Try TT Now

X TRADER® JA

簡易一覧でのアルゴの管理

本ドキュメントは X_TRADER 7.17 とそれ以降のバージョン用ヘルプです。以前のバージョンのヘルプを表示するには、ここをクリックしてください。

[簡易注文一覧] (Floating Order Book) を使って、アルゴをすばやく起動して管理できます。[簡易注文一覧] を使用するには、[プロパティ] メニューの [全般] (General) タブにて、簡易注文一覧プロパティを設定する必要があります。 有効にした後、注文またはアルゴを実行中である銘柄上にカーソルを重ねるかクリックすると、簡易注文一覧を表示できます。

:[プロパティ] の [全般] (General) タブから、[簡易注文一覧] 列を表示または非表示に設定できます。

警告! TT では、ライブ取引環境でアルゴを実行する前に、TT SIM を使ってアルゴをテストすることを強くお勧めしています。

以下の手順に従って、[簡易注文一覧] にてアルゴを管理します。

簡易注文一覧を使用したアルゴの起動

簡易注文一覧を使用して OMA を起動するには

  1. [プロパティ] メニューの [全般] (General) タブにて、簡易注文一覧プロパティを必ず設定します。
  2. プロパティの設定に従って、約定待ち注文の上にカーソルを重ねるか、クリックします。簡易注文一覧が表示されます。

  3. 該当する注文にカーソルを重ねると、変更ボタンが表示されます。
  4. [アルゴ] ボタンをクリックします。アルゴ変数 [OMA] ダイアログ ボックスが表示されます。

  5. ドロップダウン リストから該当する OMA を選択します。
  6. 必要に応じて、アルゴ変数を編集します。
  7. [開始] (Start) をクリックします。

簡易注文一覧を使用したアルゴの変更

簡易注文一覧を使用して実行中のアルゴを変更するには

  1. [プロパティ] メニューの [全般] (General) タブにて、簡易注文一覧プロパティを必ず設定します。
  2. プロパティの設定に従って、約定待ち注文の上にカーソルを重ねるか、クリックします。[簡易注文一覧] (Floating Order Book) が表示されます ([ブローカー] 列は X_TRADER ASP 環境でのみ表示されます)。

  3. 該当する注文にカーソルを重ねると、変更ボタンが表示されます。
  4. アルゴボタンをクリックします。[アルゴ変数] (Algo Variables) ダイアログ ボックスが表示されます。
  5. 必要に応じて、アルゴ変数を編集します。
  6. [適用] (Apply) をクリックします。

簡易注文一覧を使用したアルゴまたは親アルゴの削除

簡易注文一覧を使用してアルゴを削除するには

  1. [プロパティ] メニューの [取引] (Trading) タブにて、簡易注文一覧プロパティを必ず設定します。
  2. プロパティの設定に従って、約定待ち注文の上にカーソルを重ねるか、クリックします。[簡易注文一覧] (Floating Order Book) が表示されます ([ブローカー] 列は X_TRADER ASP 環境でのみ表示されます)。

  3. 該当する注文にカーソルを重ねると、変更ボタンが表示されます。
  4. アルゴを削除するには、[削除] (Delete) ボタンをクリックします。
  5. 親アルゴを削除するには、[親を削除] (Delete Parent) ボタンをクリックします。

簡易注文一覧を使用したアルゴの停止と再開

簡易注文一覧を使用してアルゴを停止または再開するには

  1. [プロパティ] メニューの [取引] (Trading) タブにて、簡易注文一覧プロパティを必ず設定します。
  2. プロパティの設定に従って、約定待ち注文の上にカーソルを重ねるか、クリックします。簡易注文一覧が表示されます。

  3. 該当する注文にカーソルを重ねると、変更ボタンが表示されます。
  4. [停止] (Pause) ボタンをクリックします。[親注文] (Parent Order) 列が黄色で表示されます。

    注: アルゴ親注文が停止されると、子注文が存続するか取り消されるかは、[Delete on Pause] (停止で削除) の設定によって異なります。

  5. 停止した親アルゴを再開するには、[再開] (Resume) ボタンをクリックします。[親注文] (Parent Order) 列が薄い紫色で表示されます。