Try TT Now

X TRADER® JA

ストラテジー作成の欄説明

本ドキュメントは X_TRADER 7.17 とそれ以降のバージョン用ヘルプです。以前のバージョンのヘルプを表示するには、ここをクリックしてください。

以下に [ストラテジー作成] (Create Strategy) ウィンドウの欄を説明します。

1. レッグの管理

ボタン詳細

ストラテジーに新規のレッグを追加します。

ストラテジーから選択したレッグを削除します。

[ストラテジー作成] ページからすべてのレッグを削除します。

選択したレッグを順番に上に移動させます。

選択したレッグを順番に下に移動させます。

2. ストラテジー作成

表示列詳細

レッグ (Leg):レッグの順序を識別します。[ストラテジー作成] ページにてレッグ行が追加、移動、または削除された場合、この欄は自動的に生成を行います。

買/売 (B/S):クリックして [買い] または [売り] をレッグに設定します。

枚数 (Qty):レッグの銘柄数を入力します。

限月 (Contract):下矢印をクリックして、[銘柄検索] (Instrument Explorer) を使用してレッグを選択します。

価格 (Price):カバー ストラテジーとボラティリティ ストラテジーの銘柄価格を入力します。

注: [ストラテジー作成] 画面の銘柄の組み合わせに、最小1つ以上の先物または先物スプレッドが含まれていない場合、また最小1つ以上のオプションまたはストラテジーが含まれていない場合に、この欄は無効になります。

デルタ (Delta):カバー ストラテジーとボラティリティ ストラテジーの先物レッグのデルタを入力します。

注: [ストラテジー作成] 画面の銘柄の組み合わせに、最小1つ以上の先物または先物スプレッドが含まれていない場合、また最小1つ以上のオプションまたはストラテジーが含まれていない場合に、この欄は無効になります。

3. ストラテジー タイプ リスト

項目詳細

作成されるストラテジーのタイプ。このリストは [ストラテジー作成] 画面にて選択したレッグにより決まります。

:使用可能なストラテジー タイプに関しては、取引所の規則を参照してください。

4. 作成ボタン

ボタン詳細

ストラテジー作成の要求を取引所に送信します。

注: ストラテジー作成の要求のステータスに関する情報は、[システム履歴] (Audit Trail) ウィンドウを表示してください。

ボタン詳細

ストラテジー作成の要求を取引所に送信します。

注: ストラテジー作成の要求のステータスに関する情報は、[システム履歴] (Audit Trail) ウィンドウを表示してください。

5. ストラテジーの表示と非表示

ボタン詳細
クリックして [保存ストラテジー] (Existing Strategies) リストを表示します。
クリックして [保存ストラテジー] (Existing Strategies) リストを表示します。

6. ウィンドウ リスト

項目詳細

[保存ストラテジー] リストから起動した場合、ストラテジーの表示に使用される既定のウィンドウ。

7. 保存ストラテジー リスト

表示列詳細
取引所 (Exch)

ストラテジーが作成された取引所の名前。

タイプ (Type)

作成されたストラテジーのタイプ (例、カバーまたはストラドル)。

ステータス (Status)

ストラテジーのステータス。以下のいずれかのステータスとなります。

  • 作成 (Created):ストラテジーが正常に作成され、ゲートウェイで利用できます。
  • 失敗 (Failed):取引所またはゲートウェイによりストラテジーが拒否されました。
  • 送信済み (Submitted):ストラテジーがゲートウェイに送信され、現在評価されています。
  • ローカル (Local):ストラテジーはローカル X_TRADER 端末で保存されましたが、関連するゲートウェイには存在しないので、再作成する必要があります。

注: ストラテジー作成の要求に関する追加情報は、[システム履歴] (Audit Trail) ウィンドウを表示してください。

内容

ストラテジーの名前。これは最初、比率とレッグの期限に続いて、スプレッド タイプに既定設定されます (例、1xGE Jul13 C9400:+50xGE Jul13@9980.00)。

8. ストラテジーの再作成

ボタン詳細

各時選択したストラテジーに、ストラテジー作成の要求を送信します。このボタンは ローカル ステータスのストラテジーに対してのみ有効となります。