Try TT Now

X TRADER® JA

MD Trader® プロパティ

本ドキュメントは X_TRADER 7.17 とそれ以降のバージョン用ヘルプです。以前のバージョンのヘルプを表示するには、ここをクリックしてください。

[MD Trading] プロパティ ウィンドウは、MD Trader 取引パラメータのカスタマイズに使用します。

 

発注画面 (Order Entry)詳細

最大発注枚数 (Maximum order quantit)

最大発注枚数が表示されます。

:MD Trader を使用するには、この欄の値はゼロ (0) より大きくする必要があります。

発注時に確認伝票を表示 (Display confirmation box on order entry)

[注文確認] (Confirmation Order) ダイアログを有効します。これは注文の発注の際に毎回表示されます。

相場状況での注文の確認相場状況での注文の確認を参照してください。

各サイドにつき 1 注文のみ許可 (Allow only one order per side)

新規買注文、または売注文が既存の注文と差替えます。

:BrokerTec 銘柄に関しては、リーブ注文タイプがこのプロパティよりも優先されます。

買/売枚数列の右クリック操作 (Right-click action in Buy/Sell)

買列売列を右クリックして、次の内容を実行できます。

  • 最大発注数でマーケットスウィープ (Sweep w/ max Qty): 取引所で指定されている価格至るまで、最大発注枚数で発注します。 (取引所によっては、最良気配値から最大5ティックまでの発注を可能としています。)
  • 第2既定数量の使用 (Use 2nd default Qty): 買列売列にて、右クリックした価格にて、第 2 既定枚数を送信します。このオプションを使用した場合、オプションの右のボックスに、枚数を入力する必要があります。

枚数変更増分単位 (Quantity change increment)

左クリックにて枚数を減少、右クリックにて増加する枚数の変更を可能にします。

数量 (Amount):ワンクリックで変更する枚数を設定します。

注文タイプ

[注文タイプの選択] (Order Type Selection) メニューに、TT ゲートウェイでサポートされている注文タイプを割り当てるのに使用します。

 

注文タイプ詳細

MKT

マーケットを有効にします。成行注文がインサイドマーケットをクロスして、即時約定します。

SM

(ストップ成行注文)

ストップ成行注文を有効にします。ストップ注文では、指値注文または成行注文のストップ値が設定されます。X_TRADER では、すべての取引所でストップ注文をサポートしています。

  • のストップ成行注文は、その銘柄の取引値が指定価格よりも高値になった場合に買う、という成行注文です。
  • のストップ成行注文は、その銘柄の取引値が指定価格よりも低値になった場合に売る、という成行注文です。

トリガー ストップ注文トリガー注文 (Triggered Orders)を参照してください。

SL

(指値注文のストップ)

ストップ成行を有効にします。ストップ注文では、指値注文または成行注文のストップ値が設定されます。 X_TRADER では、すべての取引所でストップ注文をサポートしています。

ストップ発注価格からのティック数 (# ticks from stop entry price): ストップ発注価格からのストップ指値価格のティック数を設定します。(範囲は 0~10000 です)

TS

(トレイリング ストップ注文)

トレイリング ストップを有効にします。トレイリング ストップは、ストップ注文の価格に現在のマーケット価格から一定の差額を設定して動的に移動します。トレイリング ストップは、指値注文または成行注文のいずれかの可能性があります。

最終取引価格からのティック数 (# ticks from last traded price): 注文に付随する LTP からのティック数を設定します。

トレイリング ストップ注文トレイリング ストップ注文を参照してください。

ICE

(アイスバーグ注文)

アイスバーグ注文を有効にします。一度に一部分の注文枚数のみを発注します。各注文枚数は同じです。一部分が約定した場合、注文枚数全体が約定するまで次の部分が発注されます。

既定公開枚数 (Default Disclosed Qty):既に設定済の公開枚数を示します。

アイスバーグ注文アイスバーグ注文を参照してください。

IOC

(IOC 注文)

即時または取消注文を有効にします。即時に一部または全部を約定させ、約定しなかった注文は取消します。

FOK

(Fill or Kill)

FOK 注文を有効にします。FOK は即時に全体の注文を約定するか、または注文全体をキャンセルします。

MLM

(Market Limit Market)

MLM 注文を有効にします。MLM は最良付値以上で買注文を設定して、最良付値で約定させます。最良売値以上で買注文を設定して、最良売値で約定させます。また最良買値以下で売注文を発注して、最良買値で約定させます。

MV

(最小枚数)

最小枚数を有効にします。この最小枚数がマーケットで取引できない場合は、注文は全部取り消されます。

最小枚数を参照してください。

GTC

(Good 'til Cancel)

注文が取り消されるまで、あるいは銘柄の満期日まで有効となります。

:この TIF を使用するには、TT User Setup の資格情報が必要です。

LOO

(LOO 注文)

寄指注文 (LOO) を有効にします。LOO 注文は、寄付でのみ実行される指値注文を設定します。始値で約定しなかった注文は取り消されます。

LOC

(LOC 注文)

引指注文 (LOC) を有効にします。引指注文 (LOC) は、指値注文 を当営業日の終値で執行します。終値で約定しなかった注文は取り消されます。

LIT

EIT 注文 (Enables If Touched)。LIT 注文は、成行注文にインサイド マーケットから追加ティック数のセットを発注します。またマーケットが価格帯の値に達すると、有効になります。

