Try TT Now

X TRADER® JA

スプレッド価格表を使用した取引

本ドキュメントは X_TRADER 7.17 とそれ以降のバージョン用ヘルプです。以前のバージョンのヘルプを表示するには、ここをクリックしてください。

[スプレッド価格表] (Spread Matrix) では、スプレッド取引の1つのウィンドウ内で、すばやく発注画面を起動します。スプレッド価格表と簡易発注ウィンドウを使って、1つの銘柄のすべてのアウトライトと限月間スプレッドを取引できます。簡易発注ウィンドウを使って、以下の内容を実行できます。

  • 画面の使用面積を節約
  • 複数発注ウィンドウを置き換え
  • 発注画面の単純化

簡易発注スタイルの選択

簡易発注スタイルを選択するには

  1. [設定] - [プロパティ] - [発注] メニューを表示します。
  2. 簡易ウィンドウ セクションで、[有効ウィンドウ] (Enabled Windows) チェックボックスをクリックして、簡易発注スタイルを選択します。

  3. [OK] をクリックします。

注文の発注

スプレッドを取引するには、スプレッドを構成する任意のマーケット データ セルをクリックします。これで選択した簡易発注ウィンドウが表示されます。価格に対応して、希望する枚数を設定して注文を送信します。これでスプレッド取引を執行できます。

簡易発注スタイルで MD Trader を使用する場合、各限月を選択すると、簡易 MD Trader ウィンドウが限月情報と一緒に生成され、注文を発注する準備が整います。

ヒント: 価格、枚数、ポジションのセルをクリックして、簡易発注ウィンドウを起動できます。既定では、左クリックでアグレッシブ操作を開始できて、右クリックでパッシブ操作を開始できます。

アグレッシブ操作

  • 価格セルを左クリックすると、定義している場合は 0 枚数や既定の枚数を入力して、アグレッシブ操作を開始できます (売発注や買注文)。MD trader が (選択した) 簡易発注ウィンドウである場合、0 枚数または既定枚数 (設定している場合) が表示され、左クリックで MD Trader を起動できます。
  • ポジション セルを左クリックすると、現在のポジションをオフセットして枚数欄にポジションを入力することを目的とした、アグレッシブ操作を開始できます。
  • 枚数セルを左クリックすると、、マーケットから枚数値が投入され、アグレッシブ操作が開始されます。 [マーケット枚数の投入] プロパティは グローバル プロパティの [発注] タブにあり、既定で有効になっています。このプロパティが有効の場合、0 の枚数が簡易発注ウィンドウに投入されます。

  • [最大枚数超過時にはゼロ投入] (Seed zero if market qty exceeds max qty) プロパティにより、マーケットの枚数が最大発注枚数を超過すると、0 枚数が投入されます。このプロパティは、[マーケット枚数の投入] (Seed with market qty) が有効の場合に利用できます。

パッシブ操作

  • 既定では枚数セルを右クリックすると、0 枚数や既定の枚数が投入され、パッシブ操作が開始されます (買気配値で買い、または売気配値で売り)。右クリックしても MD Trader 簡易ウィンドウは起動されません。MD Trader を簡易発注ウィンドウとして選択した場合、価格または枚数セルを右クリックすると、コンテキスト メニューが表示されます。

    :価格や枚数以外のセル、ポジションセル、グリッドの外側の背景を右クリックすると、簡易発注ウィンドウが選択されていても選択されていなくても、右クリック コンテキスト メニューが表示されます。簡易発注画面 または オーダーバー を使用している場合、Ctrl+右クリック でコンテキスト メニューが表示されます。

  • [発注画面] または [オーダーバー] が、(選択した) 簡易発注ウィンドウである場合、グローバル プロパティの [発注] タブから、[左クリックでジョイン] (Join on Left Click) にアクセスできます。

    [左クリックでジョイン] (Join on Left Click) を有効に設定している場合、左クリックと右クリック操作は逆転します。

    • 枚数または価格セルを左クリックすると、パッシブ操作を開始できます。
    • 枚数または価格セルを右クリックすると、アグレッシブ操作を開始できます。

[スプレッド価格表] (Spread Matrix) ウィンドウを使用して取引するには、以下の手順を行います。

簡易発注を使用して取引するには

  1. X_TRADER ASP 環境にログインしている場合、[ブローカー] (Broker) ドロップダウンを使って、希望するブローカーを選択します。

  1. 任意の値セルまたは枚数セルをクリックして、[簡易発注] ウィンドウを生成します。これにより、任意の簡易発注ウィンドウを表示できます (発注画面MD Traderオーダーバー)。

  2. 必要に応じて注文の詳細を追加して、注文を送信します。

簡易板情報ウィンドウを使用して取引するには

  1. [銘柄情報] (Market Grid) または [スプレッド価格表] (Spread Matrix) ウィンドウで、取引する銘柄の価格または枚数欄にカーソルを重ねます。
  2. グローバル プロパティの [取引] タブで設定下プロパティにもとづいて、[簡易板情報] (Floating Depth Window) を起動します (マウスでポイントまたは中央クリック)。

  1. 取引する価格の行をクリックします。これでクリックした限月と価格の値が、簡易発注ウィンドウに投入されます。
  1. 必要に応じて注文の詳細を追加して、注文を送信します。

注文の管理

[簡易注文一覧] (Floating Order Book) を使って約定待ち注文を管理できます。[スプレッド価格表] (Spread Matrix) の枚数セルを中央クリックすると、[簡易注文一覧] (Floating Order Book) が表示されます。約定待ち注文を中央マウス クリックした際に、[簡易注文一覧] (Floating Order Book) が表示されるという点で、[相場状況] (Market Window) と MD Trader とは異なります。

注: グローバル プロパティの [取引] タブから、簡易注文一覧を起動する方法を指定できます。[簡易注文一覧] (Floating Order Book) の起動方法は、[簡易板情報] (Floating Depth Window) とは異なります。

約定待ち注文の取消し

既定で [スプレッド価格表] (Spread Matrix) には 3つの取消ボタンが表示されます。これで、現在選択している [スプレッド価格表] タブに表示される限月の約定待ち注文を削除できます。

  • [全取消] (Cancel ALL) は、現在のタブに表示されている限月のアウトライト注文とすべての約定待ちスプレッドを取り消します。
  • [スプレッドの取消] (Cancel Spreads) は、現在のタブに表示されているすべてのスプレッド注文を取り消します。

    : [スプレッドの取消] (Cancel Spreads) で、現在のタブに表示されている限月のアウトライト注文は、まったく取り消されません。

  • [スプレッドの取消] (Cancel Spreads) は、現在のタブに表示されているすべてのアウトライト注文を取り消します。

    : [アウトライトの取消] (Cancel Outrights) で、現在のタブに表示されている限月のスプレッド注文は、まったく取り消されません。

取消ボタンで、別の [スプレッド価格表] タブの別の限月の注文や、[シリーズの表示と非表示] (Show/Hide Series) 右クリック コンテキスト メニュー オプションを使って非表示にした注文は取り消されません。

ヒント: グローバル プロパティの [スプレッド価格表] タブにある、[注文取消ボタン] (Cancel order buttons) の設定を選択解除すると、取消ボタンを非表示にできます。

ポジションの管理

ポジションは各アウトライトで表示されるので、すべての銘柄の期日を容易に把握できます。青色はポジションがロングであり、赤色はショートであることを示します。また灰色はポジションがフラットであることを示しています。