Try TT Now

X TRADER® JA

MD Trader – 注文管理

本ドキュメントは X_TRADER 7.17 とそれ以降のバージョン用ヘルプです。以前のバージョンのヘルプを表示するには、ここをクリックしてください。

マウスを使用した注文枚数の変更

MD Trader では、ほとんどのユーザーはキーボードを使って [注文枚数] (Order Quantity) 欄に注文枚数を入力します。ただし、マウス ホイールを使って注文枚数を変更することもできます。

マウスホイールで注文枚数を変更するには、以下の制約が伴います。

  • まず Guardian による制約が考えられます。また [MD 取引] (MD Trading) タブで定義された最大取引枚数の制限もあります。
  • 注文枚数は10単位ごとに追加または削除できます。

マウスを使用して注文枚数を変更するには、以下の手順を行います。

枚数変更プロパティを設定するには

  1. MD Trader を開きます。
  2. MD Trader を右クリックして [プロパティ] を選択します。
  3. [注文枚数欄にて左/右クリックで変更を有効にする] (Enable qty change on left/right click in edit fields) オプションをクリックして選択します。
  4. 次に今後起動した MD Trader ウィンドウすべてにこのプロパティを適用するには、[共通既定に設定] (Set as Global Default) をクリックします。
  5. [OK] をクリックします。

マウスを使用して注文枚数を変更するには

  1. 枚数変更プロパティを設定します。
  2. [注文枚数] (Order Quantity) ボックスをクリックします。

  1. マウスホイールを動かして注文枚数を増加、減少させます。

約定待ち注文の変更

MD Trader では、約定待ち注文をドラッグ アンド ドロップして他の場所へ移動できます。

約定待ち注文をドラッグ アンド ドロップするには

  1. [残枚数] (Working Quantity) 列にある価格と約定待ちのセル情報を右クリックして保持します。

警告:特に注意すべきこととして、右クリックした後に指を離すと、その注文は削除されますのでご了承ください。

  1. 価格/枚数を、希望するセルまでドラッグ アンド ドロップしてボタンを解放します。

注文の取消

MD Trader で注文を取消するには、以下の手順を行います。

すべての注文を取消すには

[直近枚数 列をクリック時に注文をすべて取消] (Delete all when LTQ column clicked) プロパティが有効な場合は、[直近枚数表示] (Last Traded Quantity) 列のグリッドセルを右クリック、または左クリックして、すべての買待ち注文と売待ち注文を取消できます。

または

[全取消] (Delete All) ボタンをクリックします。

1件の注文を取消するには

注文を1件のみ取消すには、[残枚数] (Working Quantity) 列にて注文のセルをクリックします。

買い注文または売り注文を取消するには

[売買注文の削除] (Delete Bid/Ask) プロパティが有効な場合:

  • すべての買待ち注文を取消するには、青の [n を削除] をクリックします。
  • すべての売待ち注文を取消するには、赤の [n を削除] をクリックします。

特定値注文の残枚数をすべて取消すには

[残枚数] (Working Quantity) 列にて、右クリックまたは左クリックします。

例えば、5件の注文の残枚数が50枚 (10ロット x 5) の場合、5件の注文すべてが削除されます。また、50 ロット注文が1件ある場合は、この1件の注文が削除されます。

注文のフィルタ

MD Trader で表示される注文を、顧客またはブローカー別にすばやくフィルタできます。フィルタが、ブローカーまたは顧客に関連する注文のみに適用されると、MD Trader にて表示されます。

