Try TT Now

X TRADER® JA

発注画面を使用した注文の送信

本ドキュメントは X_TRADER 7.17 とそれ以降のバージョン用ヘルプです。以前のバージョンのヘルプを表示するには、ここをクリックしてください。

発注画面を使用して注文を送信するには

  1. 顧客口座を選択します。ここでは、1つまたは複数の [顧客設定 プロファイル] (Customer Default profiles) を設定することを想定しています。

:<既定>プロファイルを用いて、すぐに取引を開始することができます。このプロファイルでは、エージェント口座には GTD 指値注文を使用します。パラメータは変更できます。手動で変更する必要がないように、カスタマイズしたプロファイルを作成するには

  1. 適当な銘柄行の買い注文または売り注文セルをクリックします。

発注画面 (Order Entry) の価格および銘柄情報は、直ちに [注文内容] 欄に表示されます。既定のオプションの [相場状況] (Market Window) では、左側にコールが、右側にプットが表示されます。

  1. 必要に応じて情報を追加します (例: 注文枚数、価格、注文タイプ、注文有効期限) 。

: 既定では、 指値注文 に設定されています。成行注文 を発注するには、[発注テンプレート] セクションの [指値] (Limit) ドロップダウンをクリックします。[価格] 欄が灰色表示になります。

  1. 注文を執行するには、[] または [] をクリックします。