Try TT Now

X TRADER® JA

アラート

本ドキュメントは X_TRADER 7.17 とそれ以降のバージョン用ヘルプです。以前のバージョンのヘルプを表示するには、ここをクリックしてください。

[アラート] (Alert) メニューを使って [アラート設定] (Alerts Manager) のプロパティを設定します。

 

全般詳細

電子メール アラートを有効にする (Enable email alerts)

すべてのアラート タブ設定を有効にします。チェックがオフの場合は、すべての設定が灰色表示にされます。

 

SMTP 設定 (SMTP Settings)詳細
SMTP 設定 (SMTP Settings)

サーバー (Server): 宛先の電子メール取引所サーバーを設定します。最大 60 文字まで設定できます。これが有効でこの欄が空白の場合、SMTP サーバー名を入力するようにメッセージが表示されます。

ポート (Port): 電子メール取引所サーバーの TCP ポートを設定します。1~65535 までの数値を入力します。これが有効でこの欄が空白の場合、正数値を入力するようにメッセージが表示されます。

SSL を有効にする (Enable SSL): SSL (Secure Sockets Layer) プロトコルを有効または無効にして、電子メールが安全に送信されるようにします。

サーバー認証 (Server Authentication):サーバー認証のためのユーザー名とパスワードを入力します。これが有効でこの欄が空白の場合、ユーザー資格情報を入力するようにメッセージが表示されます。

テスト メールの送付 (Send Test Email): メッセージ画面の [宛先:] (From) 欄に設定している送信者の電子メールアドレスに、テスト メールを送信します。

 

メッセージの設定 (Messages)詳細

メッセージの設定 (Messages)

差出人 (From):差出人の電子メールアドレスのみ入力します。これが空白の場合は、差出人アドレスを入力するようにメッセージが表示されます。

表示名 (Display as):送信者の電子メール アドレスの前に、受信メールの [差出人] (From) に表示されるエイリアス (別名) を入力します。

宛先 (To):1つまたは複数の電子メール アドレスを入力する際には、セミコロン「;」 とスペースを使って複数のアドレスを区分します。最大20個まで電子メールアドレスを入力できます。

件名 (Subject):メッセージの件名を入力します。

アラート名を含む (Include alert name):[件名] 欄の最後に、アラート名を追加します。