Try TT Now

X TRADER® JA

顧客設定の概要 (Introduction to the Customer Defaults)

本ドキュメントは X_TRADER 7.17 とそれ以降のバージョン用ヘルプです。以前のバージョンのヘルプを表示するには、ここをクリックしてください。

口座用番号は、各取引と特定の顧客とを関連付けるものであり、取引所にて必須となっている場合があります。X_TRADER の [顧客設定] (Customer Defaults) ウィンドウを使用して、口座番号を事前設定できます。

顧客プロファイルでは、取引所、銘柄、銘柄タイプのレベルで、口座名別 (またはブローカー別) に口座変数を確立できます。プロファイルと発注テンプレートを関連付けることで、選択した顧客 (ブローカー) に関係する特定の発注情報をそなえた取引ウィンドウをプリロードできます。

[X_TRADER の [コントロール パネル] - [設定] メニュー - [顧客設定] (Customer Defaults) から、[顧客設定] ウィンドウにアクセスできます。

[顧客設定] (Customer Defaults) ウィンドウを以下に示します。各行は [顧客プロファイル] (Customer Defaults Profile) として示されています。最初の行は <Default> (既定) 顧客テンプレートであり、削除または名前変更できません。取引前に顧客テンプレートを選択しない場合は、 必ずしも <Default> 顧客プロファイルを使用する必要はありません。ただし口座番号は、各注文と一緒に送信する必要があります。口座番号がなければ取引所で注文が拒否される場合があります。

顧客設定ウィンドウ

X_TRADERR は一致アルゴリズムを使って、取引ウィンドウに値を投入する方法を決定します。一致ルールは、[顧客] (Customer)、[銘柄] (Product)、[マーケット] (Market)、[銘柄タイプ] (Product Type) の欄の順で重要度を参考にします。これらのキーの値が一致した場合、一致する顧客プロファイルが、取引ウィンドウで関連する値を投入します。

TT User Setup では、管理者はユーザーの特定の [顧客設定] (Customer Default) を作成して実行できます。これにより、個々の X_TRADER のワークステーションに [顧客設定] (Customer Defaults) の変更を追加する必要がありません。このようにファームでは 、TT User Setup から [顧客設定] (Customer Defaults) を管理する選択肢があり、トレーダーは X_TRADER または TT User Setup と両方で設定できます。

X_TRADER は TT User Setup から顧客設定を取得します。管理者は、トレーダーが各端末のローカル既定を編集することを制限できます。以下の例では、濃灰色部分は TT User Setup から受信した表示専用の設定を示しています。薄灰色部分は、ローカル端末で設定可能な設定を示します。

顧客設定ウィンドウ