Try TT Now

X TRADER® JA

MD Trader – 発注画面

本ドキュメントは X_TRADER 7.17 とそれ以降のバージョン用ヘルプです。以前のバージョンのヘルプを表示するには、ここをクリックしてください。

MD Trader での注文ゲートウェイまたはブローカーの選択

[ルーティング設定] (Routing Configuration) ダイアログ ボックスを使って、注文ゲートウェイまたはブローカーを選択できます。このダイアログ ボックスは [発注画面] (Order Pane)、MD Trader、オーダーバーから利用できます。 取引ウィンドウから [ルーティング設定] (Routing Configuration) ダイアログ ボックスを開くには、[ルーティング] (Routing) 欄または顧客ハイパーリンクをクリックします (X_TRADER ASP 環境で利用可)。

:

ブローカーを選択するには

  1. 取引ウィンドウに銘柄を投入します。
  2. 発注枚数とその他の必要な注文パラメータを設定します。
  3. [ルーティング設定] (Routing Configuration) ダイアログ ボックスを開きます。

  4. 該当するブローカーを選択します。
  5. 複数の注文ゲートウェイが利用可能な場合、注文ゲートウェイを選択します。
  6. 顧客を選択します。
  7. 追加情報を入力します (例: FFT2, FFT3)。

  8. 注文ルーティング パラメータの設定が完了すると、[OK] をクリックします。

ルーティング ルールの適用

ルーティング ルールを適用させて、[ルーティング設定] (Routing Configuration) ダイアログ ボックスを使って、1つの注文を複数の注文に分割できます。このダイアログ ボックスは [発注画面] (Order Pane)、MD Trader、オーダーバーから利用できます。 取引ウィンドウから [ルーティング設定] ダイアログ ボックスを起動させるには、[ルーティング] 欄をクリックします。また [発注画面] (Order Pane) の [Routing] 欄の右にある、[参照] (Browse) ボタンをクリックできます。

:

  • ブローカーが1つ、または注文ゲートウェイ (非 X_TRADER ASP) が1つしか利用できなく、ルーティング ルールが定義されていない場合、ルーティング セクションは表示されません。利用可能な顧客が一覧されて、[顧客] セクションのみが表示されます。
  • 選択したゲートウェイがダウンしてる場合、注文を送信しても拒否されます。拒否注文に関する詳細は、「システム履歴」を参照してください。

ヒント:キーボードの [タブ] キーを押すと、すばやく [ルーティング設定] (Routing Configuration) ダイアログに移動して、次の欄に焦点を当て、[タブ+シフト] (Tab+Shift) キーを押すと、前の欄に戻ることができます。

ルーティング ルールを適用させるには

  1. [ルーティング ルール] ウィンドウを使用して、ルーティング ルールを定義して有効にします。
  2. 取引ウィンドウに銘柄を投入します。
  3. 発注枚数とその他の必要な注文パラメータを設定します。
  4. [ルーティング設定] (Routing Configuration) ダイアログ ボックスを開きます。
  5. 該当するルーティング ルールを選択します。
  6. 注文ルーティング パラメータの設定が完了すると、[OK] をクリックします。発注画面にルーティングのプレビューが表示されます

    ルーティング プレビュー - 発注画面

注文の送信

MD Trader にて注文を送信するには

  1. MD Trader の [銘柄選択] (Instrument Explorer) から銘柄を選択します。

    :[銘柄検索] (Market Explorer) から銘柄を選択して、MD Trader を起動することもできます。

  2. MD Trader にて、コンテキスト メニューにアクセスし、[プロパティ] を選択します。
  3. [発注画面] (Order Entry) セクションの [最大注文枚数] (Maximum order quantity) を設定して、[OK] をクリックします。
  4. 注文枚数を選択するか、または枚数設定ボタンをクリックして枚数を設定します。
  5. 注文を発注する価格の横にある板画面をクリックします。

: 買いは赤を、売りは青をクリックします。黒枠はインサイド マーケットです。

有効なデータを入力すると、注文はマーケットに送信されます。[システム履歴] (Audit Trail) ウィンドウには、[OK] ステータスと [追加] の操作が入力されたメッセージが表示されます。

