Try TT Now

X TRADER® JA

発注画面 (Order Entry)

本ドキュメントは X_TRADER 7.17 とそれ以降のバージョン用ヘルプです。以前のバージョンのヘルプを表示するには、ここをクリックしてください。

[発注] (Order Entry) を使って、[相場状況] (Market) で注文を送信するためのプロパティを設定します。

 

発注画面詳細

ブローカー モード (Broker mode)

注文を発注する際に、[発注] (Order Pane) 画面にある [] ボタンまたは [] ボタンのサイズを大きくします。[買] を押す際に、カーソルは [売] ボタンに移動します。取引を成立させる際に、カーソルは [買] ボタンに移動します。

口座情報の保持 (Persist edits to account number)

注文を送信するまで、[発注] 画面に入力した口座番号を保持します。

発注後に注文枚数をクリア (Post trade qty clean up)

発注後、[枚数] 欄の数字をクリアにします。この設定は既定でオンになっています。

マーケット枚数の投入 (Seed with market qty)

銘柄情報 (Market Grid)、スプレッド価格表 (Spread Matrix)、プライス ボード (Quote Board) の枚数セルをクリックして、発注画面のマーケット枚数を投入します。

  • [左クリックでジョイン] (Join on Left Click) が [取引] (Trading) タブで有効になっている場合、枚数セルを右クリックしてこの機能を実行します。
  • これが無効の場合は、枚数セルをクリックすると、発注ウィンドウに 0 が投入されるか、発注テンプレートに既定済みの場合は、規定数量が投入されます。

最大枚数超過時にはゼロ投入 (Seed zero if market qty exceeds max qty): アグレッシブ操作を実行して オーダーバーを起動した場合、枚数欄に 0 が表示されます。またマーケット枚数は [顧客設定] (Customer Default) で定義した最大枚数よりも大きくなります。

発注画面の表示部 (Order Pane Sections)合成注文や、場合によってはネイティブ注文の、注文パラメータを設定するために使用するメニューを開きます。[発注画面] (Order Pane) の次のセクションは、メニューでチェックを解除すると非表示にできます。
  • モディファイア
  • 価格モード
  • 拡張設定
  • 送信時間
  • アルゴ変数
簡易発注詳細

ウィンドウ スタイル (Window Style)

[簡易発注画面] が以下の画面を参照する場合に、どのウィンドウを開くかを指定します (簡易注文一覧の使用 (Floating Order Book) を参照)。

発注画面 (Order Pane):[相場状況] (Market) の [発注] (Order Entry) 画面。MD Trader:MD Trader に黄色の枠が表示されます。オーダーバー: ホットキーとの併用が可能な赤と青の細いインターフェイス。

複数発注ウィンドウ

複数の発注画面:[簡易発注] (Floating Order Entry) の各ウィンドウから、別々の簡易発注ウィンドウを開くことができます。例: 

  • 2つの別々の [銘柄情報] ウィンドウ
  • [銘柄情報] と [プライス ボード] (Quote Board)

:タブが2つある [銘柄情報] (Market Grid) の場合、同じ [簡易発注] ウィンドウが開かれます。

複数簡易発注ウィンドウの使用複数簡易発注ウィンドウの使用を参照してください。

左クリックでジョイン (Join on left click)

左クリックでジョイン:枚数欄を左クリックすると、買気配値または売気配値で注文します。これが有効の場合、右クリックすると操作が開始されます (売注文/ 買注文の執行)。

:このプロパティを無効にした場合、左クリックと右クリックが確保されます。

顧客をリセット (Reset customer)

顧客をリセット:ウィンドウの再起動時にすべての簡易発注ウィンドウにて、<既定> の顧客が表示されます。これが無効の場合は、ウィンドウを閉じて再起動した後に、最後に選択した顧客が表示されます。

全般 詳細

枚数変更増分単位 (Quantity change increment)

マウスボタンを使用して欄を変更する場合や、上下矢印をクリックする場合に、枚数欄の増加数値を設定します。

: 上矢印をクリックした場合、5 に設定すると、枚数欄が 10 から 15 に変更されます。

枚数ボタンの数量に置換 (Replace quantity on button click)数量を置換えて、数量ボタンの数値で取引できるようにします。これが選択されていない場合、数量ボタンの数値が枚数欄に追加されます。このプロパティを使って、一定数量で常に取引しているトレーダーは、各自の数量でボタンを設定して、[発注画面] と MD Trader から、ワンクリックで数量を投入できます。 注:これが有効の場合は、MD Trader にてマウスで左クリックすると、ボタンの数値で枚数が置き換えられます。

マウスの自動移動 (Auto mouse move)

銘柄の [買] または [売] ボタン側をクリックすると、マウスがそれぞれ [] ボタンまたは [] ボタンに自動的に移動し、発注の速度を上げます。[発注] (Order Entry) 画面と オーダーバー (Order Bar) にて機能します。

即時トリガーの受付拒否 (Reject Immediate Trigger)

注文を発注するとすぐに、ストップ注文、イフタッチ注文、トレイリング注文の発注を拒否します。

直近値 数量トリガーのリセット (Reset LTP qty trigger)

インサイド マーケットがトリガー値から離れている場合、取引枚数を 0 にリセットします。

注:このプロパティは、トリガー注文で、特定の枚数を特定の価格帯で約定待ちする際に使用します。銘柄がトリガー値を超えて取引されると、取引数量に関わらず注文がトリガーされます。

例:買ストップ、トリガー値 = 16、値タイプ = 直近値、数量しきい値 >= 5

.

成行注文限度 (Market Order Limit)

(ティック)

成行限度 (Market Order Limit) を有効にします。

ティック数 (Number of ticks): 成行注文の約定に支払う、一定のティック数を設定します。

BrokerTec 自動アグレッシブ発注 (BrokerTec auto aggressive)

パッシブ注文が自動的に競合する、パッシブ注文の買注文と売注文と約定するよう設定して、マーケットのロックアップを防ぎます。

BrokerTec 取引所で使用します。

クロス注文 (Order crossing)

[発注] (Order Entry) 画面の [クロス] (Cross) タブを使用して、特定の取引相手とマーケット外で取引できます。

RFQ 枚数:

[銘柄情報] コンテキスト メニューの [クォート要求] (RFQ) の既定枚数を示します。

タイマー (秒):タイマーを有効にして、RFQ が送信された際に RFQ ボタンが表示される秒数を定義します。

ADL アルゴでのマーケットごとの顧客選択�ユーザーが、銘柄ごとではなくマーケットごとににルーティング注文のための顧客と口座を選択できます。