Try TT Now

X TRADER® JA

ポジション画面の表示区分

本ドキュメントは X_TRADER 7.17 とそれ以降のバージョン用ヘルプです。以前のバージョンのヘルプを表示するには、ここをクリックしてください。

[表示区分] (Grouping) というコンテキスト メニュー オプションを使用して、[ポジション画面] (Position Window) と [概要画面概要画面] (Summary Pane) での、ポジションのソート方法を決定できます。[ポジション状況] (Position Window) を分類する方法は、情報集計を表示する必要がある場合に、非常に便利です。

: 口座別、またはゲートウェイ別に表示区分されたポジションを確認する必要があります。

口座: 口座別にポジションを追跡する場合に使用します。

ブローカー (Broker): ブローカー ID 別にポジションを追跡する場合に使用します。

:このオプションは、ブローカー モードで X_TRADER を実行している場合のみ利用できます。

会社 (Company): 会社 ID 別にポジションを追跡する場合に使用します。

:このオプションは、ブローカー モードで X_TRADER を実行している場合のみ利用できます。

限月 (Contract): ツリー構造が必要でない場合に使用します。

注文 GW (Order GW): ゲートウェイ別にポジションを追跡する場合に使用します。これは既定表示です。

MGT (メンバー、グループ、トレーダー): ゲートウェイ ログイン別のポジション追跡に使用します。

成行 (Market): 同じ銘柄が複数のゲートウェイで取引される場合、複数の取引所の間での集合ポジションのに使用します。

ソース (Source): Autospreader、Autotrader、Fix Adapter などの個々のアプリケーションの操作を表示するのに使用されます。