確認済み注文の送信

X_TRADER は、注文を送信する前に確認ができるように、適切な位置にて制御しています。

注文確認を有効にして注文を確認するには

  1. MD Trader プロパティ メニューの [発注] セクションにて、[発注の伝票を表示] (Display confirmation box on order entry) チェックボックスをクリックします。[OK] をクリックします。

  2. 注文を送信します。

    [発注確認] (Confirm Order) ウィンドウが開きます。

  3. [送信] (Submit) をクリックします。

MD Trader のワンクリック取引

MD Trader では、マウスのワンクリックを使って、銘柄の売買ができます。この機能により、トレーダーは気配全域で銘柄をワンクリック取引できます。グリッドには銘柄の気配が表示され、希望のセルをクリックするだけで発注できます。

MD Trader でワンクリック注文を使用するには、 以下の手順を行います。

ワンクリック注文を設定するには

  1. MD Trader を開きます。
  2. MD Trader を右クリックして [プロパティ] を選択します。
  3. [注文パラメータ] (Order Parameter) セクションに [最大注文枚数] (Maximum Order Quantity) を入力します。最大取引枚数の設定 を参照してください。
  4. 次に開かれた MD Trader ウィンドウにすべてこのプロパティを適用するには、[共通既定に設定] (Set as Global Default) をクリックします。
  5. [OK] をクリックします。

MD Trader でワンクリック注文を使用するには

  1. ワンクリック注文を設定します。
  2. MD Trader を開きます。
  3. 顧客プロファイルを選択します。
  4. 注文枚数を入力します。
  5. ワンクリック注文を執行するには以下の表を参照してください。

買列または売列で左クリック欄 (Left-click in the Buy or Ask)

売買注文は即時に取引所に送信されます。枚数欄は、注文枚数を示します。行をクリックして、価格を決定します。

取引内容...左クリック...マーケット結果...
買い

買枚数列

セル内に買枚数がなく、隣の売枚数列に売枚数がある場合、 買成行注文を執行します。

セル内に買枚数がある場合は、買気配値で発注します。

売り

売枚数列

セル内に売枚数がなく、隣の買枚数列に買枚数がある場合、 売成行注文を執行します。

セルに売枚数が存在する場合は、売気配値で発注します。

買列または売列で右クリック欄 (Right-click in the Buy or Ask)

一定値までの全値に売買注文が即時に取引所に発注されます。行をクリックして、価格を決定します。

取引内容...右クリック...マーケット結果...
買い

買枚数列

売気配値から価格帯の間に存在する全銘柄に、買い注文を送信します。

売り

売枚数列

買枚数値から価格帯の間に存在する全銘柄に、売り注文を送信します。

買指値または売指値のどちらかのみがあるセルを右クリックしても、注文は実行されません。

ストップ注文の発注

MD Trader では、ストップ成行注文とストップ指値注文を発注できます。ストップ指値注文に関しては、入力したストップ値からのティック数も設定できます。ストップ注文は、[MD 取引] タブで有効にします。

MD Trader でストップ注文を発注するには、以下の手順を行います。

ストップ成行注文機能を有効にするには

  1. MD Trader ウィンドウで右クリックしてコンテキスト メニューを開き、[プロパティ] をクリックします。
  1. [MD 取引] (MD Trading) タブをクリックします。
  2. [有効注文タイプ] (Enable Order Types) セクションで、[ストップ成行注文] (Stop Market Orders) オプションをクリックして選択します。
  3. 今後実行するすべての MD Trader ウィンドウにこのプロパティを適用するには、[共通既定に設定] (Set as Global Default) をクリックします。
  4. [OK] をクリックして MD Trader に戻ります。

SM と表示されたボタンが MD Trader に表示されます。

ストップ指値注文機能を有効にするには

  1. ストップ指値注文機能をローカルで有効にするには、MD Trader ウィンドウで右クリックしてコンテキスト メニューを開き、[プロパティ] をクリックします。
  1. [MD 取引] (MD Trading) タブをクリックします。
  2. [有効注文タイプ] (Enable Order Types) セクションで、[ストップ指値注文] (Stop Limit Orders) オプションをクリックして選択します。
  3. ストップ指値をストップ値からのティック数で設定する場合は、 ティック数を [ストップ指値の設定] (Set Stop Limit Price) 欄に入力します。
  4. 今後実行するすべての MD Trader ウィンドウにこのプロパティを適用するには、[共通既定に設定] (Set as Global Default) をクリックします。
  5. [OK] をクリックして MD Trader に戻ります。

