Try TT Now

X TRADER® JA

グローバル プロパティの共通タスク

本ドキュメントは X_TRADER 7.17 とそれ以降のバージョン用ヘルプです。以前のバージョンのヘルプを表示するには、ここをクリックしてください。

グローバル プロパティでの共通タスクを以下に挙げます。

  • 効果音の変更と解除
  • 取引相手メンバーの管理
  • 取引相手メンバー ダイアログ ボックス欄
  • トレードサウンド プロパティの管理
  • プラグインの開始

効果音の変更と解除

イベントの効果音を変更または削除するには

  1. [コントロール パネル] から、[設定] (Setting) メニューをクリックして、[プロパティ] (Properties) を選択します。
  2. [サウンド] (Sounds) タブをクリックします。
  3. [イベント] 列から、効果音を削除するイベントをダブルクリックします。

    [効果音] (Associated Sounds) 列は編集可能です。

  4. [削除] (Delete) キーを押します。
  5. [適用] (Apply) をクリックします。

    イベントの効果音が削除されました。

  1. [OK] をクリックして閉じます。

取引相手メンバーの管理

取引所の中には、取引に関連するブローカーを識別する価格フィードに、コードを送信する場合があります。このブローカー (例、取引相手) 情報は、[銘柄情報] (Market Grid) [歩み値] (Time and Sales) ウィンドウの [買メンバー] (Bid Mbr) 列と [売メンバー] (Ask Mbr) 列に表示されます。取引相手情報は、以下の事柄に使用できます。

  • 特定の取引所にて、アクティブなブローカーを表示できます。
  • デスク トレーダーは、自分の会社から、注文が反対売買 (買いと売り) されたかどうかを表示できます。売買されている場合は、デスク トレーダーはこれらの注文を削除して、クロス注文として発注できます。
  • 取引所の参加者は、特定の銘柄に関して、ブローカー会社別にトレーダーの1日の要約を表示できます。

取引相手情報の X_TRADER での表示方法は、[プロパティ] の 取引相手メンバー ダイアログ ボックス から設定できます。これにより特定のブローカーをすばやく識別できます。

:ユーザー設定の変更内容は、<root drive>:ttdatfilesTTCONFIG フォルダの CounterpartyMembers.dat ファイルにて、ローカル端末に保存されます。

取引相手のローカル設定を割り当てるには

  1. [コントロール パネル] から、[設定] (Setting) メニューをクリックして、[プロパティ] (Properties) を選択します。
  2. [注文] (Orders) タブをクリックします。
  3. [取引相手メンバー] (Counterparty Members) ボタンをクリックします。[取引相手メンバー] ダイアログ ボックスが表示されます。
  4. クリックして取引相手メンバーを選択します。

    注: 複数の銘柄を選択するには、CTRL キーを保持して、複数の行をクリックします。

  5. 取引相手メンバーが取引の一部に関わる場合に表示される、別名 を入力します。
  6. [文字色] (Text Color) または [背景色] (Background Color) チェックボックスをクリックして選択します。
  7. [配色] (Color) バーをクリックします。配色メニューが表示されます。

  8. 配色パレットから既存の色をクリックします。または、[その他] (Other) をクリックします。[色の設定] (Color) ダイアログ ボックスが表示されます。パレットを使用して、使用するカスタム色を選択します。

  9. [OK] をクリックします。

ローカル設定を削除するには

  1. [コントロール パネル] から、[設定] (Setting) メニューをクリックして、[プロパティ] (Properties) を選択します。
  2. [注文] (Orders) タブをクリックします。
  3. [取引相手メンバー] (Counterparty Members) ボタンをクリックします。[取引相手メンバー] ダイアログ ボックスが表示されます。
  4. 次のうちの1つを実行します。
    • すべてのローカル設定の変更を削除するには、[ローカル設定をすべて削除] (Remove All Local Changes) をクリックします。
    • 個々の取引相手メンバーのローカル設定の変更を削除するには、クリックして選択します。[ローカル設定を選択して削除] (Remove Selected Local Changes) をクリックします。

