Try TT Now

X TRADER® JA

顧客設定ダイアログ ボックス欄の説明

本ドキュメントは X_TRADER 7.17 とそれ以降のバージョン用ヘルプです。以前のバージョンのヘルプを表示するには、ここをクリックしてください。

[顧客設定] (Customer Default) ダイアログ ボックスのプロファイルを定義して、各顧客に対して、その顧客の最も一般的な注文変数を確立します。既存のプロファイルの変更や新規プロファイルの作成はいつでも行えます。顧客設定 プロファイルの変更は、その顧客のその後の注文すべてに適用されます。

[顧客設定] ダイアログ ボックスにある欄は、以下の通りです。

詳細

顧客 (Customer)

最大 32 文字のプロファイル名を設定します。特殊文字 (例、!@#$^&*) を使用できます。アルファ文字は大文字に変換されます。

ブローカー (Broker)

このブローカーに顧客を割り当てます。ルーティング ルールを注文に適用した場合、選択したブローカーにこの顧客が表示されます。

:この列は、ブローカー モードで X_TRADER を実行している場合のみ利用できます。

選択 (SEL)

顧客プロファイル名を有効にして、 で使用できるようにします。

銘柄 (Product)

取引可能銘柄やアスタリスクを設定します。コンマで複数銘柄を別個にします (例、ES,NQ)。

発注 GW エイリアス (OrderGW Alias)

TT ゲートウェイ、エイリアス、MGT、またはアスタリスク (*) を設定します。この欄は、1人のユーザーに対し、同じ TT Gateway への複数の接続が表示されます。

マーケット (Market)

取引所またはアスタリスク (*) を設定します。

注: CFE、MX、FIX ゲートウェイを使用している場合は、[市場] (Market) 列にアスタリスク (*) を入力します。

銘柄タイプ (Product Type)

銘柄タイプまたはアスタリスク (*) を設定します。

: 先物、 スプレッド、オプション。

代理 (On Behalf Of)

代理 (OBO) 注文の既定ユーザーを設定する、OBO リストを開きます。TTORD のこのリストは、顧客設定のダウンロードの一部として TTUS により提供されます。詳細は 代理注文 (OBO、On Behalf Of)代理注文 (OBO、On Behalf Of)を参照してください。

:この列は、TTUS から OBO が有効に設定されている場合のみ表示されます。

口座番号 (Account Number)

注釈目的で、特殊文字も含めて、最大 15 字まで使用できます。また特定の顧客と取引を関連付けて、第2口座として、ミドルオフィスまたはバックオフィス(取引業務) により使用できます。

取引所によっては、この欄が必須の場合もあります (CME 等) 。

X_TRADER では、他のリスクアドミンパラメータが存在しない場合、この列のデータが使用されます。リスク管理パラメータが設定されている場合は、リスク管理口座番号と顧客設定プロファイルの関連情報を使用します。

口座タイプ (Acct Type)

以下の口座タイプを示します。

  • A1:ファースト エージェント口座 (ブローカー等)
  • A2:セカンド エージェント口座
  • A3-A9:3/9 エージェント口座
  • G1:事前設定ギブアップ トレード
  • G2:事前設定ギブアップ トレード
  • G3:セカンド ギブアップ トレード
  • M1:ファースト マーケットメーカー口座
  • M2:セカンド マーケットメーカー口座
  • M3: サード マーケットメーカー口座
  • P1:ファースト プリンシパル口座 (自己取引トレーダー等)
  • P2:セカンド プリンシパル口座
  • P3: サード プリンシパル口座
  • U1:割り当てなし。顧客に割当てられていない注文

ギブアップ (Give Up)

清算会員コードを示します。ギブアップ トレード口座のみに使用されます。

FFT2 & FFT3

注釈目的で、特殊文字も含めて、最大 15字まで使用できます。取引所によっては、この欄が必須の場合があります (第2 口座)。通常はバックオフィス管理者がこれらのフリーテキスト欄の使用方法を指示します。

ユーザー タグ (User Tag)

X_TRADER で特殊文字も含めて最大 15字まで使用できます。この欄は取引所に送信されません。

発注テンプレート (Order Template)

顧客プロファイルと発注テンプレートを関連付けます。

警告! 顧客と発注テンプレートを直接関連付けない場合は、余白にしておきます。