ストップ発注価格からのティック数 (# ticks from stop entry price): 発注価格からの指値価格のティック数を設定します。

(トレイリング イフ タッチ注文 を参照してください)

MIT

EIT 注文 (Enables If Touched)。MIT は成行注文にインサイド マーケットから離れた追加ティック数のセットを発注します。マーケットが価格帯の値に達すると有効になります。

(トリガー イフタッチ注文 を参照してください)

MTL

不成注文 (Market to Limit) を有効にします。MTL は、部分約定の場合には残枚数はヒットまたはテイクであった価格での、指値注文にすることを条件に、成行注文を送信します。TOCOM、SGX、OSE (J-Gate) にて利用できます。

(成行注文の限度 を参照してください)

LTM

(Limit to Market On Close)

不成注文 (LTM) 注文を有効にします。不成注文では、指値注文のうち約定しなかった残枚数がセッション終了時に成行注文になります。

BL

ベストリミットを有効にします。BL では、価格を入力せずに最良買値または売にジョインできます。TOCOM で利用可能です。

(ベスト リミットベスト リミットを参照してください)

OCO:ブラケット

OCO ストラテジーを有効にします。ストラテジーは、特定の目標達成のために作成されています。例えば、現在のロング ポジション(買い持ち)に対するブラケットは、ポジションをフラットにするため、利益獲得、または損失を回避するストップ値に発注します。その為両方が買注文である必要があります。

  • ブラケット (Bracket):最初の OCO 注文は指値です。 2番目の OCO 注文はストップ指値またはストップ成行です。 両方の注文はマーケットの同じ側にあります。(つまり買2 または売 2)
  • ブレークアウト (Breakout):両方の OCO 注文はストップ指値またはストップ成行のいずれかになる場合があります。両方の注文はマーケットの反対サイドである必要があります。(つまり買 1 と売 1)
  • カスタム (Custom):両方の OCO 注文は指値、ストップ指値、ストップ成行のいずれかになる場合があります。 その他のタイプによる無効な価格帯の確認以外は、まったく制限がありません。

OCO:注文 1 のタイプ

注文 2 のタイプ

OCO 関係の2つの注文が続く注文タイプをセットします。

注文の1つが実行されると、もう1つの注文は取り消されます。

:OCO 注文が部分約定した場合、2番目の注文は最初の注文が約定した枚数により減少します。

OCO 注文を参照してください。

BrokerTec:パッシブ注文 (Passive)

アグレッシブ注文によってのみ約定される注文を送信します。

 

再センタリング (Recentering)詳細

共通再センタリング (Global recenter)

:このプロパティは既定で有効になっています。このプロパティの設定は、新規および既存のワークスペースに自動的に適用されます。

再センタリングする際に、すべての MD Trader ウィンドウが再センタリングされます。個別のウィンドウに対して、このプロパティを無効にできます。

自動グリッド センタリング (Automatic grid centering)

設定されたパラメータに基づいて、MD Trader が自動的にセンタリングされるように設定できます。

自動グリッド センタリング:

X 毎秒

MD Trader が自動的に再センタリングするまでの、秒数を設定します。

自動グリッド センタリング:マーケット中間値が板の上/下から X 行目

インサイド マーケットが板の上または下から設定された行数に到達したら、自動的に再センタリングをします。

自動グリッド センタリング:グリッドの再センタリングの警告が表示されます。

再センタリングする前に、MD Trader で点滅が表示されます。

 

ボタン詳細
注文タイプ (Order Type)[発注] (OrderEntry) 画面で、[注文タイプ] メニューで有効にされている注文タイプに、ボタンを割り当てます。

注:既に割り付された注文タイプは、[注文タイプの選択] メニューにて非表示になります。

スティッキー (Sticky)

注文タイプをクリックせずに、継続して同じ注文タイプを実行できます。スティッキーが有効になっている間は、その注文タイプのボタンとカーソルは黄色に強調表示されます。

スティッキーを無効にするには、選択したボタンを再度クリックするか、他の注文タイプを選択します。

買値/売値の取消 (Cancel Bid/Ask)

買待ち注文と売待ち売注文に対して、個別の削除ボタンが表示されます。

全取消 (Cancel All)

買待ち注文と売待ち注文の全取消ボタンが表示されます。

手仕舞い (Liquidate)

ポジションをフラットにします。 MD Trader が反対売買注文を送信する前に、その銘柄の約定待ち全注文に対して削除要求が送信されます。既存の約定待ち注文が約定した場合には、再度トレードアウト要求を送信する必要があります。

指値注文の使用 (Using LIMIT order):トレードアウトの方法が指値注文であることを示します。

:注文を発注する前にマーケットが変動した場合、このプロパティは、注文が必ずしも約定されることを保証していません。

成行注文の使用 (Using MARKET order):トレードアウトの方法が成行注文であることを示します。

有効にした場合、[# ticks to skew] (手仕舞いティック数) 欄が灰色表示されます。[トレードアウト] ボタンをクリックすると、成行注文は執行可能な注文を捜して、注文を執行します。