Try TT Now

X TRADER® JA

約定状況の約定画面

本ドキュメントは X_TRADER 7.17 とそれ以降のバージョン用ヘルプです。以前のバージョンのヘルプを表示するには、ここをクリックしてください。

X_TRADER は取引所から約定通知を受信すると、[約定画面] (Fills Pane) に直ちに約定情報が表示されます。ただし、約定情報の配信方法や配信タイミングは、取引所によって異なります。取引所によって、情報提供の速度が異なります。問題が生じた場合は、以下の原因が考えられます。

  • 出来通知が迅速に送信されない、 あるいは取引所からの出来通知が受信されない可能性があります。
  • バックオフィス経由の正式約定は、通常10秒程度遅れて提供されますが、これがさらに 数分遅れる可能性があります。遅延の程度は、取引所の取引枚数や取引状況 (セッションの終了時など) によって異なります。

トレーディング・テクノロジーズでは、このような遅延が発生した場合、ウィンドウの使用の補足として通常の取引所端末を使用することをお勧めします。

:ロギングが有効な場合、NYSE Liffe で成立した約定の記録は、TT™ NYSE Liffe Gateway の <root>:ttlogFiles ディレクトリに書き込まれます。ファイルには、各 LIFFE Liffe トレーダーの約定がすべて記録されています。ファイルの形式は、day.month.year.Ttfill_trader mnemonic です。ハードディスクのスペースを管理するためには、X_TRADER 管理者が手動でこれらのファイルを削除する必要があります。

[約定] 画面には、[約定タイプ] (Fill Type) 列が含まれていて、スプレッドポジションに検索条件を追加し、 アウトライト取引とは別にスプレッドレッグを表示できます。

約定画面のエクスポート (Fills Pane Export)

1日1度の約定エクスポートの生成に加えて、X_TRADER の [グローバル プロパティ] メニューを使って定義した頻度で、1日の約定レポートの生成をスケジュールできます。[コントロール パネル] の [設定] (Settings) をクリックして、[プロパティ] メニューを開き、[約定] (Fills) タブをクリックします。このタブの [約定画面のエクスポート] (Fills Pane Export) セクションは、この機能の設定に使用されます。

次の表を使って [約定] タブの [約定画面のエクスポート] (Fills Pane Export) セクションで設定を行います。

約定画面のエクスポート (Fills Pane Export)詳細

X_TRADER のシャットダウン時

シャットダウン時に、約定データを指定した保存場所とファイルにエクスポート (約定情報を転送) します。

  • ただし、シャットダウン時に [約定状況] が開いていない場合、このエクスポートは実行されません。
  • ファイルが作成され、現在開いている [約定状況] とフィルタを一致させます。 [プロパティ] メニューの [全般] (General) タブの [グローバル設定] (Global Settings) セクションにファイルを設定します。既定のファイル場所は C:ttdatfilesExport です。

毎日定時 (Daily at):

1日の特定時間を設定すると、エクスポート処理を毎日実行できます。

頻度 (Frequency):

約定データをエクスポートする時間の間隔を設定できます。数値を入力して、ドロップダウンから分または秒のいずれかを選択します。

時間の範囲 (Range):

開始時間と終了時間を設定して、希望する頻度で約定データをエクスポートできます。頻度: (Frequency) が有効の場合のみ設定できます。頻度率よりも時間の範囲の方が少ない場合 (7AM~8AM の時間の範囲で、90 分と設定した場合)、頻度と時間の範囲をリセットするようにメッセージが表示されます。

マニュアル フィル

X_TRADER 以外で取引を行った場合、これらの取引は [マニュアル フィルの追加] (Add Manual Fill) ダイアログボックスを使って管理できます。このように取引を追加すると、X_TRADER では、ユーザーの現状のポジションや損益を計算します。

[約定状況] の [約定画面] から、約定の削除や約定の確認を行うこともできます。マニュアル フィルを管理するには、以下のトピックを参照してください。

フィルタ

[約定] (Fill Window) の検索条件機能を使用すると、データをすばやくソート表示できます。

ヒント:未表示の約定記録を [約定状況] (Fill Window) に戻すには、検索条件を解除して下さい。

詳細は、「フィルタの概要 (Filtering Overview)」を参照してください。

約定通知ダイアログボックス

有効にすると、取引所から約定情報を受信するたびに、デスクトップに [約定通知] (Fills Alert) ダイアログボックスが表示されます。

約定通知のダイアログボックスを有効にするには

  1. [コントロール パネル] から、[設定] (Setting) メニューをクリックして、[プロパティ] (Properties) を選択します。
  2. [約定] (Fill) タブをクリックします。
  3. [約定通知] (Fills Alert) チェックボックスをクリックして選択します。
  4. 自己約定に関してのアラートのみの受信を希望する場合は、[自己の約定のみ通知] (Only Alert on Own Fills) ボックスをチェックします。
  5. [OK] をクリックします。

:この機能を使用すると、自己約定を表示するためにトレーダー ID を入力する必要はありません。ただし、ログインに使用した以外の TTORD ID にマップされている口座番号を使用して発注した場合は、約定通知は表示されません。