      注: 複数の銘柄を選択するには、CTRL キーを保持して、複数の行をクリックします。

取引相手メンバー ID を追加するには

  1. [コントロール パネル] から、[設定] (Setting) メニューをクリックして、[プロパティ] (Properties) を選択します。
  2. [注文] (Orders) タブをクリックします。
  3. [取引相手メンバー] (Counterparty Members) ボタンをクリックします。[取引相手メンバー] ダイアログ ボックスが表示されます。
  4. 左下部のテキスト ボックスに取引相手メンバー ID の数字を入力して (例: 123456)、[ID の追加] (Add ID) をクリックします。

取引相手メンバー ダイアログ ボックス欄

取引相手メンバー ダイアログ ボックスを使用して、取引相手メンバーの表示方法を設定します。取引相手の名前ID は、TT User Setup により提供されている情報を使用して、最初に生成されます。取引相手に別名を提供したり、文字色や背景色を変更して、取引相手メンバーが容易に認識できるように設定することが可能です。必要に応じて、TT User Setup 管理者によりパブリッシュされる前に、取引相手メンバー ID を追加することも可能です。

[取引相手メンバー] (Counterparty Members) ダイアログ ボックスには、以下の項目が含まれています。

1. 取引相手メンバー リスト

 

詳細

ID

取引所により指定され、TT User Setup により提供されます。

名前 が提供されていない場合、これは [買メンバー] (BidMbr) 欄と [売メンバー] (AskMbr) 欄に表示されます。

名前

取引所により指定され、TT User Setup により提供されます。

別名 が提供されていない場合、これは [買メンバー] (BidMbr) 欄と [売メンバー] (AskMbr) 欄に表示されます。

エイリアス (Alias)

ローカル端末で割り当てられ、特殊文字を含め、最大 50 文字 (ASCII) を指定できます。

2. 表示色と別名

 

詳細

特殊文字を含め、最大 50 文字 (ASCII) を指定できます。

場合により、取引相手に対し、別名が [買メンバー] (BidMbr) 欄と [売メンバー] (AskMbr) 欄に表示されます。

[買メンバー] (BidMbr) 欄と [売メンバー] (AskMbr) 欄に、取引相手メンバーの文字色を設定します。

[買メンバー] (BidMbr) 欄と [売メンバー] (AskMbr) 欄に、取引相手メンバーの背景色を設定します。

3. ローカル端末での変更の削除

 

ボタン詳細

指定した取引相手メンバーのローカル端末での変更を削除します。

 

すべての取引相手メンバーのローカル端末での変更を削除します。

4. IDの追加

 

ボタン詳細

TT User Setup 管理者によりパブリッシュされる前に、取引相手メンバー リストに新規 ID を追加します。

トレードサウンドの管理

トレードサウンドは、取引所から取引の更新情報を受信した際にビープ音が鳴ります。

MD Trader のみの機能である上、トレードサウンドには [サウンド] タブのプロパティとは相違点が2つあります。

  • トレードサウンドは2音調のビープ音です。[Sounds] タブのプロパティは、ユーザー個人のハードドライブ、またはネットワークにあるサウンドファイルを基としています。
  • トレードサウンドは、[MD 取引] タブにある [トレードサウンド プロパティ] ボタンを使うことにより、あらゆる設定が可能です。

 

詳細詳細
有効トレードサウンドを有効にすると、隣接の取引枚数レベルで取引が成立した際にビープ音が鳴ります。MD Trader コンテキスト メニューから トレードサウンドを有効にします。
詳細詳細
取引枚数

トレードサウンドを鳴らす、取引枚数の範囲を設定します。

買と売に対して、それぞれ 5 段階の トレードサウンドを設定できます。

範囲 (Range):取引枚数は 0~9999 内で設定してください。

:前回の設定により、その後の取引枚数は変化します。

詳細詳細
スタート時の音程と長さ

第1音の音程と持続秒数を設定します。

第1音を無効にするには、音程長さをゼロ (0) に設定します。

音程の範囲 (Pitch Range):0-9999Hz

長さの範囲 (Duration Range):1-9999ms

(9999ms = 約10秒)

