Try TT Now

X TRADER® JA

マシンガン注文

本ドキュメントは X_TRADER 7.17 とそれ以降のバージョン用ヘルプです。以前のバージョンのヘルプを表示するには、ここをクリックしてください。

マシンガン注文 (または再試行注文) とは通常、マーケットが開始される前に、キューにて良好なポジションを獲得するのに使用されます。「親」注文には、注文が拒否された場合に Synthetic SE が発注を再試行する回数と、再試行する間隔が含まれています。[発注画面] (Order Pane) の [モディファイア] (Modifiers) セクションにて、再試行注文パラメータが入力されます。

:マシンガン注文の発注機能は、TT User Setup のパラメータで制御されています。マシンガン注文を発注できない場合は、システム管理者に問い合わせてください。

警告: マシンガン 注文を発注の際、[価格モード] (Price Mode) セクションは無効となり、固定 (Fixed) に設定されます。 終了時刻 (End Time) 機能は使用できません。

トリガー済み注文のライフサイクル

次に、マシンガン注文のライフサイクルについて説明します。

  • 開始日時を含むマシンガン注文は 準備中 (Waiting) ステータスにあります。
  • 開始日時に達した場合、または開始日時を設定しないで注文を発注すると、注文は約定待ちステータスになります。注文が取引所に送信されます。取引所が注文を拒否すると、Synthetic SE は再試行と間隔設定に基づいて、注文を再送信します。この手順は、注文が取引所により受理されるまで、または再試行回数に達するまで続行されます。

相場状況を使ったマシンガン注文の発注

マシンガン注文を発注するには

  1. [銘柄情報] (Market Grid) から、希望する満期日/ストライク行をクリックして、銘柄を [発注画面] (Order Pane) に投入します。

  2. 発注枚数を設定します。
  3. 主要な [価格] 欄に値を設定します。
  4. [Routing の設定] ダイアログを使ってルーティングを設定します。

    :ルーティング ルールと顧客プロファイル を設定するか、<<既定>> プロファイルを使用して取引できます。顧客設定プロファイルの作成 を参照してください。

  5. モディファイア リストから マシンガン を選択します。

    [再試行数] (Number of Retries) 欄と [間隔] (Interval) 欄が表示されます。

  6. [再試行数] 欄に再試行する回数を設定します。

  7. [間隔] を設定します。

    各注文の繰り返しを試みる間隔をミリ秒の数値で示します。

  8. 任意の注文パラメータを入力すると [] または [] をクリックし、注文を発注します。

MD Trader を使ったマシンガン注文の発注

マシンガン注文を発注するには

  1. [発注設定] (Order Defaults) ウィンドウを使って、[注文テンプレート] (Order Template) を作成します。

    • 注: 必要に応じて、[MD 取引] タブにて、注文ボタンに注文テンプレートを割り当てます。

  2. [MD Trader] から、マシンガン注文の設定を選択します。

    • 割り当て済みの [注文ボタン] をクリックします。

      または

    • [注文タイプ] ドロップダウン リストにて、[マシンガン] 設定を選択します。

  3. [Routing の設定] ダイアログを使ってルーティングを設定します。

    :ルーティング ルールと顧客プロファイル を設定するか、<<既定>> プロファイルを使用して取引できます。顧客設定プロファイルの作成 を参照してください。

  4. 発注枚数を設定します。

  5. 希望する価格帯で、[] 列または [] 列をクリックして注文を発注します。

    この マシンガン注文は [待機] ステータスにあり、取引所に受理されるまで [約定待ち] 列に表示されません。