Try TT Now

X TRADER® JA

銘柄情報画面の欄の説明

本ドキュメントは X_TRADER 7.17 とそれ以降のバージョン用ヘルプです。以前のバージョンのヘルプを表示するには、ここをクリックしてください。

銘柄情報 (Market Grid) の列は、以下のように定義されています。

詳細

限月 (Contract)

取引銘柄の (取引所で扱われる) シンボルと満期日。

ブローカー (X_TRADER ASP のみ)売サイド ファーム (ブローカー) のルーティング注文、またはその限月の注文の一部の名前を、X_TRADER ASP 環境にて表示できます。この列は X_TRADER ASP にて既定で表示されます。指定された限月行には、[ブローカー] 列の欄を選択すると、ブローカー一覧ドロップ ダウン メニューが表示されます。

指定の限月行の [ブローカー] (Broker) 列と [注文GW] (OrderGW) (該当時) 欄にて選択した内容によっては、約定待ちの枚数とネット ポジションは以下のようにフィルタされます。

  • 一方または両方の列 (ブローカーと注文GW) で空白を選択して1つ以上のブローカーと TT ゲートウェイが利用可能であることを示す場合、全てのブローカーと (または) 全ての注文ルーティング TT ゲートウェイで、約定待ち注文とポジション値が統合されます。
  • ブローカーのみ1つ選択されている場合は (注文GW が無い場合)、特定のブローカーのみに約定待ち注文とポジション値がフィルタされます。
  • ブローカーと注文GW が1つ選択されている場合、約定待ち注文とポジション値は、両方の組み合わせでフィルタされます (例: 「BrokerB」と「CME-S」は、CME-S ゲートウェイの BrokerB の約定待ち注文とポジション値を示します)。
発注 GW該当する限月の注文を取引所にルーティングさせるに使用する、マーケット ID と TT ゲートウェイのフレーバーを表示します。この列は既定で、X_TRADER ASP と非 X_TRADER ASP の両方の環境で非表示になっています。指定された限月行に、[注文GW] 列で欄を選択すると、TT ゲートウェイ一覧のドロップ ダウン メニューが表示されます。

指定の限月行の [注文GW] (OrderGW) で選択した内容によっては、約定待ちの枚数とネット ポジションは以下のようにフィルタされます。

  • 空白が選択されている場合 (該当する限月に複数の TT Gateway が利用可であることを示しています)、すべての注文ルーティング ゲートウェイで、約定待ち注文とポジション値が組み合わされています。
  • TT ゲートウェイが1つのみ選択されている場合は、特定のゲートウェイのみに約定待ち注文値とポジション値がフィルタされます。
  • X_TRADER ASP 環境で注文GW とブローカーを選択した場合、約定待ち注文値とポジション値は、両方の組み合わせとしてフィルタされます (例: 「BrokerB」と「CME-S」は、CME-S ゲートウェイの BrokerB の約定待ち注文値とポジション値を示します)。

一括取消 (Del Srs)

当該行の全注文の取消に使用されるボタン。

:この機能は、取引所のトレーダーが使用した場合と代理トレーダー (TTORD) が使用した場合とでは異なった動作をします。

  • ダイレクトトレーダーがこの機能を使用すると、代理トレーダーが発注した当該銘柄の全約定待ち注文が削除されます。
  • これに対して、TTORD トレーダーがこの機能を使用しようとすると、ダイレクトトレーダーの (その銘柄に関する) 約定待ち注文が誤って削除されることを防ぐために、この「全取消」の要求、注文の個別取消の要求が複数取消の要求に変換されます。

RFQ

クォート要求を送信するボタン。

気配 (Depth)

気配情報を表示するアイコン。

: 表示される気配情報数は、ゲートウェイによって異なりますが 50 レベルを超過できません。

アルゴ (Algo)

限月が表示されたアルゴ変数 [OTA] ダイアログ ボックスが起動されます。

買推定優先順位 (EPIQ Buys)

買待ちの推定優先順位。

買待ち (WrkBuys)

グループ ID の買待ちの合計枚数。

グループ ID = メンバーID グループID

買メンバー (Bid Mbr)

買メンバーの取引相手情報。

買件数 (BidCnt)

各価格帯の買い注文数。

成買 (BidMktQty)

買成行注文の既存枚数の合計。

買枚数 (BidQty)

買待ちの合計枚数。

:Eurex 取引所では、インサイドマーケットに 4桁のみ表示されます。従って、最大買/売枚数 (Bid/Ask Quantity) は、9999 となります。 これは、UserDevices および MISSes に対する Eurex API の制限です。インサイドマーケットが 9999 より大きい場合は、[銘柄情報] (Market Grid) の気配情報機能を開いてデータを表示します。

買値下限 (ThrshBid)

取引所が規定した買値しきい値。

取引所は、前回取引セッションの清算値に基づいてその日の取引範囲を定めます。取引値がこれらのしきい値のいずれかに達した場合、取引所はその銘柄の取引を停止します。停止したマーケットに関しては、取引所が手動で解除する必要があります。

買値 (BidPrc)

マーケット最良買値。

買累積数 (BidQty Accum)

買枚数の累積。気配情報が有効の場合のみ使用できます。

買平均値 (BidPrc Avg)

買値の平均値。気配情報が有効の場合のみ使用できます。

買参考数 (IndBidQty)

マーケット 買参考値。

: マーケットメーカーは、特定の銘柄に値をつける際にクォートを提示することができます。クォートはこれらの欄に表示されます。クォートは、実際に取引される指値ではなくマーケットの推定取引値です。

