Try TT Now

X TRADER® JA

ホットキー

本ドキュメントは X_TRADER 7.17 とそれ以降のバージョン用ヘルプです。以前のバージョンのヘルプを表示するには、ここをクリックしてください。

[ホットキー] タブを使って、 などの機能画面のホットキーの指定を、割り当て、リセット、削除します。

:このタブのホットキーを使用するには、他のプロパティ タブのホットキー機能を有効にする必要があります。

 

キーボード レイアウト詳細

キーボード レイアウト

 

以下のオプションがあります。

  • TT 既定 (TT Default): すべてのコンポーネントのホットキーを、事前設定値に設定します。
  • カスタム (Custom): 選択したコンポーネントのホットキーをカスタマイズできます。

[すべてリセット] (Reset All) ボタンは、カスタマイズされたホットキーを既定設定に戻します。

 

ホットキーの割当て詳細

ホットキーの割り当て

ホットキーを割り当てることができる機能の一覧です。ホットキーを割り当てる機能の横にあるボックスをクリックして選択します。

  • オーダーバー:「オーダーバーを使用した取引」を参照してください。
  • MD Trader:「MD Trader でのキーボード取引」を参照してください。
  • 注文 (Orders):すべての注文を取消するキーの組み合わせを設定します。
  • 簡易注文一覧 (Floating Order Book):「簡易注文一覧のキーボード取引」を参照してください。
  • 発注画面 (Order Pane): 固定または簡易発注画面で発注するキーを定義します。「発注画面を使用したキーボード取引」を参照してください。
  • 注文変更画面 (Order Modification Pane): [注文約定状況] (Orders and Fills) にて注文を変更するキーを指定します。「注文約定状況のキーボード機能」を参照してください。
  • 注文ツールバー (Order Toolbar): [注文約定状況] (Orders and Fills) にて注文を変更するキーを指定します。「注文約定状況のキーボード機能」を参照してください。

現在のホットキー

特定のコンポーネントに使用できるコマンドの現在のホットキーが表示されます。

新規のホットキー

新しいキーを設定して、選択したコンポーネントの選択コマンドを指定します。

 

ボタン既定色

削除

特定のコンポーネントに使用できるコマンドの現在のホットキーを削除します。確認画面が表示されます。

指定

[新規のホットキーを入力] 欄に設定したホットキーまたはキーを、特定のコンポーネントのコマンドに割り当てます。[キーボード レイアウト] が既定に設定されていると灰色表示になります。

ホットキーの制約事項

ホットキーの割り当てに関する制約:

  • 共通ホットキーやコンポーネントの起動等に使用するホットキーは、X_TRADER 全体で統一しておく必要があります。
  • また、各ホットキーは、別々のコンポーネントにおいて固有にする必要があります。
  • [全注文取消] (Delete All Orders) の共通ホットキーは、[Shift + 他のキー] の組み合わせを使用します。
  • ハードコードされたコマンドに対しては、ユーザーはホットキーの割り当てができません (例、[相場状況] (Market window):   ページ上挿入)。
  • F12 キーは、Microsoft デバッガーでの使用のために確保されているので、ホットキーとして登録しないでください。