MD Trader にて注文をフィルタするには

  1. ブローカーまたは顧客の左上をクリックします。

    左上が赤に変わり、限月名の後に、フィルタが適用されたことを示す [フィルタ適用] (Filters On) が表示されます。

    ヒント:フィルタ有効時に別のブローカーまたは顧客口座を選択すると、特定のブローカーまたは顧客の約定待ち注文、ネット ポジション、平均値が表示されます。

    .
  2. フィルタを除去するには、左上を再びクリックします。

    フィルタが除去されます。

ユーザーの注文のみ表示

他のトレーダーと [注文一覧] を共有している場合は、MD Trader を自己注文のみにフィルタできます。

これは [ユーザーの注文のみ表示] (View My Orders Only) というコンテキスト メニュー オプションを使用して実行します。

一度選択すると、 アイコンが価格列の上に表示されます。これは MD Trader で自分の注文のみ表示されていることを示します。

約定待ち列の略称の読み取り

約定待ち列の略称は、約定待ち注文を追跡するのに便利です。

注文が発注されて約定を受信していない場合、注文は約定待ち (W) となります。

買 (B) または売 (S) 注文が約定を受信しても、約定待ちの枚数がある場合があります。

非公開 (U) 枚数は、マーケットに入力されていない注文を発注した際に表示されます。

非公開枚数を含む条件注文は以下のとおりです。

  • ストップ注文
  • イフ タッチ注文

公開 (D)枚数は、注文の発注時に表示されます。これは全体の注文部分を非表示にします。公開枚数が表示されると、非公開 の略称により、以前として非表示になっている注文の部分が表示されます。

公開枚数を含む条件注文

  • アイスバーグ
  • 時間切り
  • 出来高切り
  • 時間制限
  • 出来高制限

合成スプレッド注文は、Autospreader がスプレッド注文の約定待ち、待機、レッグ済、約定済の枚数の保持と更新を行っている間は、一定期間有効となります。合成注文の寿命は、約定待ち、待機、レッグ済がすべてゼロになるか、またはスプレッド注文が取り消された際に終了となります。

: 時間切り注文で 100 銘柄買う場合、同じ価格で、一度に10 銘柄を10秒の間隔で分散させずに発注する場合は、次のように表示されます。

15 秒後、10銘柄の「子」注文が2つ、マーケットに発注され、そのうち1銘柄が執行されました。

Autospreader の注文列の略称

クォート注文をすべて送信して、1つも約定しなかった場合、Autospreader 注文は 約定待ちになります。

推定優先順位の表示

推定優先順位 (EPIQ) は、MD Trader と [銘柄情報] (Market Grid) で確認できます。推定優先順位は、取引注文の価格での優先順位を示します。

  • 推定優先順位が 10 の場合は、取引注文の前に約 10 個の銘柄があることを意味します。
  • その内 3 枚が約定すると、推定優先順位 は 7 に変更されます。
  • 推定優先順位が 0 になると、取引注文は次に約定することになります。

:推定優先順位は、取引所から送信されるものではありません。 は、その注文の前にある取引枚数に基づいて、推定優先順位を算出します。X_TRADER は、ユーザーの注文の前に実行されている取引枚数に基づいて、推定優先順位を算出します。取り消された注文やプロラタ配分は計算されません。

推定優先順位列を表示するには

  1. MD Trader を右クリックして [プロパティ] を選択します。
  2. [MD 表示] (MD Display) タブをクリックします。
  3. 列セクションで [推定優先順位 (EPIQ)] (Estimated Position in Queue) プロパティをクリックして選択します。
  4. 次に開かれた MD Trader ウィンドウにすべてこのプロパティを適用するには、[共通既定に設定] (Set as Global Default) をクリックします。
  5. [OK] をクリックします。

MD Trader

MD Trader の推定優先順位は、注文枚数列の左側に複数列として表示されます。

推定優先順位を表示するには、[MD Trader 表示] タブの列セクションで、プロパティをクリックして選択します。

色コード

MD Trader では、推定優先順位数は色コード化され、注文情報が見やすく表示されます。

  • 既定では、推定優先順位数は黒で表示されます。
  • 注文がインサイドマーケットの場合は、推定優先順位数が白に変わります。
  • 注文の優先順位が1になると、黄色に変わります。

推定優先順位の色は、[MD 配色] (MD Color) タブで設定できます。