Try TT Now

X TRADER® JA

ユーロドルオプションの取引

本ドキュメントは X_TRADER 7.17 とそれ以降のバージョン用ヘルプです。以前のバージョンのヘルプを表示するには、ここをクリックしてください。

X_TRADER に、ユーロドル オプションに対応するための以下の変更が追加されました。

イベントの順序

ユーロドル オプション取引は、次のようなイベント順序で行われます。

  • マーケットメーカーが買参考値/売参考値を提供し、これらの数値は [銘柄情報] の新しい参考値列に表示されます。 ここで示された価格は、概算された取引可能値を示すものであり、実際の取引には使用できません。

:参考値を非表示にする場合は、参考値に対してRFQ (クォート要求) を送信します。

  • 取引可能値のクォート要求は、どの商品先物に対しても送信できます。

:商品先物に対しては、参考値がなくても、取引可能価格のクォート要求 (RFQ) を送信できます。

  • X_TRADER の他の銘柄と同様に、マーケットメーカーは買値/売値列に表示される取引可能値を提供します。
  • ユーザーは、これらの情報をもとにして注文を発注するかどうかを決定します。

ユーロドル オプションを取引するには

  1. CME にログインします。
  2. 銘柄情報に、ユーロドル オプション銘柄を入力します。
  3. 銘柄情報で右クリックし、[列の選択] (Select Columns) をクリックします。
  4. [買参考数] (IndBidQty)、[買参考値] (IndBidPrc)、[売参考値] (IndAskPrc)、[IndAskQty] (売参考数) をクリックして選択します。

参考値/参考気配値が銘柄情報に表示されます。

  1. 銘柄を右クリックして、必要な取引可能値を表示します。
  2. [RFQ の送信] (Send RFQ) をクリックします。
  3. [枚数] (Qty) 欄に取引可能値を知りたい枚数を入力します。
  4. [サイド] (Side) 欄に、取引可能値を知りたい取引の種類をクリックします (Both Sidesまたは両サイド) 。
  5. [参考気配価格/取引可能価格] (Ind/Tradable) 欄の [取引可能] (Tradable) をクリックします。
  6. [発注] (Send) をクリックします。

取引可能値が、[銘柄情報] (Market Grid) の [買値] (Bid Price) 列または [売値] (Ask Price) 列に表示されます。

  1. [銘柄情報] (Market Grid) を使用して取引を実行します。