Try TT Now

X TRADER® JA

関連子注文の発注

本ドキュメントは X_TRADER 7.17 とそれ以降のバージョン用ヘルプです。以前のバージョンのヘルプを表示するには、ここをクリックしてください。

ステージ注文を取得した後、オーナーは [注文約定状況] (Orders and Fills) から1つ以上の関連子注文を作成して、注文に取り組むことができます。

 

青の [買] (B) または赤の [売] (S) ボタンを左クリックするか、所有ステージ注文に関連した [価格] (Price) 行または [枚数] (Order Qty) 行を左クリックすると、ステージ注文の詳細が表示された簡易発注ウィンドウが表示されます (例、簡易発注画面、オーダーバー、MD Trader)。簡易発注画面の左上部に緑のプラス (+) 記号が表示されますが、これはオーナーが関連子注文を開始していることを示しています。

ヒント: 所有ステージ注文に関連した青の [買] (B) または赤の [売] (S) ボタンを右クリックすると、ステージ注文の詳細が表示された [発注画面] (Order Pane) が起動されます。

関連子注文を開始する際には、次の操作を実行できません。

  • 銘柄の変更
  • 買/売方向の変更
  • ステージ注文の元の注文枚数を超過

    注: 子注文枚数がステージ注文枚数を超過した場合、子注文は拒否されます。[システム履歴] (Audit Trail) に拒否メッセージが記録されます。

注: 関連する子注文を開始する際に、ステージ注文に関連する顧客情報を変更できます。X_TRADER 7.17 の以前のバージョンでは、[顧客] 欄が [ステージ] (STAGED) と表示され、無効になっていました。[口座 #] (Account #) 欄も無効になっています。

簡易発注ウィンドウが起動されると、オーナーは関連子注文の買/売方向を変更できなくなります。例えば、 

 

起動済みウィンドウ詳細

発注画面

ステージ注文の買/売方向に値が表示され、反対の買/売ボタンが表示されます。

MD Trader反対サイド列が無効になりますが、リアルタイムで出来高数は更新され続けます。
オーダーバーステージ注文の買/売方向が表示され、ホットキーを使用して反対方向でオーダーバーを起動できますが、マウス クリックは無視されます

以下の例では簡易発注ウィンドウが表示されていますが、ステージ注文は 500 枚の買注文でした。簡易発注画面は買注文として投入されています。[] (Sell) ボタンが非表示であることに注意してください。簡易 MD Trader ウィンドウで売サイドは無効化されました。

関連子注文の枚数を設定する際に、次の規則が適用されます。

  • 新規注文や変更済み注文は、取得可能ステージ注文の残枚数を超過できません。
  • 起動済みの簡易発注画面の枚数欄には、以下の少ない方が表示されます。
  • 残りの取得可能注文枚数
  • ステージ注文枚数より少ない場合、[発注設定] (Order Defaults) にて設定される既定の枚数

子注文を作成するには

  1. [簡易発注画面] を設定して、[取引] タブの [簡易ウィンドウ] (Floating Windows) を使用して、[簡易発注画面] をアクティベートします。
  2. 簡易発注画面をアクティベートするには、ステージ注文行の [買] ボタンと [売] ボタンをクリックします。
  1. 簡易発注画面を使用して、注文を作成して送信します。

オーナーは1つ以上の関連子注文を作成できます。代わりにこれらの子注文は複数の副注文を送信します (例、時間切り注文)。 注文は、親注文の直接下にある子注文と一緒に、親・子関係ごとに区分されます。子注文にキーが割り当てられ、[親キー] (Parent Key) 列に表示されます。このキーは親注文の TT オーダーキーであり、親注文が有効な間は変更されない固有キーです。[親キー] 列を使用して、すべての関連子注文をすばやくフィルターできます。

[発注画面] にステージ注文と関連子注文が表示されます。注文は、親注文の直接下にある子注文と一緒に、親・子関係ごとに区分されます。子注文にキーが割り当てられ、[親キー] (Parent Key) 列に表示されます。このキーは親注文の TT オーダーキーであり、親注文が有効な間は変更されない固有キーです。[親キー] 列を使用して、すべての関連子注文をすばやくフィルターできます。

約定待ちの子注文には TT オーダーキー (TT Order Key) が表示され、[親キー] 列の親注文に割り当てられます。約定済み子注文も1つあります。