Try TT Now

X TRADER® JA

相互決済注文の発注

本ドキュメントは X_TRADER 7.17 とそれ以降のバージョン用ヘルプです。以前のバージョンのヘルプを表示するには、ここをクリックしてください。

X_TRADER では、相互決済システム (MOS、Mutual Offset System) 注文を送信できます。シカゴ商業取引所 (CME) とシンガポール取引所 (SGX) の MOS 合意により、いずれかの取引所で先物ポジションを開き、他方の取引所で現金化することが可能です。この方法は、オーバーナイトリスクを低減させる方法の1つです。

合意には以下の銘柄が含まれています。

  • ユーロドル
  • ユーロ円 TIBOR
  • ユーロ円 LIBOR
  • 日本国債

注文を送信する前には、MOS 取引を指定する必要があります。

相互オフセット注文を送信するには

  1. [コントロール パネル] から、[設定] (Setting) メニューをクリックして、[顧客設定] (Customer Defaults) を選択します。
  2. 相互決済注文として指定する [顧客設定] 行に、[口座] (Acct) 欄を [G2] と設定します。
  3. [ギブアップ] (Give Up) 列の口座を、次の2つの手順を実行して特定します。
  • 最初の2文字は SX と入力します。
  • 清算会社の番号を入力します。(この番号は1~3桁です) 。

:123 がユーロドルの相互決済の場合は、[ギブアップ] 列を SX123 と設定します。

  1. [顧客設定] ダイアログ ボックスを閉じます。
  2. 取引を行う銘柄の [相場状況] (Market Window) ウィンドウを開きます。
  3. [ルーティング] セクションにて、<既定>列をクリックして MOS 顧客名を選択します。
  4. 必要に応じて情報を追加します (例: 注文枚数、価格、注文タイプ、注文有効期限) 。
  5. [] または [] をクリックして執行します。