SL と表示されたボタンが MD Trader に表示されます。

ストップ成行注文を設定するには

  1. マーケットに発注する枚数を選択します。
  2. MD Trader の SM をクリックします。

カーソルと [ストップ指値] (SL) ボタンが黄色に変わります。

  1. 黄色のカーソルを [買枚数] または [売枚数] 列のストップ値を設定するティック値の横まで移動します。
  2. マウスをクリックします。

注文枚数は、[残枚数] (Working Quantity) 列にストップ注文として表示されます。

ストップ指値注文を設定するには

  1. マーケットに発注する枚数を選択します。
  2. MD Trader の SL ボタンをクリックします。

カーソルと [ストップ指値] (SL) ボタンが黄色に変わります。

  1. 黄色のカーソルを [買枚数] または [売枚数] 列のストップ値を設定するティック値の横まで移動します。
  2. マウスをクリックします。

注文枚数は、[残枚数] (Working Quantity) 列にストップ注文として表示されます。

MD Trader の顧客プロファイルの選択

取引所によっては、取引発注前に顧客名の指定を要求する場合があります。

: CME では必須となっています。

顧客プロファイルは、[顧客リスト] (Customer List) の中から選択します。[顧客リスト] を管理するには、[コントロールパネル] の [設定] (Settings) メニューで [顧客設定] (Customer Default) をクリックします。

MD Trader の顧客プロファイルを選択するには

  1. クロック ティッカーの2つ下のセルにある [下矢印] をクリックします。

  1. リストから顧客名を選択しクリックします。

MD Trader の顧客プロファイルの選択

取引所によっては、取引発注前に顧客名の指定を要求する場合があります。

: CME では必須となっています。

顧客プロファイルは、[顧客リスト] (Customer List) の中から選択します。[顧客リスト] を管理するには、[コントロールパネル] の [設定] (Settings) メニューで [顧客設定] (Customer Default) をクリックします。

MD Trader の顧客プロファイルを選択するには

  1. クロック ティッカーの2つ下のセルにある [下矢印] をクリックします。

  1. リストから顧客名を選択しクリックします。

有効期限の設定

既定では MD Trader にて発注済のすべての注文は GTD となります (該当日の終日まで有効)。 ただしこの設定は、いくつかの方法にて設定を上書きできます。

  • まず [発注設定] (Order Defaults) ウィンドウを使用して、発注テンプレートを作成できます。発注テンプレートを一度作成すると、顧客プロファイルに発注テンプレートを割り当てできます。次に MD Trader にて注文を発注する前にボタンを選択できます。

[発注設定] (Order Defaults) ウィンドウで取引有効期限 (TIF) を設定します。

  • 第2に、[プロパティ] メニューの [MD 取引] タブにて、注文ボタンに GTC または発注テンプレートを設定できます。次に MD Trader で注文を発注する前にボタンを選択できます。

既定枚数の設定

MD Trader では、[既定枚数] の設定は必須ではありませんが、一度注文が発注されると、[注文枚数] 欄の値が引き続き既定枚数としてリセットされます。

あるいは [既定枚数] 欄を消去して、[注文枚数] を永続的に設定できます。

最大注文枚数は、最大注文枚数 (Maximum order quantity) プロパティで設定できます。ただし、Guardian により設定された制約は、このプロパティよりも優先されます。

既定枚数を設定するには

  1. CLR ボタンの下にある既定枚数 (Default Quantity) 欄をクリックします。
  2. キーボードの Delete キーを使用して、既定枚数欄の値をクリアにします。
  3. 既定枚数を入力します。

    または

    既定枚数 (Default Quantity) 欄を空欄にして、指定された注文枚数 (Order Quantity) 欄が永続するようにします。

  4. Enter を押して既定枚数を設定します。

取引枚数の設定

MD Trader で取引を行うには、[注文枚数] (Order Quantity) 欄に値を設定する必要があります。一度注文を送信すると、注文枚数欄の値は [既定枚数] (Default Quantity) 欄の値にリセットされます。

