Try TT Now

X TRADER® JA

簡易注文一覧の列の説明

本ドキュメントは X_TRADER 7.17 とそれ以降のバージョン用ヘルプです。以前のバージョンのヘルプを表示するには、ここをクリックしてください。

[簡易注文一覧] (Floating Order Book) の[取消] (Del) 列の位置が再び設計されて、最初の起動点に最も近い場所に配置されました。残りの列は、基本的な注文機能にすばやく動作を実行できるように配置されています。[プロパティ] の [全般] (General) タブから、[簡易注文一覧] 列を表示または非表示に設定できます。

詳細

取消

(Cancel)

ボタンをクリックすると、アルゴまたは合成注文を取り消すことができます。

アルゴ

(Algo)

をクリックすると、[アルゴ変数 [OMA] ダイアログ ボックスを起動できます。ここで [注文管理アルゴ] (Order Management Algo (OMA)) を既存の注文に適用できます。

限月 (Contract)

銘柄やスプレッドの満期となる年月。

枚数 (Qty)

注文枚数。

送信

(Send)

ボタンをクリックすると、取引所に価格または枚数の変更を送信できます。

価格 (Price)

限月の価格。

合成ストップ注文と合成イフタッチ注文の場合、この列には、[発注画面] の [価格モード] セクションで定義した価格タイプが表示されます。
トリガー値 (Trigger Price) 合成ストップ注文と合成イフタッチ注文の場合、この列には、[発注画面] の [モディファイア] (Modifiers) セクションで定義したトリガー値が表示されます。

有効期限 (TIF)

注文の有効期限。

注文タイプ (Order Type)

注文に関連した指値注文または成行注文のタイプ。

口座番号

(Account number)

[顧客設定] (Customer Default) プロファイルに指定されたバックオフィス口座番号。

FFT2

[顧客設定] (Customer Default) プロファイルまたは [発注画面] (Order Pane) に指定されたバックオフィス口座番号。生成されていない場合は、この列は [簡易注文一覧] (floating order book) には表示されません。

FFT3

[顧客設定] (Customer Default) プロファイルまたは [発注画面] (Order Pane) に指定されたバックオフィス口座番号。生成されていない場合は、この列は [簡易注文一覧] (floating order book) には表示されません。

注文タグ (Order Tag)

カスタム注文識別子で、最大 15 文字数まで指定できます。この欄は取引所に送信されません。生成されていない場合は、この列は [簡易注文一覧] (floating order book) には表示されません。

トリガー値枚数 (TPrice Qty)

合成注文のトリガー値の、第2枚数トリガーを表示します。この列は、合成ストップ注文と合成イフタッチ注文 モディファイアにのみ表示されます。[銘柄情報] (Market Grid) で非公開注文枚数を選択して、[簡易注文一覧] にトリガー値枚数を表示します。注文がまだトリガーされていない場合のみ、非公開枚数を変更できます。

ユーザー (Username)

Algo SE サーバーにログインしている、アルゴを最後に実行したユーザー名が表示されます。

送信 時刻 (Time Sent)

取引端末からゲートウェイに操作が送信された時間

親注文

(Parent Order)

親注文のインスタンス名が表示されます。合成注文は合成注文タイプが表示され、アルゴ注文は合成限月名が表示されます。アルゴ注文が実行中の場合は、[プロパティ] の [配色] タブで設定されている色の背景色が表示されます。アルゴまたは合成注文が停止中の場合は、背景色は黄色で表示されます。

:1つ以上の親注文が子注文に適用されている場合、表示されるインスタンス名は祖父注文となります。

変更 (Change)

ボタンをクリックすると、[アルゴ変数] ダイアログ ボックスを開始できます。ここで既存のアルゴの変数を変更できます。

注: 1つ以上の親注文が子注文に適用されている場合、この操作は祖父注文にのみ適用されます。

実行

(Run)

クリックするとアルゴまたは合成注文を停止および再開できます。

  • ボタンをクリックすると、アルゴまたは合成注文を再開できます。
  • ボタンをクリックすると、アルゴまたは合成注文を停止できます。

    注: アルゴ親注文が停止されると、子注文が存続するか取り消されるかは、[Delete on Pause] (停止で削除) の設定によって異なります。

注: 1つ以上の親注文が子注文に適用されている場合、この操作は祖父注文にのみ適用されます。

親取消 (Cancel Parent Order)

ボタンをクリックすると、親注文を取り消すことができます。

注: アルゴ親注文が一度取り消されると、子注文は引き続き約定待ちとなるか、または約定待ちが中断されるかは、アルゴの [Leave Orders on Cancel] (注文を取消で残す) の設定によって異なります。

注: 1つ以上の親注文が子注文に適用されている場合、この操作は祖父注文にのみ適用されます。

発注GW (OrderGW)TT Gateway または Synthetic Strategy Engine の注文処理が表示されます。