Try TT Now

X TRADER® JA

発注設定の概要 (OIntroduction to the Order Defaults)

本ドキュメントは X_TRADER 7.17 とそれ以降のバージョン用ヘルプです。以前のバージョンのヘルプを表示するには、ここをクリックしてください。

[発注設定] (Order Defaults) ウィンドウを使用して、発注テンプレートを定義できます。発注テンプレート機能を使用して、マーケット、銘柄、銘柄タイプのレベルで個人用の発注変数を確立できます。これらの変数には、注文のタイプ、最大発注枚数、有効期限の制限、追加の注文修飾子、その他の情報が含まれます。[発注設定] ウィンドウにてこの情報を設定すると、選択したテンプレートに関連した情報を含んだ取引ウィンドウを、自動的にプリロードできます。これにより取引の執行前に、手動で情報を入力する必要がなくなったので、時間を節約して正確度を確立できるようになりました。

[X_TRADER コントロール パネル] - [設定] (Settings) メニュー - [発注設定] (Order Defaults) から、[発注設定] ウィンドウにアクセスできます。

[発注設定] (Order Defaults) ウィンドウを以下に示します。各行は発注テンプレート (Order Template) に参照されます。最初の行は <Default> (既定) 発注テンプレートであり、削除したり名前を変更することはできません。[発注設定] ウィンドウにて、いくつかの編集可能な既定のテンプレートが使用できます。また各自のカスタム発注テンプレートを作成することもできます。

発注設定ウィンドウ

X_TRADER では、照合アルゴリズムを使用して、取引ウィンドウで発注テンプレートに値を投入する方法を定義します。照合規則には、テンプレート (Template)、銘柄 (Product)、取引所 (Market)、銘柄タイプ (Product Type) が含まれます。 これらの重要値が一致している場合、一致する発注テンプレートにより、取引ウィンドウにて特定の値が投入されます。これは顧客プロファイルの値の投入方法と同様です。