Try TT Now

X TRADER® JA

簡易歩み値ウィンドウ

本ドキュメントは X_TRADER 7.17 とそれ以降のバージョン用ヘルプです。以前のバージョンのヘルプを表示するには、ここをクリックしてください。

[簡易歩み値] (Floating Time and Sales) ウィンドウを起動するには、[銘柄情報] (Market Grid) コンテキスト メニューから有効にして、次に [銘柄情報] (Market Grid) に限月を選択します。

[簡易歩み値] (Floating Time and Sales) を設定して、複数の取引が同じ価格帯で発生した場合に、一定の期間内に蓄積された取引枚数を表示できます。

[簡易歩み値] (Floating Time and Sales) ウィンドウを設定するには

  1. [簡易歩み値] (Floating Time and Sales) ウィンドウの時間列を選択して、フィルターする時間の時間範囲を入力します (開始時間と終了時間)。次に [OK] をクリックします。例: 

  2. 価格列をクリックして値幅を入力します。
  3. [枚数] (Qty) 列をクリックして、最小枚数と最大枚数の範囲を設定します。