Try TT Now

X TRADER® JA

簡易発注の概要(Floating Windows Overview)

本ドキュメントは X_TRADER 7.17 とそれ以降のバージョン用ヘルプです。以前のバージョンのヘルプを表示するには、ここをクリックしてください。

[簡易発注] (Floating Order Entry) 機能は、画面のどこに配置しても注文の発注に使用できる独立ウィンドウです。1つまたは複数の [簡易発注] (Floating Order Entry) ウィンドウを使って、[銘柄情報] (Market Grid)、[注文一覧] (Order Book)、Autotrader、[スプレッド価格表] (Spread Matrix)、 [プライス ボード] (Quote Board) の発注を入力できます。[簡易発注] (Floating Order Entry) は、これらのウィンドウでコンテキスト メニュー (右クリック) から有効にできます。また X_TRADER グローバル プロパティにて、簡易発注ウィンドウと発注スタイルを有効にする必要があります。

[設定] - [プロパティ] - [全般] タブにて、[簡易ウィンドウ] セクションから、必要な簡易ウィンドウを有効にします。

簡易発注には、[発注画面] (Order Pane)、MD Traderオーダーバー の3つのスタイルがあり、そのうち1つを使用して発注および管理できます。

[設定] - [プロパティ] - [発注] (Order Entry) メニューにて、[簡易発注ウィンドウ] (Floating Order Entry) セクションから、必要な簡易ウィンドウを選択します。

簡易 発注画面 を使用する場合は、注文送信時に開かれた状態で、同じ銘柄と注文パラメータが値投入されます。枚数は 0 または既定の注文枚数に変更されます。「親」取引ウィンドウで連続してクリックすると、新規の簡易発注画面 (Order Pane) に値が再投入されます。

簡易 発注画面 を使って注文を送信後に、ウィンドウは親取引ウィンドウにて、後に続く限月の選択内容に基づいて、値が再投入されます。

カスタマイズ可能なホットキーから、オーダーバーにアクセスできます。これはすばやく注文を入力できるように効率化された、小さな簡易発注画面です。