Try TT Now

X TRADER® JA

ルーティング ルールの認証

本ドキュメントは X_TRADER 7.17 とそれ以降のバージョン用ヘルプです。以前のバージョンのヘルプを表示するには、ここをクリックしてください。

使用前に X_TRADER ではルーティング ルールの認証を行います。例えば、

  • 規則名に 32 ASCII 文字以上含まれていると、規則は拒否されます。

    注: X_TRADER のローカライズ版では、英語以外の文字を使用できます。

  • [注文区分 1] (Order Portion 1) のすべての欄を適切に生成する必要があります。
  • 生成された別の [注文区分] (Order Portion) に関しては、以下に示します。
    • 注文区分のすべての欄を適切に生成する必要があります。
    • [注文区分] は完全に生成された [注文区分] のすぐ左側にあります (注文区分間で差異がない場合など)。
    • [顧客] 欄は、[顧客プロファイル] (Customer Profile) に割り当てる必要があります。
    • 顧客は、[顧客設定] (Customer Defaults) ウィンドウで設定した口座番号が必要です。これがない場合、顧客はルーティング ルールの一部として選択できません。
    • [比率] (Ratio) 欄には、1 ~ 999 の整数を含んでいる必要があります。
    • [買/売] (B/S) 欄は空白にできません。

行から焦点を外すと、認証が行われます。行内でセルからセルに移動させても、認証が行われます。規則が認証を行わなかった場合、

  • [選択] (SEL) チェックボックスはオフの状態で、[ルーティング ルール] のすべての欄が適切に生成されるまで、無効になります。
  • 行数のセル背景色が赤で表示されると、行が認証に失敗したことを示しています。
  • 認証に失敗した行のセルは赤色で要約されるので、不正確なデータをすばやく識別できます。

注: 部分的に入力された行は [ルーティング ルール] ウィンドウが閉じられると保存されます。ただし、ウィンドウが再度開かれると、認証ルールを通過させない行のセルは、 赤色で要約されます。

警告: ブローカー ゲートウェイ、注文ゲートウェイ、および顧客プロファイルへの更新内容は、既存のルーティング ルールにインプリケーションできます。例えば、[顧客設定] (Customer Defaults) ウィンドウで顧客名を変更したり、顧客の選択を解除すると、すべての割り当て済みのルーティング ルールから顧客を除外して、割り当て先のルールがすべて無効になります。また取引ウィンドウからルーティング ルールが利用できなくなります。

例: 次の表に、有効なルーティング ルールの例を示します。

ルールブローカー Aブローカー Bブローカー C
2つのブローカー間で全ての注文を分割両方両方
ブローカー A に全買注文、ブローカー B に全売注文を送信買い売り
ブローカー A に買注文の大半を送信、ブローカー B に売注文の大半を送信、ブローカー C に両方サイドの一部を送信買い売り両方
ブローカー A に全買注文を送信買い
ブローカー A に全売注文を送信売り