Try TT Now

X TRADER® JA

顧客設定を読み取り専用に設定

本ドキュメントは X_TRADER 7.17 とそれ以降のバージョン用ヘルプです。以前のバージョンのヘルプを表示するには、ここをクリックしてください。

[顧客設定] (Customer Default) ファイルを読み取り専用に設定して、[顧客設定] プロファイルが変更されないようにします。

これは通常、[顧客設定] (Customer Defaults) ファイルを読み取り専用に設定する、ファームのリスク管理者が使用します。TT User Setup を使用する場合、[ Restrict User from editing their local customer defaults] (ユーザーがローカルで顧客設定を変更できないように制限) を設定すると、管理者はローカル マシンで顧客設定を編集できないように設定できます。この設定は、TT User Setup の [Users] ウィンドウ - [User Properties] (ユーザー プロパティ) タブにて実行できます。

または端末で [顧客設定] ファイルを読み取り専用に設定できます。これは TT User Setup と統合されていない場合か、または TT User Setup で [顧客設定] を検出した場合にこの設定を認識します。

顧客設定ファイルを読み取り専用に設定するには

  1. <root drive>:ttdatfilesTTCONFIG に移動します。
  2. ttconfig フォルダをクリックすると、右側の画面内にコンテンツが表示されます。
  3. [顧客設定] (Customer Defaults) ファイルを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  4. [属性] (Attributes) ボックスから [読み取り専用] (Read-only) をクリックします。
  5. [OK] をクリックします。

[顧客設定] ファイルの保存場所は、[プロパティ] メニューの [発注] (Order Entry) タブにて設定できます。