Try TT Now

X TRADER® JA

アルゴ発注画面欄の説明

本ドキュメントは X_TRADER 7.17 とそれ以降のバージョン用ヘルプです。以前のバージョンのヘルプを表示するには、ここをクリックしてください。

発注画面の欄の説明には次の内容が挙げられます。

1. 注文内容欄

 

詳細

注文内容 (Order Summary):この欄には注文情報が表示されます (枚数、価格、銘柄、年月日、アルゴ名)。

2. 枚数設定ボタン

 

ボタン詳細

これらの枚数設定ボタンは、注文枚数 (Quantity) 欄の数値を、事前に設定した値で増加させる場合に使用します。既定値は1、5、10、100、500 です。 注文枚数ボタンのカスタマイズを参照してください。

クリア ボタンにより、[注文枚数] 欄の数値を削除します。入力画面を消去するには、[リセット] ボタンをクリックします。

:選択したアルゴによって、この欄は無効となる場合があります。

3. 枚数欄

 

詳細

注文枚数 (Order Quantity) 欄は左側に、価格 (Price) 欄は右側に表示されます。これらの欄の値を変更するには、次の操作を実行します。

  • 値を増加させるには右クリックします。値を減少させるには左クリックします。
  • 上矢印や下矢印をクリックします。
  • キーボードを使用して、値を入力します。
  • 既存の注文枚数を 1000 で乗算するには、キーボードの * (アスタリスク) を押します。

:選択したアルゴによって、これらの欄は無効となる場合があります。

4. アルゴ開始ボタン

 

ボタン詳細

開始

クリックしてアルゴを開始します。

買および売

買/売変数をクリックして、アルゴを開始します。

:[] と [] のボタンは、アルゴに 買/売 変数がある場合にのみ表示されます。

5. 顧客選択リスト

 

顧客選択欄詳細

顧客選択リスト:この欄には、[顧客設定] (Customer Defaults) ウィンドウで [選択] (SEL) ボックスが選択されている顧客プロファイルが表示されます。

: 行に口座を設定しておくと、<既定> プロファイルですぐに取引できます。

アルゴを開始せずに、すべての価格、枚数、注文データを消去します。 

6. ルーティング ルール

 

ルーティング ルール欄詳細

[ルーティング設定] (Routing Configuration) ダイアログ ボックスを開きます。

:ルーティング プレビュー画面のリンクをクリックしても、[ルーティング ルール] ダイアログを起動できます。

注文ゲートウェイ (非 X_TRADER ASP) またはブローカー (X_TRADER ASP) を選択して、注文に関連させることができます。選択後に、利用できる顧客リストが右に表示されます。

注文ゲートウェイまたはブローカーと、ルーティング ルールは灰色の線で分割されます。[ルーティング ルール設定] ダイアログ ボックスで定義されたルーティング ルールがあります。

顧客設定で定義したとおりに、選択した注文ゲートウェイ (非 X_TRADER ASP) またはブローカー (X_TRADER ASP) の利用可能な顧客が一覧されます。

[顧客設定] (Customer Defaults) で定義されている口座情報は編集可能です。

  • 口座 (Account):顧客の顧客番号を示します。
  • FFT2:注釈目的で、特殊文字も含めて、最大 15字まで使用できます。
  • FFT3:注釈目的で、特殊文字も含めて、最大 15字まで使用できます。
  • ユーザ タグ (User Tag):X_TRADER にて顧客の参照に使用されます。
  • ギブアップ (Give Up):清算会員コードを示します。ギブアップ トレード口座のみに使用されます。
  • タイプ (Type):口座タイプを示します。

選択したブローカーに複数の注文ゲートウェイを使用できる場合に、この欄が表示されます。

[ルーティング ルール] を選択した場合、選択したルールがプレビュー表示されます。

  • 赤色は売りを示します。
  • 青色は買いを示します。
  • 無色は買いまたは売りを示します。

Direct Traders have the ability to enter orders on behalf of customers who's TTORD's are mapped to the Direct Trader's M and G.Click the OBO button to display a list of TTOR ID's that have been mapped to your ID.

:この機能へのアクセスは TTUS で制御されています。

[代理] (OBO) ボタンをクリックすると、表示 ID にマップされている TTOR ID のリストが表示されます。OBO を選択すると、選択した TTORID の代わりに注文を送信できます。詳細は 代理注文 (OBO、On Behalf Of)を参照してください。

7. 発注テンプレート

 

発注テンプレート欄詳細

選択したアルゴを示しています。各 Algo SE サーバーの下に、アルファベット順でアルゴが表示されます。

警告! アルゴを開始する前に、発注画面欄の設定を有効にします。

発注画面の列を縮小表示します。

警告! アルゴを開始する前に、発注画面欄の設定を有効にします。

8. アルゴ インスタンス

 

アルゴ インスタンス欄詳細

アルゴ インスタンスの名前を示します。ADL® (Algo Design Lab) で定義された変数名が既定になります。

定期的なシャットダウン以外で、アルゴ サーバーとの接続が遮断された場合に、実行中のアルゴにて実行する操作を定義します。

  • 残す (Leave):アルゴ注文を実行したまま残します。
  • 停止 (Pause):選択したアルゴ注文の今後の操作を停止します。
  • 削除 (Delete):アルゴ注文を削除します。

アルゴの簡単な説明が表示されます。

8. アルゴ変数

 

アルゴ変数詳細

アルゴ変数が表示されます。各アルゴにより異なります。

  • 変数:ADL® (Algo Design Lab) で定義された変数名が表示されます。
  • :ADL® (Algo Design Lab) にて定義どおりに、各変数の既定値が表示されます。