Try TT Now

X TRADER® JA

アルゴ検索画面でのアルゴの共有

本ドキュメントは X_TRADER 7.17 とそれ以降のバージョン用ヘルプです。以前のバージョンのヘルプを表示するには、ここをクリックしてください。

Algo SE サーバーに専用アルゴを展開した後は、他のユーザーとアルゴを共有できます。Algo SE サーバーにマップされたユーザーはすべて、アルゴを表示して起動できます。サーバーにあるアルゴの実行中インスタンスを共有する必要のあるユーザーは、資格情報で設定する必要があります。これにより、Algo SE サーバーと、また銘柄に該当するすべての TT ゲートウェイにて、注文一覧の共有が可能になります。

:

  • TT User Setup でアルゴを展開または共有できるようにユーザーが設定されていない場合でも、アルゴを共有することができます。ただし、X_TRADER 7.12 またはそれ以下のバージョンを使用している場合、アルゴを展開及び共有できるユーザーと注文一覧を共有している場合のみ、ユーザーはアルゴを共有できます。
  • X_TRADER 7.17 またはそれ以降のバージョンを使用している場合、注文一覧の共有の有無に関わらず、アルゴを共有したいと思うユーザーを他に選択することができます。
  • アルゴを更新する際に、[共有] パラメータを有効または無効に設定することもできます。
  • Algo SE サーバーでのアルゴの共有に関する詳細情報は、『TT アルゴ ストラテジー エンジン システム管理マニュアル』 (TT Algo Strategy Engine System Administration Manual) を参照してください。.

警告: 他のユーザーとアルゴを共有するには、TT User Setup の適切な資格情報 (例、アルゴ展開の許可や、アルゴ共有の許可など) が必要です。

他のユーザーと展開下アルゴを共有するには

  1. [マイ アルゴ] セクションにて該当するアルゴを右クリックします。[アルゴ検索] (Algo Explorer) コンテキスト メニューが表示されます。

    アルゴ ダイアログ ボックス

  2. [共有] (Share) を選択します。これにより Algo SE サーバーにて [共有] パラメータが有効になります。[注文一覧] を共有するユーザーには、適用サーバーの下に [公開アルゴ] (Public Algos) セクションに一覧されているアルゴが表示され、アルゴを起動できます。

    警告: アルゴの所有者は、アルゴの更新の際に、共有パラメータを有効 (または無効) にも設定できます。 この操作を実行する際は、更新によりアルゴが再展開され、[注文一覧] (order book) を共有するユーザーが作成した専用アルゴ テンプレートを含め、更新されたアルゴに関連するテンプレートがすべて消去されるので注意して実行してください。

    [アルゴ ダイアログ ボックス] (Algo Dialog Box) から、[共有の変更] (Modify Sharing) ボタンを使用して、共有ユーザのリストをいつでも変更できます。

  3. 表示された アルゴ共有 ユーザーリスト (Algo Sharing User List) からユーザーを選択します。

    X_TRADER ASP 環境でアルゴを展開した場合、以下の内容がリストに表示されます。

    • バイサイド ユーザーの場合 (管理者または非管理者)、会社内のすべてのメンバーとアルゴを共有できます。
    • セルサイド ユーザーの場合 (非管理者)、会社内のすべてのメンバーとアルゴを共有できます。
    • セルサイド管理者の場合、会社内のすべてのメンバー及び関連会社のメンバーとアルゴを共有できます (例: 会社で取引を許可しているバイサイド ユーザーなど)。

    非マルチブローカー環境でアルゴを展開した場合、以下の内容がリストに表示されます。

    • 管理者でない場合は、[ユーザー グループ] (User Group) にすべてのユーザーがリストされます。
    • 管理者である場合は、管理しているユーザーグループのすべてのユーザーと、ユーザーグループのすべてのユーザーがリストされます。

    警告: 共有アルゴには一意の名前をつける必要があります。