買参考値 (IndBidPric)

最良の売参考値を示します。

売参考値 (IndAskPric)

最良の売参考値を示します。

売参考数 (IndAskQty)

最良の買参考枚数を示します。

売平均値 (AskPrc Avg)

平均の売値を示します。気配情報が有効の場合のみ使用できます。

売累積数 (AskQty Accum)

売枚数の累積。気配情報が有効の場合のみ使用できます。

売値 (AskPrc)

マーケット売気配値。

売値上限 (ThrshAsk)

取引所が規定した買値しきい値。

取引所は、前回取引セッションの清算値に基づいてその日の取引範囲を定めます。取引値がこれらのしきい値のいずれかに達した場合、取引所はその銘柄の取引を停止します。停止したマーケットに関しては、取引所が手動で解除する必要があります。

売枚数 (AskQty)

売待ち注文の合計枚数。

:Eurex 取引所では、インサイドマーケットに 4桁のみ表示されます。従って、最大買/売枚数 (Bid/Ask Quantity) は、9999 となります。 これは、UserDevices および MISSes に対する Eurex API の制限です。インサイドマーケットが 9999 より大きい場合は、[銘柄情報] (Market Grid) の気配情報機能を開いてデータを表示します。

成売 (AskMktQty)

売成行注文の既存枚数の合計。

売件数 (AskCnt)

各価格帯の売り注文数。

売メンバー (AskMbr)

売メンバーの取引相手情報。

売待ち (WrkSells)

グループ ID の約定待ち売銘柄の合計。

グループ ID = メンバーID グループID

売推定優先順位 (EPIQ Sells)

売待ち注文の推定優先順位。

レッグ買数 (LeggedBuys)

レッグ状態のスプレッド単位の買枚数。

レッグ売数 (LeggedSells)

レッグ状態のスプレッド単位の売枚数。

買待機 (PendBuys)

待機状態のスプレッド単位の買枚数。

売待機 (PendSells)

待機状態のスプレッド単位の売枚数。

買非公開 (UndiscBuys)

拡張注文のために非表示にされた非公開買枚数。

売非公開 (UndiscSells)

拡張注文のために非表示にされた非公開売枚数。

ネット ポジション (NetPos)

ユーザーのネット ポジション。

直近値 (LastPrc)

直近の取引値。

直近枚数 (LastQty)

直近の取引枚数。この値は、ゲートウェイによって定義が異なります。

  • CME や NYSE Liffe などの一部の取引所では、この値はその特定の価格におけるすべての取引の累積合計です。現在の取引値で保持されますが、直近枚数を合計します。このため、現在の取引値での直近枚数が合計され、取引値が変更されると直近枚数もリセットされます。
  • これに対して、その他の取引所 (Liffe、Eurex、Xetra など) では、直近枚数は直近枚数を指します。

出来高 (Volume)

当該セッションの総出来高枚数。

高値 (High)

当該セッションの高値。

安値 (Low)

当該セッションの安値。

新規 (Open)

当該セッションの始値。

決済 (Close)

終値。発注画面に入力するために使用できます。

暫定清算値 (IndSettle)

日中の決済額を示します。この列は、日中の決済額を提示する取引所に使用されます。これにより清算列に表示される、非正式で一時的な決済額により生じた、P&L (損益) の問題を回避することができます。

清算値 (Settle)

清算値。発注画面に入力するために使用できます。

前日比 (Chng)

直近値と前セッションの清算値との差額。

  • 清算値が存在しない場合は、終値を使用します。
  • 清算値または終値がなければ、この欄は空白になります。

騰落率 (PctChng)

直近値と前セッションの清算値との差額。

: +10.00 = +10%

  • 清算値が存在しない場合は、終値を使用します。
  • 清算値または終値がなければ、この欄は空白になります。

理論値 (TheoPrc)

理論値。

理論買値 (TheoBid)

理論買値

理論売値 (TheoAsk)

理論値 (売) 。

買インプライド数 (Imp BidQty)

買インプライド数。

: トレーダーが、同じストライク値でコールとプットを1つの行に表示している場合、 これらの列は2つ表示されます。

買インプライド値 (Imp BidPrc)

買インプライド値。

売インプライド数 (Imp AskQty)

売インプライド数。

売インプライド値 (Imp AskPrc)

売インプライド値。

参考値 (IndPrc)

当該セッションの寄付きの参考値。

: 終値が表示されると、[参考気配値] (IndQty) 欄は空欄になります。

注: 銘柄にオークションのステータスがある場合は、参考数は理論始値です。

参考数 (IndQty)

当該セッションの寄付きの参考気配値。

注: 銘柄にオークションのステータスがある場合は、参考数は理論始数です。

ボラ (Vola)

オプション理論値モデル データ カテゴリー:

ボラティリティの割合。

ステータス (Status)

銘柄のステータス (寄前、オープン、クローズ、オークションなど) 。

気配差引 (ImbQty)

オークションの差引数量。正の値は売りよりも買いが多いことを示していて、負の値は買いよりも売りが多いことを示しています。

A - E

最大 50 文字まで受付ける自由形式テキスト欄であり、X_STUDY または外部アプリケーションからデータをリンクする際に使用できます。

満期 (Maturity)

DDMMMYY 形式で表示した有効期限日。

:31Dec12

満期日 (Exp Date)

DDMMMYY 形式で表示した有効期限日。

:31Dec12