Try TT Now

X TRADER® JA

ルーティング ルールの概要 (Routing Rules Overview)

本ドキュメントは X_TRADER 7.17 とそれ以降のバージョン用ヘルプです。以前のバージョンのヘルプを表示するには、ここをクリックしてください。

X_TRADER では、ブローカー間または口座間で、1つの注文を複数の注文区分に分割できます。[ルーティング ルール] (Routing Rules) ウィンドウを使って、既定の注文区分で規則を作成します。

[ルーティング ルール] (Routing Rules) ウィンドウは、[X_TRADER コントロール パネル] - [設定] (Settings) メニュー - [ルーティング ルール] (Routing Rules) からアクセスできます。

[ルーティング ルール] ウィンドウを以下に示します。グリッドの各行は、1つのルーティング ルールとして参照されます。

以下の表では、[ルーティング ルール] ウィンドウの欄を説明しています。

表示列詳細有効値 (Valid Values)
ルール名ルーティング ルール名の設定 (Name of the routing rule configuration)32 ASCII 文字まで設定可
選択 (SEL)

これをチェックすると、ルーティング ルールが有効になり、取引ウィンドウで使用できます (発注画面、MD Trader、オーダーバー)

注: ルーティング ルールのすべての欄が適切に生成されるまで、この欄は無効になっています。

チェック/チェック解除
注文区分 x

注文区分を定義します。

注: 既定で、注文区分 1、注文区分 2、注文区分 3 という3つのセクションを使用できます。10 注文区分まで定義できます。右クリック コンテキスト メニューから [注文区分の追加] (Add Order Portion) を選択して、注文区分を追加します。

ブローカー (X_TRADER ASP) または注文 GW (非 X_TRADER ASP)

注文区分に使用する Broker または注文 Gateway

注: ブローカーは TT User Setup で定義します。ブローカー列は、X_TRADER ASP 環境以外の環境では表示されません。注文 GW (Order GW) 列は、X_TRADER ASP 環境では表示されません。

<Blank>、TT User Setup で定義された利用可能なブローカー (X_TRADER ASP のみ)、利用可能な注文ゲートウェイ (非 X_TRADER ASP)
顧客 (Customer)顧客プロファイルは、[顧客設定] (Customer Defaults) ウィンドウで定義した注文区分に使用します (例: 注文 GW、口座番号など)<Blank>、[顧客設定] で設定した顧客プロファイル (<既定> 顧客以外)
比率

注文区分に割り当てられた、合計注文枚数の部分。規則の、すべての注文区分の合計に基づいて、比率として計算されます。

注: これはパーセント数ではありませんが、パーセント数形式のように値を入力できます。

<空白> または 1 ~ 999 の整数
買/売 (B/S)

注文区分に割り当てる注文のタイプは、両方 (Both)、買い (Buys)、売り (Sells) です。

  • [両方] に指定されている部分は、白色の背景色で表示されます。
  • [買い] に指定されている部分は、青色の背景色で表示されます。
  • [売り] に指定されている部分は、赤色の背景色で表示されます。
両方、買い、売り

ヒント: 既定でルーティング ルールは、ttdatfilesTTCONFIGRouting Rules フォルダに保存されています。グローバル プロパティの [発注] (Order Entry) タブの、[ルーティング ルール] セクションを使って、別の保存場所を設定できます。

注: ファイルが欠落しているか、ファイルが破損している可能性のある場合、X_TRADER は既定のルーティング ルール ファイルを作成します。またエラー メッセージが [システム履歴] (Audit Trail) に書き込まれます。