると、ソース コードが他のトレーダーに表示されなくなります。テキスト ボックスが表示され、最大 12 文字 (ASCII) まで入力できます。(オプション)

    注: 保持設定とパスワードは必要に応じて今後変更することができます。詳細は 「アルゴの更新」 を参照してください。

  8. [展開] (Deploy)ボタンをクリックして、Algo SE サーバーにアルゴを展開します。専用アルゴは 、アルゴの展開先の Algo SE サーバーの [マイ アルゴ] セクションに表示されます。

アルゴ ダイアログ ボックス

アルゴ検索画面から共有アルゴを展開するには

  1. [公開アルゴ] (My Algos) セクションにて、アルゴを展開する Algo SE サーバーを選択します。

    ヒント: 管理者のみが、[共有アルゴ] セクションに一覧表示されている Algo SE サーバーを選択することで、公開アルゴを展開できます。管理者の役割を持つユーザーは、アルゴの表示、開始、管理ができます。

  2. [展開] (Deploy) ボタンをクリックします。これによりアルゴ ダイアログ ボックス にアルゴのソース ファイルの一覧が表示されます。アルゴには .algo のファイル拡張子があります。

    ヒント:ヒント:該当する Algo SE サーバーを右クリックして、コンテキスト メニューから [展開] (Deploy...) を選択できます。

  3. アルゴ ファイルに移動して (転送ボタン) をクリックします。これによりアルゴファイルが [アルゴ] 欄に移動されます。

  4. Algo サーバー リストにて、該当する Algo SE サーバーを選択します。

    既定では、これは手順 2 で選択した Algo SE に設定されます。

  5. サーバーの再起動時にアルゴをサーバーに残しておく場合は、[保持] (Persist) チェックボックスをクリックします。(オプション)
  6. [共有] (Share) 欄が無効であることに注意してください。 [公開アルゴ] セクションに一覧表示されたサーバーにアルゴを展開する際は、[共有] パラメータが自動的に有効となります。必要に応じて、後に 共有 パラメータを有効にできます。
  7. アルゴをパスワードで保護する場合は、[パスワード] チェックボックスをクリックします。テキスト ボックスが表示され、最大 12 文字 (ASCII) まで入力できます。(オプション)
  8. [展開] (Deploy)ボタンをクリックして、Algo SE サーバーにアルゴを展開します。[公開アルゴ] は、マイ アルゴ セクションと公開アルゴ セクションにて、アルゴを展開した先の Algo SE サーバーの下に表示されます。

アルゴ ダイアログ ボックス

アルゴに一意の名前を設定する必要があります。

警告: Algo SE サーバーにて展開した非共有アルゴには、メンバー グループの各トレーダー ID 別に一意の名前を割り当てる必要があります。サーバーに既に存在する非共有アルゴの名前を使用してアルゴを展開すると、アルゴ名の不一致のダイアログが表示されます。名前に不一致が生じた場合は、新規の名前でアルゴを展開するか、サーバー内の既存のアルゴを上書き保存します。

アルゴ名の競合ダイアログ ボックス

ヒント: サーバーに既に存在する既存の共有アルゴ名を使用して、Algo SE サーバーにアルゴを展開して保持できます。この複製インスタンスは専用であり (非共有)、[公開アルゴ] リストで注文一覧を共有している他のユーザーには表示されません。ただし所有者がアルゴ一度開始すると、ユーザーはこれらの専用アルゴを管理 (停止と実行) できます。

保持されているアルゴ

アルゴが展開されると、アルゴのソースコードは選択した Algo SE サーバーに送信されます。Algo SE サーバーはソースコードと適合していて、メモリーに適合するコードを読み込みます。[保持] オプションを有効にすると、アルゴのソース コードは暗号化形式でディスクに保存されます。Algo SE サーバーを再起動させると、保持アルゴはメモリーに読み込まれます。これにより再展開しなくてもアルゴを実行できます。