MD Trader でのアルゴの起動

他の注文タイプができるのと同様に、MD Trader からアルゴをすばやく起動できます。また [MD 取引] タブにある MD Trader 注文ボタン にアルゴを割り当てることもできます。 OMA を起動した後、親注文一覧] (Parent Order Book) または [アルゴ ダッシュボード] (Algo Dashboard) ウィンドウから、その状況を管理して監視できます。

警告! TT では、ライブ取引環境でアルゴを実行する前に、TT SIM を使ってアルゴをテストすることを強くお勧めしています。詳細は 「デモ取引モードでの X_TRADER の実行」 を参照してください。

MD Trader にて OTA を起動するには

  1. MD Trader にて銘柄を起動します。
  2. 枚数を選択します。
  3. 次のうちの1つを実行します。
    • [注文タイプ] メニューから、アルゴ タイプを選択します。

      または

    • アルゴに割り当てられている注文ボタンをクリックして選択します。

    アルゴ変数 [OTA] ダイアログ ボックスが表示されます。

  4. 必要に応じて、アルゴ変数を編集します。
  5. [] または [] 列にカーソルを移動させます。
  6. マウスをクリックします。

MD Trader にて OMA を起動するには

  1. [プロパティ] メニューの [取引] (Trading) タブにて、簡易注文一覧プロパティを必ず設定します。
  2. プロパティの設定に従って、約定待ち注文の上にカーソルを重ねるか、クリックします。簡易注文一覧が表示されます。
  3. 該当する注文にカーソルを重ねると、変更ボタンが表示されます。
  4. アルゴボタンをクリックします。アルゴ変数 [OMA] ダイアログ ボックスが表示されます。

  5. ドロップダウン リストから該当する OMA を選択します。
  6. 必要に応じて、アルゴ変数を編集します。
  7. [開始] (Start) をクリックします。

ポジションの手仕舞い

手仕舞い (Liquidate) 機能を使って、ポジションをフラットにできます。 MD Trader が反対売買注文を送信する前に、その銘柄の約定待ち全注文に対して削除要求が送信されます。既存の約定待ち注文が約定した場合には、再度トレードアウト要求を送信する必要があります。指値注文または成行注文を入れることにより、ポジションを手仕舞いにできます。

指値注文による手仕舞いを選択した場合は、MD Trader がポジション (ロングまたはショート) を確定し、そのインサイドマーケット値をフラットポジションにするために必要な手仕舞いティック数を算出します。ロングの場合は、買値を評価します。ショートの場合は、売値を評価します。

特定の手仕舞いティック数を割り当てる事により、発注した (または実行された) 注文がインサイドマーケット範囲外に出ることを防ぎます。[手仕舞い] (Liquidate) ボタンをクリックすると、現在値に基づいて指値注文が出されます。マーケット変動のため、該当する反対売買注文の価格がなくなった場合は、指値注文は入力した価格での約定待ち注文となります。

ポジションを手仕舞いするには、以下の手順を行います。

手仕舞いの方法を設定するには

  1. MD Trader を開きます。
  2. MD Trader を右クリックして [プロパティ] を選択します。
  3. [手仕舞い] (Liquidate) セクションにて、次の方法を選択します。
  • 手仕舞いティック数の指値注文 <n#>を使用
  • 成行注文を使用
  1. 次に開かれた MD Trader ウィンドウにすべてこのプロパティを適用するには、[共通既定に設定] (Set as Global Default) をクリックします。
  2. [OK] をクリックします。

マウスを使用してポジションを手仕舞いするには

  1. 手仕舞いの方法は、ローカルまたはグローバルで設定できます。
  2. MD Trader の [手仕舞い] (Liquidate) ボタンをクリックします。

MD Trader では、オフセット注文を送信する前に、その銘柄の全約定待ち注文に対して削除要求が送信されます。MD Trader はその後、ユーザーのクレジット リミット (与信限度額) とは関係なく、ポジションをゼロにするためのオフセット注文を送信します。

これでマウスを使用して正常にポジションを手仕舞いできました。

キーボードを使用してポジションを手仕舞いするには

  1. 手仕舞いの方法は、ローカルまたはグローバルで設定できます。
  2. Shift+T キーを押します。

MD Trader では、オフセット注文を送信する前に、その銘柄の全約定待ち注文に対して削除要求が送信されます。MD Trader はその後、ユーザーのクレジット リミット (与信限度額) とは関係なく、ポジションをゼロにするためのオフセット注文を送信します。