Try TT Now

X TRADER® JA

トリガー注文(Triggered Orders)

本ドキュメントは X_TRADER 7.17 とそれ以降のバージョン用ヘルプです。以前のバージョンのヘルプを表示するには、ここをクリックしてください。

トリガー注文は、あらかじめ設定されたマーケット条件が満たされた際にマーケットに送信されます。親注文には、トリガー パラメータが含まれていて、これには明示的に設定されたもの (直近値、売値、買値)、または気配値について注文の売り買いの方向に基づいた設定があります (同サイドまたは反対サイド)。

価格nタイプ

[発注画面] の [モディファイア] セクションの [価格タイプ] 欄で、合成注文識別子のトリガー値を計算する際に使用する価格タイプを設定します。ストップ注文とイフタッチ注文では、この設定で、トリガー値の発注に明示的に使用する価格タイプを決定します。以下のうちの1つを選択します。

  • 直近値直近値。
  • 買:買気配値。
  • 売:売気配値。
  • 同サイド:注文の買/売方向のインサイド マーケット値 (例: 買いの買気配値)。
  • 反対サイド:注文の買/売の反対方向のインサイド マーケット値 (例: 売りの売気配値)。

[価格タイプ] 設定について以下の表に説明します。

価格nタイプ 詳細
LTP 直近値を使って、トリガー値を求めます。注文をトリガーさせるため、取引は直近値で、または直近値を介して行われます。
買値 最気配値を使って、トリガー値を求めます。
売値 売気配値を使って、トリガー値を求めます。

同サイド

注文の買い/売りと同方向の気配値をトリガー評価します。

  • 買いの買気配値
  • 売りの売気配値

反対サイド

注文の買い/売りと逆方向の気配値をトリガー評価します。

  • 買いの売気配値
  • 売りの買気配値

執行枚数 (直近値を使用時) または売値/買値の枚数にもとづいて、第 2 トリガーも設定できます。ユーザーは数 (Qty) ボタンを切り替えて、発注枚数のパーセント (%) で、第2 トリガーを設定できます。[発注画面] (Order Pane) の [モディファイア] (Modifiers ) セクションにて、トリガー パラメータが入力されます。

トリガーのライフサイクル

次にトリガー注文のライフサイクルについて説明します。

  • 開始時刻 と一緒に送信したトリガー注文は、準備中 ステータスにあります。
  • 開始時刻に達した場合、または開始時刻を設定しないで注文を発注すると、注文はトリガー待機 ステータスになります。Synthetic SE は、トリガー値の条件を監視します。マーケットがトリガー条件に達した場合、または超過した場合に、注文がトリガーされます。約定待ちステータスにある1つの「子」注文がマーケットに送信されます。

第2 枚数トリガーを設定した場合、「子」注文をマーケットに送信する前に、マーケットの枚数条件を満たしている必要があります。

X_TRADER は、合成 トリガー ストップ注文と 合成トリガー イフタッチ 注文をサポートしています。

価格モード

一度トリガーされると、子注文は [発注画面] (Order Pane) の [価格モード] で決定されるとおり、2つのうち1つの方法で値設定されます。

  • [固定] (Fixed) 価格モードでは、メインの [価格] (Price) 欄にトレーダーが手動で入力した価格を使って、「子」注文を送信します。
  • 相対 (Relative) 価格モードは、メインの [価格] 欄を無効にした上で、[価格モード] セクションに設定オプションを表示します。価格タイプ は、直近値 (LTP)、現在の買値、現在の売値、またはトリガー値に対する価格を設定します。つまりトリガー価格帯を使用して、注文価格を算出します。2つの追加の価格パラメータ、「同サイド」と「反対サイド」を使用できます。

:買/売方向などにより決定するパラメータ (例: オフセット、同サイド、反対サイド、パーセント) は、取引ウィンドウでは実際の値に変換されて表示されます (例: [確認] ウィンドウ (Confirmation Window)、[注文約定状況] (Orders and Fills Window)、[システム履歴] (Audit Trail))。

オフセットは正または負の値で、マーケットの買方向と売方向に基づいて扱われます。

  • 正のオフセットはマーケットから離れるように適用されます。

    (例) +2のオフセットの買注文 = 価格タイプの値 - 2 ティック +2のオフセット +2 の売注文 = 価格タイプの値 + 2 ティック

  • 負のオフセットがマーケットに近づいて適用されます。

    (例) -2のオフセットの買注文 = 価格タイプの値 + 2 ティック -2のオフセットの売注文 = 価格タイプの値 + 2 ティック