:開始時または終了時の音程をゼロに設定した場合は、その列の長さもゼロにする必要があります。

終了時の音程と長さ

第 2 音の音程と長さを設定します。

第2音を無効にするには、音程長さをゼロ (0) に設定します。

詳細詳細
繰り返し鳴音を繰り返す回数を設定します。範囲 (Range):1-5 回の繰り返し
詳細詳細
プレイクリックして、現在設定されている鳴音を再生します。 

トレードサウンドを聞く

MD Trader で トレードサウンドを聞くには、以下の手順を行います。

トレードサウンドを設定するには

  1. [MD 取引] タブに移動します。
  2. ページの下にある [トレードサウンド プロパティ] (TradeSounds Properties) ボタンをクリックします。

[トレードサウンド プロパティ] ダイアログ ボックスが表示されます。

  1. [取引枚数] (Trade Quantity) 列にて、第1音を鳴らす範囲を設定します。

:買と売に対して、それぞれ5段階の トレードサウンドを設定できます。

  1. [再生] ボタンをクリックすると、既定音を視聴できます。
  2. 2つの鳴音の音質や長さを変更するには、開始時 (Starting)、終了時 (Ending Pitch)、長さ (Duration) の数値を変更します。

:開始音または終了音のいずれかを無効にするには、音程長さをゼロ (0) に設定します。

  1. 変更した音を確認するには、[再生] (Play) ボタンをクリックします。
  2. 取引が成立した際に鳴音を 1 回以上繰り返し鳴らす場合は、[繰り返し] (Repeat) 列に鳴音を繰り返す回数を入力します。

:最大で 5 回まで設定できます。

  1. 手順 3~7 を繰り返して、買と売に対してそれぞれ 5 段階の鳴音を設定できます。
  2. トレードサウンドの設定が終了すると、[OK] をクリックします。

トレードサウンドを有効にするには

  1. MD Trader を右クリックして、コンテキスト メニューにアクセスします。
  2. [トレードサウンド] (TradeSounds) を選択します。

プラグインの開始

[コントロールパネル] からインストールした、X_TRADER と X_TRADER Pro プラグイン アプリケーションを開始終了できます。ただし、プラグインにアクセスするにはラインセスが必要となります。 X_TRADER から開始した場合、プラグインは正常に機能します。 使用方法については、各プラグインのオンライン ヘルプを確認してください。 X_TRADER を閉じると、X_TRADER を通じて起動したプラグインも終了されます。

:プラグインを開始時に、プラグインへアクセスするための適切なライセンスの有無は、以下のように表示されます。

  • アプリケーションが緑色の文字で表示されている場合は、ユーザーはライセンスを所有していて、プラグインにアクセスできることを示しています。
  • 文字が赤色で表示されている場合は、ユーザーがライセンスを所有していないか、またはプラグインへのアクセス権がないことを示しています。

プラグインは、次の 2 つの方法から開始できます。

手動でプラグインを起動するには

  1. [コントロール パネル] から、[ウィンドウ] メニューをクリックして、[プラグイン] (Plug-ins) を選択します。

    または

    [コントロール パネル] から、アイコンをクリックします。

    [プラグイン] ダイアログ ボックスに、インストールされた X_TRADER プラグインがすべて表示されます。

  2. 起動するプラグイン名をクリックします。

    プラグインが起動します。

  3. 他のプラグインを起動するか、同じプラグインの別のインスタンスを起動するには、手順2を繰り返し実行します。

プラグインの自動起動を設定するには

  1. [コントロール パネル] から、[ウィンドウ] メニューをクリックして、[プラグイン] (Plug-ins) を選択します。

    または

    [コントロール パネル] から、アイコンをクリックします。

    [プラグイン] ダイアログ ボックスに、インストールされた X_TRADER プラグインがすべて表示されます。

  2. 自動起動するプラグインのアイコンの横にある、チェックボックスをクリックして選択します。
  3. [OK] をクリックします。

    次回に X_TRADER を起動する際には、選択したプラグインが自動的に起動されます。