Try TT Now

X TRADER® JA

イフ タッチ注文

本ドキュメントは X_TRADER 7.17 とそれ以降のバージョン用ヘルプです。以前のバージョンのヘルプを表示するには、ここをクリックしてください。

イフタッチ (IT) 注文は、特定の価格またはインサイドマーケットから、一定ティック数離れてマーケットに入力されます。マーケットが注文の価格帯に達すると (その価格で取引する必要はない) 、その注文がアクティブになります。イフタッチ注文には次の場合があります。 

  • 指値 IT (LIT)
  • 成行 IT (MIT)
  • 不成注文 (Market to Limit) (MTL-IT; TOCOM と SGX で利用可能)

  • IT 注文は合成であるので、ユーザは固有サポートされている取引所に限定されます。
  • TOCOM はスプレッドの直近値を送信しないので、TOCOM の取引の際にスプレッドにて IT 注文を入力できません。

銘柄情報

[銘柄情報] (Market Grid) の発注画面内でIT 注文を設定し、その発注を送信するために価格を指定します。

こちらの制限以外の (指値、成行、不成注文等) や有効期限 (GTD、当日注文等) も設定できます。ネイティブ サポートされているストップ注文を、Synthetic Strategy Engine (合成ストラテジー エンジン) で管理する場合は、[ネイティブより優先] (Override Native) をクリックします。

: MIT 指値注文を送信する場合は、価格を入力する必要があります。

MD Trader

MD Trader で、[プロパティ] メニューの [MD 取引] タブから LIT 注文または MIT 注文を設定し、インサイドマーケットからの追加ティック数を設定する必要があり、 (マーケット価格の変動等により) 希望された指値に接触するまでは静止状態になります。

MD Trader で、現在のインサイドマーケットの下に IT 買注文を、現在のインサイドマーケットの上に IT 売注文を入力する必要があります。IT 注文を間違って入力しようとすると、スラッシュ付きの赤い円が表示されます。