Try TT Now

X TRADER® JA

簡易発注の使用

本ドキュメントは X_TRADER 7.17 とそれ以降のバージョン用ヘルプです。以前のバージョンのヘルプを表示するには、ここをクリックしてください。

[簡易発注] (Floating Order Entry) は、画面のどこに配置しても発注できる独立ウィンドウです。1つまたは複数の [簡易発注] (Floating Order Entry) ウィンドウを使って、[銘柄情報] (Market Grid)、[注文一覧] (Order Book)、Autotrader、[スプレッド価格表] (Spread Matrix)、 [プライス ボード] (Quote Board) の発注を入力できます。

[簡易発注] は、次のように表示されます。

  • [相場状況] (Market Window) の [発注] 画面

  • MD Trader ウィンドウ

  • オーダーバー

    買オーダーバー

    売オーダーバー

 

[簡易発注] を有効/無効にするには、次の手順を行います。

簡易発注を有効にするには

  1. [銘柄情報] (Market Grid)、[注文一覧] (Order Book)、Autotrader、[スプレッド価格表] (Spread Matrix)、 または [プライス ボード] (Quote Board) を右クリックすると、コンテキスト メニューが開かれます。
  2. [発注画面] (Floating Order Entry) をクリックして [簡易] (Floating) を選択します。

簡易発注として MD Trader の使用を有効にするには

:初めて [簡易発注] を立ち上げる際には、[最大注文枚数] (Maximum Order Quantity) 欄に値を入力する必要があります。

  1. [コントロール パネル] から、[設定] (Setting) メニューをクリックして、[プロパティ] (Properties) を選択します。
  2. [発注] ( Order Entry) セクションの MD Trader] タブから、[最大発注枚数] を入力します。
  3. [OK] をクリックします。

簡易発注を無効にするには

  1. [銘柄情報] (Market Grid)、[注文一覧] (Order Book)、Autotrader、[スプレッド価格表] (Spread Matrix)、 または [プライス ボード] (Quote Board) を右クリックすると、コンテキスト メニューが開かれます。
  2. この機能を無効にするには、[発注画面] をクリックして [簡易] をクリックします。

簡易発注に関する注記

[相場状況] (Market Window) の [発注] (Order Entry) 画面、[簡易発注] (Floating Order Entry)、またはその両方を組み合わせて使用できます。

[簡易発注] は、すべてのアクティブ ウィンドウからのデータを使って生成されます。例えば、[相場状況] の [発注] 画面の両方がある場合、また [簡易発注] を実行中の場合、銘柄の買値をクリックすると、両方の [発注] 画面に、その銘柄の買値情報が反映されます。ただし1つの発注画面に枚数を入力した場合は、他方の [注文枚数] (Quantity) 欄は生成されません。

同じ顧客設定の取引情報を使って複数の発注画面を生成するには、[顧客リスト] (Customer List) を使用してください。これは同じ顧客の複数の銘柄や取引所の動きを、監視して注文を発注する際に特に有効です。

:[簡易発注] の上右端にある (Xgh) 印をクリックしても、この機能は無効化されません。