Try TT Now

X TRADER® JA

ポジション画面

本ドキュメントは X_TRADER 7.17 とそれ以降のバージョン用ヘルプです。以前のバージョンのヘルプを表示するには、ここをクリックしてください。

上部の [ポジション] 画面では、ポジション、約定待ち注文、損益、使用可能クレジットのカスタマイズ可能ビューを使用できます。ウィンドウの左側には、(+) プラス記号と (-) マイナス記号が含まれていて、ユーザ グループ別に取引活動の概要を表示できます。ユーザ グループを拡張して、ユーザ名取引所銘柄限月 ごとに活動を表示できます。

表示区分機能

[ポジション画面] (Position Pane) の取引活動は、様々な方法で要約できます (口座、限月、取引所、MGT、市場、ソース別)。既定で、活動はユーザ グループごと、次にユーザ名、銘柄、そして限月ごとに分類化されます。ただし別の方法で活動の要約を表示するには、[ポジション画面] コンテキスト メニューを右クリックして、[表示区分] (Grouping...) を選択すると、表示を変更できます。

静的ポジション行

[表示区分] (Grouping) オプションを設定するには、[静的ポジション行] (Static Position Rows) にチェックして有効にします。この機能により、各日付の同じ注文にて [ポジション状況] (Position Window) の情報を表示できます。これは、取引活動が特定の 概要 ポジション行と関連している場合でも、関連していない場合でも可能です。[ポジション画面] (Position Pane) は、取引活動があった場合に、[静的ポジション行] の表示区分にて、動的にデータを更新して表示します。例えば、取引活動がないトレーダーでも、すべてのトレーダーのポジション行を保存できます。トレーダーの1人が取引する場合、データはグループ レベルで表示されます。

静的行を非表示にするには、[ポジション画面] の右クリック コンテキスト メニューから、[行の非表示] (Hide Row) を選択します。[行の非表示] (Unhide Rows) という右クリック メニューを使用して、非表示にした静的行を表示できます。

静的行の下レベルには、そのレベルに設定された条件に基づいて、動的に表示して並べ替えできます。

表示区分レベルの並べ替え

各表示区分のレベル内で、[並べ替え] (Sort) チェックボックスがあり、表示区分レベル内で並べ替えができます。既定で [並べ替え] (Sort) チェックボックスは有効 (チェック) に設定されています。グリッドの右には、指定された表示区分で同じ欄が表示されます。欄に関連したドロップダウン矢印をクリックすると、[ポジション画面] 列のすべての一覧が表示されるので、ここから希望する並べ替えパラメータを選択できます。[OK] を一度クリックすると、特定の欄に基づいて、[ポジション状況] (Position Window) が表示区分されて並べ替えられます。[静的行] (Static Row) のチェックをオンにした場合、そのレベルのポジション行がワークスペースに保存されます。

列の設定

[ポジション画面] (Position Pane) には、証拠金 (マージン)、クレジット、利用可能クレジットを動的に表示できる列が表示されます。スプレッド取引を分けることもできます。例えば [列設定] (Column Configuration) ダイアログ ボックスから [スプレッド 買数] (Buy Spread Qty)、[スプレッド 売数] (Sell Spread Qty)、[スプレッド 買待ち] (Wrk Buy Spread)、[スプレッド 売待ち] (Wrk Sell Spread) を選択すると、各取引銘柄スプレッドのポジションと約定待ちをはじめ、これらの取引所銘柄スプレッドのレッグ、銘柄レベルでの概要が表示されます。右クリック コンテキスト メニューの [列の表示と非表示] (Show/Hide Columns) を使って、どの ポジション画面 列を表示するかを選択します。

タブ機能

[ポジション状況] (Position Window) には、最初の起動時には1つのタブが表示されます。さらにタブを追加して、1つのワークスペース内で、異なった取引活動のビューを作成できます。各タブに表示されてフィルタされたデータは、適宜、変更できます。タブの名前や配色も変更できます。以下の表により、[ポジション画面] (Position Pane) でタブが表示されます。