Try TT Now

X TRADER® JA

MD Trader – 設定

本ドキュメントは X_TRADER 7.17 とそれ以降のバージョン用ヘルプです。以前のバージョンのヘルプを表示するには、ここをクリックしてください。

MD Trader へのサウンドの追加

サウンドカードとスピーカー付パソコンを使用している場合は、MD Trader に効果音を設定できます。効果音は、次の2つのプロパティ ウィンドウで管理および設定変更できます。

  • サウンド タブ
  • トレードサウンドダイアログボックス

サウンド (Sounds) タブ では、左クリックまたは右クリックに割り当てる効果音を設定します。これらの効果音は、以下の列をクリックした際に鳴ります:

  • 買い サイド
  • 売り サイド
  • 残枚数
  • 直近枚数

X_TRADER に関連するこれ以外の効果音も、[サウンド] タブで設定できます。

トレードサウンド (TradeSounds) ダイアログボックスは、取引所から取引の更新情報を受信した時の効果音を設定します。この効果音機能はいつでも設定変更でき、最大5段階まで設定可能です。

平均値の強調表示

平均値の強調表示を有効にすると、自動的にショートとロングの平均始値が表示されます。既定では有効です。

ショートの平均始値は青太字で、ロングの平均始値は赤太字で表示されます。

:ロングでは平均値の端数を切り上げ、ショートでは切り捨てます。

平均値の強調表示を設定するには

  1. MD Trader を開きます。
  2. MD Trader を右クリックして [プロパティ] を選択します。
  3. [MD 表示] (MD Display) タブをクリックします。
  4. [ポジションの平均値を表示] (Display Average Price of Position) オプションをクリックします。
  5. 次に開かれた MD Trader ウィンドウにすべてこのプロパティを適用するには、[共通既定に設定] (Set as Global Default) をクリックします。
  6. [OK] をクリックします。

カスタム値表示列の作成

MD 拡張設定 (MD Advanced) タブを使用して、MD Trader にカスタム値表示列を作成できます。カスタム値表示 (UDP) 列は、価格列の隣に表示され、銘柄に関する 前日比 (Net Change)、イールド表示値 (Price As Yield)、最終利回り (Yield-To-Maturity)、または指定した銘柄のカスタム プライシング モデルを表示するように設定できます。

以下の例では、前日比は小数点で表示されています。

カスタム値表示列の作成に関するヘルプは、[MD 拡張設定] タブ を参照してください。

:[価格統合] ([MD 表示] タブ) と [カスタム値表示列を有効にする] (MD 拡張設定 タブ) の両方を有効にすると、価格がまず統合されます。価格統合は、すべての計算に使用されます。

カスタム値表示列の無効値

最終利回りの表示 (Display Yield-To-Maturity) 設定は、処理順序に基づいて計算される「N.A」とカスタム値表示列に表示される場合があります。これは、無効値を銘柄のプロパティのパラメータとして設定した時などに発生します。

MD Trader の既定枚数ボタンのカスタマイズ

MD Trader のプリセット注文枚数ボタンをカスタマイズできます。これらのボタンは、ワークスペースの一部として保存されます。

カスタムのプリセット注文枚数を設定するには

  1. [プリセット注文枚数] (Preset Order Quantity) ボタンをクリックします。
  2. キーボードを使用して値を入力します。
  3. [Enter] (入力) キーを押します。

縮小版 MD Trader の表示

縮小版の MD Trader を表示するには、以下の手順を行います。

プロパティ メニューを使用して縮小版 MD Trader を表示するには

  1. MD Trader を右クリックして [プロパティ] を選択します。
  2. [表示] (Display) オプションをクリックします。
  3. [縮小版 MD Trader] をクリックして選択します。
  4. [OK] をクリックします。

コンテキスト メニューを使用して縮小版 MD Trader を表示するには

  1. MD Trader を開きます。
  2. 右クリックして、コンテキスト メニューにアクセスします。
  3. [縮小モード] (Small Mode) をクリックします。

タイトルバー ボタン

縮小版ウィンドウには、[ズーム] (Zoom) ボタンと [銘柄選択] (Market Explorer) ボタンは自動的には表示されません。そのため、銘柄および限月は、MD Trader タイトルバーで確認できます。タイトルバー ボタンを表示するには、[プロパティ] メニューの [MD 表示] (MD Display) タブで、 プロパティ内の [タイトルバーボタンの非表示] (Titlebar Buttons) を無効にします。または、コンテキスト メニューの [タイトルバー ボタンの表示と非表示] (Show/Hide Titlebar Buttons) オプションを使用して、 特定の MD Trader のタイトルバー ボタンを表示または非表示に設定できます。

MD Trader を手前に表示

[MD 表示] (MD Display) タブのプロパティにて、 MD Trader を常に他の X_TRADER ウィンドウ上に表示するように設定できます。

最前面表示の機能を有効にするには

  1. MD Trader を開きます。
  2. MD Trader を右クリックして [プロパティ] を選択します。
  3. [MD 表示] (MD Display) タブをクリックします。
  4. [MD Trader を手前に表示] (Keep MD Trader on Top) オプションを選択します。
  5. 今後実行するすべての MD Trader ウィンドウにこのプロパティを適用するには、[共通既定に設定] (Set as Global Default) をクリックします。
  6. [OK] をクリックします。

グリッド列の移動

MD Trader の列をドラッグ アンド ドロップでグリッド内の別の位置に移動できます。

MD Trader の列をドラッグ アンド ドロップでグリッド内の別の位置に移動するには

  1. 移動する列の最上部をクリックします。

マウスポインタの下に、列の外画面が表示されます。

  1. 再度移動させる列をクリックしてマウスを保持します。
  2. 希望する位置 (右または左) に列を移動させます。

赤線は列の移動先を示します。

  1. マウスを解放します。

列が新しい位置へ移動します。

MD Trader ウィンドウのサイズ変更

マウスを使用して MD Trader の縮小サイズを選択すると、横スクロールバーは非表示になり、板情報表示の右側は省略されます。

ウィンドウを調整して MD Trader に合わせるには

MD Trader を右クリックしてコンテキスト メニューにアクセスし、[サイズ変更] (Size to Fit) をクリックします。

MD Trader のサイズが適切な大きさに拡大されて、スクロールバーが非表示になります。

最大取引枚数の設定

MD Trader では、取引を開始する前に、[MD 取引] (MD Trading) タブの [最大注文枚数] (Maximum order quantity) プロパティの値を設定する必要があります。最大取引枚数を設定する事により、その枚数以上の枚数の注文を発注することを防ぎます。例えば、最大取引枚数が50枚に設定されている場合は、300枚のマーケットスウィープは実行できません。

:最大注文枚数の設定に関する例外を以下に示します。

最大取引枚数を設定するには

  1. MD Trader を開きます。
  2. MD Trader を右クリックして [プロパティ] を選択します。
  3. [注文パラメータ] (Order Parameter) セクションに、最大注文枚数を入力します。
  4. 次に開かれた MD Trader ウィンドウにすべてこのプロパティを適用するには、[共通既定に設定] (Set as Global Default) をクリックします。
  5. [OK] をクリックします。